« 2007年06月 | メイン | 2007年08月 »

2007年07月 アーカイブ

2007年07月03日

第114回シンポジウム(本部)

■ 第114回シンポジウム(本部)

 
「なぜソフトが組み込まれると品質が悪化するのか?」
 
日 時: 2007年7月3日(火)9:55〜17:40
会 場: 日本科学技術連盟 千駄ヶ谷本部 1号館3階講堂
URL→http://www.juse.or.jp/about/location_map1.html
<<開催主旨>> 近年,家電や自動車,携帯電話といった製品の多くが,機械系(メカ),電気電子系(エレ),及びソフトウェアが複雑に絡み合ったシステムとなっている.特にソフトは,メカやエレを制御するだけでなく,新たな付加価値を与えたり,使いごこちを左右する存在になった.その一方で,ソフトの不具合によってリコールが起こるなど,製品の品質のボトルネックがソフトの品質となり,現場を悩ませている.いわば,ソフトが組み込まれると品質が悪化するのである.特に,生産現場における品質管理技法も使えず,メカやエレの設計品質ノウハウも水平展開できないため,ソフトの品質管理に悩んでいる企業は多い.
 そこで本シンポジウムでは,基調講演において,ソフトの品質管理とメカやエレの品質管理との違いについて明らかにし,ソフトが組み込まれた製品においても高い品質を達成するための考え方について述べる.事例発表では,メカ・エレ・ソフトの各視点から,ソフトウェア組込み製品の品質を高めるための知見を紹介する.パネルでは,現場で起きている問題や解決策についても議論を行う.また,チュートリアルでは,ソフトの品質向上の取り組みの全体像について,現在策定中のSQuBOK®に沿って概説する.

 

《プログラム》   
時 間 内 容 講演者(敬称略)
9:55〜10:00 開会挨拶
(社)日本品質管理学会 事業委員長
玉川大学 教授
大藤  正
10:00〜10:50 基調講演(PDFファイルあり):
「なぜソフトが組み込まれると品質が悪化するのか?」
電気通信大学
電気通信学部 システム工学科 講師
西  康晴
11:00〜12:00 チュートリアルA:
「『SQuBOK®ガイド』のご紹介」
SQuBOK®策定部会
リーダ・日本IBM㈱
岡崎 靖子
12:00〜12:30 チュートリアルB:
「SQuBOK®ガイドで測る日本の実力」
SQuBOK®策定部会
富士通㈱
辰巳 敬三
12:30〜13:30 昼食休憩
13:30〜14:15 事例①
「メカの視点によるソフトの品質」
アイシン精機㈱
第一開発部 第三開発グループ
橋本 新太郎
14:15〜15:00 事例②
「ソフト・エレキ・メカをつなぐインターフェース」
松下電器産業㈱
松下ホームアプライアンス社
家庭電化事業G
高橋 正樹
15:00〜15:15 休憩
15:15〜16:00 事例③
「組込みソフトウェア開発の現場から」
富士ゼロックス㈱
オフィスプロダクト事業本部
デバイス制御開発部
杉浦 英樹
16:10〜17:40 パネル討論(PDFファイルあり):
「なぜソフトが組み込まれると 品質が悪化するのか?」
リーダー:西 康晴
パネリスト:講演者
※SQuBOK®は(財)日本科学技術連盟の登録商標です.
※SQuBOK®は(財)日本科学技術連盟と(社)日本品質管理学会との共同策定部会による研究成果物です.

 

申込締切: 2007年6月26日(火)
定 員: 150名
参加費: 会  員 5,000円(6月26日締切後5,500円)   準会員2,500円
非会員 7,000円(6月26日締切後7,500円)   一般学生3,500円
参加申込締切: 2007年6月26日(火)
申込方法: 申し込みはこちら→
申込み先: (社)日本品質管理学会 事務局 TEL 03-5378-1506 FAX 03-5378-1507
E-mail:apply@jsqc.org
<<お知らせ>> 継続的専門能力開発(CPD)の実績を証明いたします.それぞれの機関の様式に従い,記入済みの証明書を当日,受付時にご提出ください.終了時にお渡しいたします.
なお,本人であることを確認できるものをご提示ください.
手数料 会員:無料  賛助会員:5名まで会員扱い 非会員:1通につき1,000円
※CPDの証明時間は3.25時間です.
CPD詳細→ Click

2007年07月05日

第85回研究発表会(関西)

■ 第85回研究発表会(関西)
    研究発表(事例発表) 申込要領

 
来る2007年9月21日(金)大阪・中央電気倶楽部において、第85回研究発表会(関西支部)を開催します。 関西支部では、これまで学術的研究成果報告と企業の事例報告を1つのセッションで行ってまいりましたが、 今年度は「研究セッション」と「事例セッション」の2つのセッションを設けることに致しました。 奮ってご発表頂きますよう、宜しくお願いします。

