« 第329回事業所見学会(関西) | お知らせ | 第3回「原子力発電の安全管理と社会環境に関するワークショップ」 »

医療の質・安全部会シンポジウム

医療における質中心経営管理システム
-導入・推進中の病院からのメッセージ-
シンポジウム

日時:2008年3月9日(日) 9:30~17:00
場所:東京大学工学部(本郷キャンパス) 2号館213号室
URL:http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_03_j.html
主催:(社)日本品質管理学会(JSQC)医療の質・安全部会
QMS-H研究会(JSA後援)
概要:医療における質中心経営管理システム(QMS-H)の確立をめざして,QMS-H研究会では,病院への導入・推進方法の研究を進めています.現在,6つの病院でQMS-Hの構築,またはステップアップをめざして,導入・推進活動が進行中です.その活動内容を紹介するとともに,導入・推進方法はいかにあるべきか,QMS-Hはどのような形態であるべきかについて意見交換を行います.医療機関へのQMSの導入と推進に関心のある方にとって,とても充実したプログラムとなっています.
プログラム概要:
午前(1)QMS-H研究会の目的とシンポジウムの主旨説明
 (東京大学大学院教授・飯塚悦功)
(2)医療QMSモデルとQMS導入・推進フェーズ(早稲田大学教授・棟近雅彦)
(3)QMSキックオフまでの経緯とキックオフ(前橋赤十字病院院長・宮崎瑞穂)
(4)QMSキックオフとその後の推進(大久野病院院長・進藤晃)
昼休みポスターセッション
午後(5)診療業務の可視化・標準化(PFC(プロセスフローチャート)の意義)
 ・飯塚病院における診療業務PFCの作成とその標準化活動
  (麻生飯塚病院脳神経外科部長・名取良弘)
  ・基準PFCによる診療業務の標準化・構造化(東京大学大学院・下野僚子)
(6)QMS運用上の問題点とQMS再構築
  (日立製作所水戸総合病院副院長・吉井慎一)
(7)各病院のQMS導入・推進活動のまとめ(早稲田大学助手・金子雅明)
  城東中央病院,国立病院機構仙台医療センター他の活動内容の紹介
(8)パネルディスカッション「医療QMSの導入・推進における課題」
  パネルリーダー:飯塚悦功,パネル:各病院長,推進責任者,産業界アドバイザ
(9)シンポジウムのまとめと閉会挨拶(棟近雅彦)
参加費:
(資料代
+税込)
一般(JSQC非会員):8,000円
JSQC医療部会員:1,000円/JSQC会員・非部会員:3,000円
PCAPS成果報告シンポジウム(3/8開催)参加者:1,000円
 ※当日,受付にてお支払いください
申込方法:ご氏名、ご所属、ご職業、E-mailアドレス、TEL、FAXをご記入の上、
Email(secretary@tqm.mgmt.waseda.ac.jp)またはFAX(03-3232-9780)
にてお申し込み下さい。

 

厚生労働科研「医療安全と質を保証する患者状態適応型パス統合化システム(PCAPS)開発研究」
平成17~19年度最終成果報告シンポジウム
日時:2008年3月8日(土) 10:00~18:00
場所:同上
概要:平成17~19年度のPCAPS開発研究で得られた成果(システム・コンテンツ・分析結果など)の報告とパネルディスカッションが行われる予定.
参加費:
(資料代
+税込)
3,000円(一般参加者)
申込等の詳細:http://plaza.umin.ac.jp/~A-epath/をご参照ください。
PCAPS-IMT事務局 E-mail: staff@tqm.t.u-tokyo.ac.jp  FAX・TEL : 03-5841-7299

About

2008年03月09日 09:30からのイベントです。

ひとつ前のイベントは「第329回事業所見学会(関西)」です。

次のイベントは「第3回「原子力発電の安全管理と社会環境に関するワークショップ」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34