JSQC 社団法人日本品質管理学会
HOMEENGLISH 入会案内 お知らせ 記録・報告 定期刊行物 論文・記事募集 関連情報 リンク コミュニケーション・メーリングリスト ナビゲーション
平成28年熊本地震お見舞い
緊急メッセージ
東日本大震災支援情報
理事会から
事務局から
行事案内
イブニング・アカデミー
JSQC規格
品質技術者認定
研究会活動
他団体のお勧め情報
Copyright (c); 2001 JSQC

JSQC規格 | 規格一覧

メニュー →トピックス規格一覧Q&A

■JSQC規格

 2011年5月23日の理事会で、「学会規則第239 日本品質管理学会規格管理内規」が承認され、即日施行されました(「学会規則第109 日本品質管理学会規格管理規程」については平成23年10月29日の代議員総会で承認・制定されました)。この内規は、品質/質に関わる事柄に関する研究及び諸活動に資すること及び品質管理の普及を目的として「日本品質管理学会規格(以下「JSQC規格」という)」を作成・制定するための手続きを定めたものです。
 また、2014年7月25日の理事会で、「学会規則第243 日本品質管理学会規格翻訳内規」が承認され、即日施行されました。この内規は、JSQC規格を英文等に翻訳する際の手続きを定めたものです。

現在、本内規に基づき以下の規格が制定されています。
規格番号 規格名称 作成・制定の段階 作業原案作成
委員会/部会
/研究会
備考
JSQC Std
00-001
品質管理用語 制定(2011年10月29日)
有料で頒布します。
申込書
標準委員会 開発・制定提案書
審議委員会名簿
パブリックコメントの募集と対応
JSQC Std 00-001(目次ほか)
JSQC-Std
21-001
プロセス保証の指針 制定(2015年12月16日)
有料で頒布します。
申込書
標準委員会 開発・制定提案書
審議委員会名簿
パブリックコメントの募集と対応
JSQC Std 21-001(目次ほか)
JSQC-Std
31-001
小集団改善活動の指針 制定(2015年5月21日)
有料で頒布します。
申込書
標準委員会 開発・制定提案書
審議委員会名簿
パブリックコメントの募集と対応
JSQC Std 31-001(目次ほか)
JSQC Std
32-001
日常管理の指針 制定(2013年5月22日)
有料で頒布します。
申込書
標準委員会 開発・制定提案書
審議委員会名簿
パブリックコメントの募集と対応
JSQC Std 32-001(目次ほか)
JSQC-Std
32-001 (E)
日常管理の指針(英訳版) 制定(2014年9月25日)
有料で頒布します。
冊子体は作成しません。PDFによる頒布のみです。
複数購入による割引があります。
申込書
application form
標準委員会 翻訳提案書
JSQC Std 32-001 (E)(目次ほか)
JSQC-Std
33-001
方針管理の指針 制定(2016年5月17日)
有料で頒布します。
申込書
標準委員会 開発・制定提案書
審議委員会名簿
パブリックコメントの募集と対応
JSQC Std 33-001(目次ほか)
JSQC-Std
33-001 (E)
方針管理の指針(英訳版) 制定(2017年9月8日)
有料で頒布します。
冊子体は作成しません。PDFによる頒布のみです。
申込書
application form
標準委員会 翻訳提案書
JSQC Std 33-001 (E)(目次ほか)
JSQC-Std
41-001
品質管理教育の指針 制定(2017年11月2日)
有料で頒布します。
標準委員会 開発・制定提案書
審議委員会名簿
パブリックコメントの募集と対応
・JSQC Std 41-001(目次ほか)
JSQC-Std
89-001
公的統計調査のプロセス−指針と要求事項 制定(2016年5月17日)
有料で頒布します。
申込書
標準委員会 開発・制定提案書
審議委員会名簿
パブリックコメントの募集と対応
JSQC Std 89-001(目次ほか)

現在、以下の規格の作成・制定が進んでいます。
規格番号 規格名称 作成・制定の段階 作業原案作成
委員会/部会
/研究会
備考
JSQC-Std
00-001
品質管理用語 改定版パブリックコメントの募集 標準委員会 審議委員会名簿
パブリックコメントの募集
JSQC-Std
22-001
新製品・新サービス開発管理の指針 作業原案作成 標準委員会 開発提案書
原案作成WG名簿

 JSQC規格は日本品質管理学会の委員会、部会または研究会が原案を作成し、審議委員会による審議、パブリックコメントの募集などを経て発行されます。規格の作成・制定を希望する委員会・部会・研究会は「JSQC規格の開発・制定に関する提案書」を標準委員会まで提出してください。
 また、JSQC規格の翻訳は、日本品質管理学会の委員会、部会、研究会、会員が提案することができます。規格の翻訳を希望する委員会、部会、研究会、会員は「JSQC規格の翻訳に関する提案書」を標準委員会まで提出してください。

 日本品質管理学会では、従来、@学会誌・研究発表会等、A研究会等が発行する報告書・書籍、の2つを通して、学術的成果の社会への発信を行ってきました。JSQC規格は、オリジナリティは高くないものの、広く社会で活用いただける内容を発信する上で、重要な役割を果たすものと考えています。会員各位からの積極的な提案をお待ちしております。

一般社団法人 日本品質管理学会
標準委員会 委員長
安藤 之裕


※研修のテキストとして使用する場合の値引き率は、定価から、20部:30%、50部:40%、100部:50% です(JSQC事務局受付のみ)。

JSA Web Storeからも購入できます。

--------The Japanese Society for Quality Control--