 

① 研究セッション   
 ねらい   研修成果についての方向性や内容性についての議論等、研究内容の検討
 対 象   新たな品質管理技術の開発・既存の品質管理技術の改良を目指す研究者・実務家の方
 内 容   ・完成した品質管理技術だけでなく、開発途中にある品質管理技術
 ・既存方法の新たな見方を提案するもの
 ・新たな品質管理技術の開発に結びつくアイディアや問題提起など

② 事例セッション
  
 ねらい   取組みや考え方について専門的な見地からの助言・アドバイス・共有化の場               
 対 象   企業などにおいて品質管理技術を利用する研究者・実務家の方
 内 容   ・品質管理活動の成功/失敗事例や体験
 ・品質管理活動の現状報告や問題提起
 ・品質管理教育
 ・品質管理技術の活用事例など

日  時 :2007年9月21日(金)  13:00〜17:00(予定)
会  場 :中央電気倶楽部 5階513号室
               大阪市北区堂島浜2-1-25 Tel:06-6341-4627
               URL→(http://www.juse.or.jp/about/location_map3.html)

 

申込期限:
発表申込締切
7月5日(木)
申込必要記載項目
1.発表テーマ
2.アブストラクト(文字数:200字程度、日本語に限る)
3.どちらのセッションでの発表を希望するか
   (判断できない場合には空白のままで結構です)
4.発表者名・所属(共同研究者を含め5名まで)
5.連絡先(郵便番号・住所・電話・E-mail)
予稿原稿締切
9月5日(水)
A4版(22字×40行×2段)×4枚以内
※ 発表申込受付後、「原稿の書き方」などをお送りします
参加申込
7月下旬に研究発表会ご案内(参加申込書)をお送りします

申込み先: 〒530-0004
大阪市北区堂島浜2-1-25 中央電気倶楽部
(財)日本科学技術連盟 大阪事務所内
(社)日本品質管理学会 関西支部
Tel:06-6341-4627  Fax:06-6341-4615
E-mail:kansai@jsqc.org

2007年07月09日

第102回講演会 (中部支部第48回)

第102回講演会(中部支部第48回)

テ ー マ: 「品質工学のすすめーその2ー」

                     
日  時: 2007年7月9日(月) 13:00〜16:00
会  場: 刈谷市産業振興センター 7階 小ホール
〒448-0027 刈谷市相生町1丁目1番地6 ℡ 0566-28-0555
<<開催主旨>>昨年の第100回講演会「品質工学のすすめ」では参加者の反響が大きく、さらに品質工学についてもっと知りたいとのご要望にお応えし、『品質工学のすすめ-その2-』と題し開催致します。
今回は、品質工学の第一人者であります田口伸氏から、欧米や韓国での品質工学の活用状況のご講演と、関西品質工学研究会 会長であります芝野広志氏から、品質工学について、我々が誤解していることや陥りやすい間違いなどのご解説や実践事例、成功体験談をお話していただきます。
 皆様お誘い合わせの上、多数のご参加を戴きますようお願いいたします。


〈〈プログラム〉〉
 
時  間内     容講演者(敬称略)
13:00〜13:10開会挨拶(社)日本品質管理学会 中部支部長
13:10〜14:40「欧米・韓国における DFSS と品質工学の展開」ASI Consulting Group
社長 田口 伸 氏
14:40〜14:55休       憩
14:55〜16:25「品質工学活用のポイントと成功事例の紹介」コニカミノルタビジネステクノロジーズ㈱ 課長
芝野 広志 氏

関西品質工学研究会 会長
16:25〜16:30閉会挨拶中部支部 幹事長

 

定  員: 200名
参 加 費: 会 員 4,000円  準 会 員 2,000円
非会員 5,000円  一般学生 2,500円
参加費は7月6日(金)までに銀行振り込みでご送金下さい。
  • 銀行振込:三井住友銀行 名古屋支店 普通口座No.5225620
  • 郵便振替: 口座No.00830-1-108389
いずれも口座名義人は「社団法人 日本品質管理学会中部支部」です。
申込方法: 会員No.・氏名・勤務先・所属・連絡先を明記の上、中部支部事務局までFAX(052-203-4806)にてお申し込みください。
申込締切: 7月6日(金)到着分まで
(但し、定員になり次第締め切らせていただきます。)

2007年07月13日

第57回クオリティパブ(本部)

■ 第57回クオリティパブ(本部)
「ヘリコプターに少年の夢をのせて」


ゲスト: 松坂 敬太郎 氏(ヒロボー㈱ 代表取締役)
日 時: 2007年7月13日(金)18:00〜20:30
会 場: 日科技連 東高円寺ビル 5F研修室
http://www.juse.or.jp/about/location_map2.html
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南1−2−1 TEL 03-5378-1506
聞きどころ:   実体験に基づき,変革と創造,挑戦と感動をお伝えいたします.ゼロの視点に立つことが,新しいアイディアや勇気が湧く原動力になるはずです.また,夢や目標に向かう場合,一人では達成できません.自分の夢に共感してくれる仲間が必要です.そのためにも自分の夢は大きな声で言い続けます.夢や目標に向かって挑戦し続けていれば,何度も人の優しさに触れ,感動するものです.豊かな人生を生きるには,夢に向かって前向きに挑戦することです.
参加費: 会員3,000円 非会員4,000円 準会員・学生2,000円
つまみ+ドリンク代等を含む(当日払い)
定 員: 30名
申込先: 本部事務局宛に氏名,所属,会員番号をE-mailまたはFAXでご連絡ください.
本部事務局  E-mail:apply@jsqc.org  FAX:03-5378-1507
<お知らせ> 継続的専門能力開発(CPD)の実績を証明いたします. それぞれの機関の様式に従い,記入済みの証明書を当日,受付時にご提出ください. 終了時にお渡しいたします.
 なお,本人であることを確認できるものをご提示ください.
手数料 会員:無料  賛助会員:5名まで会員扱い
      非会員:1通につき1,000円
※CPDの証明時間は1.25 時間です.
CPD詳細→Click

2007年07月23日

第115回シンポジウム(中部)

■ 第115回シンポジウム(中部)

 
「ものづくりにおける『実践的Qの確保』へのアプローチ
 ―自工程完結に基づくプロセス管理と未然防止のための実践手法―」
 
日 時: 2007年7月23日(月)10:30〜17:35
会 場: 中電本店ビル 中電ホール(名古屋市東区東新町1番地)
地下鉄東山線 栄駅5番出口から東へ徒歩約5分
<<開催主旨>> 最近の度重なる重大事故、リコールなどにより、ものづくりにおける「Qの確保」の基盤が揺らぎつつあるといっても過言ではありません。市場から要求されている高い目標を達成していくためには、品質管理の原点に立ち返り、現地現物を良く見る、より実践的な仕事の進め方を構築する必要があります。本シンポジウムでは、ものづくりのプロセスの基盤をどのように高めていくか、学会、産業界の識者の方々から実践的な事例についてお話していただきます。参加される方々との闊達な議論により、実践的「Qの確保」への第一歩となることを期待しております。

 

《プログラム》   
時 間 内 容 講演者(敬称略)
10:30〜11:00 開会挨拶
(社)日本品質管理学会 中部支部 支部長
11:00〜12:00 基調講演:
「さらに一段高い品質保証レベルの実現に向けて
-品質は工程でつくり込む(=“自工程完結”)-活動」
トヨタ自動車㈱
専務取締役
佐々木 眞一
12:00〜13:00 昼食休憩
13:05〜13:45 事例講演①:
「タグチメソッドとSQCの“友好的” 推進」
早稲田大学創造理工学部 教授
永田 靖
13:45〜14:15 事例講演②:
「品質工学の活用による実践的未然防止」
富士ゼロックス㈱
開発管理本部 品質工学チーム長
立林 和夫
14:15〜14:45 事例講演③
「ソフトウエア開発における実践的Qの確保」
富士通㈱
常務理事 品質保証本部長
木村 弘正
14:45〜15:15 事例講演④
「(仮)エンジン開発におけるプロセスリンク管理の実践活動」
トヨタ自動車㈱
エンジンプロジェクト推進部 部長
杉山 雅則
15:15〜15:45 事例講演⑤
「津田方式による未然防止の実践活動」
津田工業㈱
代表取締役社長
都築 功
15:45〜16:00 休憩(質問状回収)
16:00〜17:30 パネルディスカッション リーダー:永田 靖
パネラー:講演者
17:30〜17:35 閉会挨拶
(社)日本品質管理学会 中部支部 幹事長

 

申込締切: 2007年7月17日(火)到着分まで
定 員: 250名
参加費: 会  員 5,000円   準会員2,500円
非会員 7,500円   一般学生3,500円
申込方法: 会員No.・氏名・勤務先・所属・連絡先を明記の上、中部支部事務局までE-mail:nagoya51@jsa.or.jp 、またはFAX(052-203-4806)にてお申し込みください。おり返し、会場案内図等詳細をお送りいたします。

About 2007年07月

2007年07月にブログ「日本品質管理学会からのお知らせ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年06月です。

次のアーカイブは2007年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34