JSQC 一般社団法人日本品質管理学会
HOMEENGLISH 入会案内 お知らせ 記録・報告 定期刊行物 論文・記事募集 関連情報 リンク コミュニケーション・メーリングリスト
理事会から
事務局から
行事案内
研究会活動
他団体のお勧め情報
Copyright (c); 2001 JSQC

研究会活動 | 研究会とは | 研究会実績一覧表

メニュー →研究会とはトピックス新規研究会受付研究成果物の購入方法
No. 研究会名称 活動期間 主査 研究概要
1 実施法研究会 1970〜1971 土橋敏夫・大森志郎 企業における重要問題をQC的に解決する研究
2 信頼性研究会 1971〜1989 真壁肇・市田崇・野中保雄・下河利行 新しい信頼性技法と実施例の研究
3 コンピュータ研究会 1972〜1989 久米均・赤尾洋二・吉澤正 品質管理の実践手段としての計算機の応用を研究
4 統計手法研究会 1972〜1988 小林龍一・津田義和・竹内啓・鷲尾泰俊 ノンパラメトリック手法・累積法、統計的縮小推定、数量化理論の活用の研究とソフトウエアの作成
5 システム解析研究会 1973〜1981 浅野長一郎 実際面で有効に機能するSQCは縦断的システム活動の合理的追究にあるとの視座から、広義のシステム解析を研究
6 品質研究会 1973〜1988 茅野健 品質について、製造の品質、誰のための品質、サービスの品質、教育の品質等、改めていろいろな問題を考えることを目的とした研究
7 品質展開研究会 1977〜1988 赤尾洋二 品質・技術・コスト・信頼性の各展開の総合化の研究
8 品質と経済性研究会 1978〜1989 狩野紀昭 品質コスト・品質の経済性に関する研究
9 服飾産業の品質管理研究会 1982〜1987 中里博明 新分野の品質管理の研究の一環としての服飾産業の品質管理の研究
10 用語英訳委員会 1985〜1989 狩野紀昭 統一した考え方の用語を英訳するときのガイド作り
11 TQC体系化研究会 1988〜1991 今井兼一郎 TQCの体系化と定義・効果、社会的役割と適用範囲、品質管理と品質保証、歴史と今後の展望を検討
12 パラメータ設計研究会 1989〜1990 川村正信 品質工学を構成する方法の一つであるパラメータ設計の理論・応用の両面から研究し、疑問点を解明
13 オフライン品質管理研究会 1990〜1992 鷲尾泰俊 品質設計における田口玄一氏の考え方、およびそこで使われるQC手法の研究
14 感性と品質研究会 1991〜1993 仁科健 品質管理における感性問題の捉え方、および、感性による評価の軽量化に関するアプローチ方法の検討
15 教育とTQC研究会 1991〜1993 今井兼一郎 TQC/TQMを教育組織に導入すること、および大学教科として教育しうるかを調査研究
16 PL研究会 1991〜1993 宮村鐵夫 PL意義、役割の研究、PL問題のあり方を品質保証の立場からの研究
17 戦略経営とTQC事例研究会 1990〜1993 小浦孝三 企業トップの方々の事例を基礎に「ビジョン経営を目指して」を作成
18 SQC事例研究会 1989〜1991 仁科健 感性の軽量化、統計的工程管理、工程最適化、工法開発の事例研究
19 ソフトウエア品質保証研究会 1989〜1991 新藤久和 ソフトウエアの品質保証体系、品質機能展開、品質保証の具体的な活動、品質展開支援システムなどの研究
20 ソフトウエア品質保証実態調査研究会 1991〜1993 新藤久和 2つの団体へ実施したソフトウエア品質保証のアンケートの分析
21 数量化V類研究会 1993〜1994 野澤昌弘 質的データの解析法の需要が増大しているとの認識から、数量化V類を中心として、実質的な質的データの解析法を研究
22 非営利企業と品質経営研究会 1994〜1995 大藤正 非営利組織における品質経営実態の調査、品質は何か、TQC導入の問題点、理由などを研究
23 機能別展開研究会 1993〜1994 小野道照 今井、赤尾、小浦先生の研究のこれまでのまとめ
24 環境ベンチマーキング研究会 1993〜1995 木村誠 ISO動向などの社会の諸規制を見つめながら、LCA/ベンチマーキングなどの新手法のトピックを取り上げ、環境に対する品質のインパクトに関する研究
25 方針管理事例研究会 1987〜1989 小浦孝三 方針管理を明確にするとともに、機能別管理、製品別管理、日常管理、予算管理などの関連性を研究
26 環境管理研究会 1995〜1996 木村誠 環境管理システムを形成しようとする場合の現状の把握、今後の動向の検討
27 テクノメトリックス研究会 1994〜1997
1998〜2000
2001〜2003
2004〜2007
2008〜2010
2010〜2012
2012〜2014
2014〜
宮川雅巳
永田靖
仁科健
山田秀
中西寛子
山田秀
永田靖
黒木学
因果推論の品質管理への応用、主変数法など結果変数の選択問題などの研究
28 品質教育研究会 1994〜1997
1998〜2001
吉澤正
大滝厚
品質管理・品質経営を含む品質に関する教育について、その実態を把握し、品質教育のあるべき方向を探り、学会として関係者を支援する方法を検討
29 商品企画研究会 1995〜1997 神田範明 「商品企画七つ道具」を検証すること、発展せしめることを基本目標に、さらに幅広い見地から商品企画システムの研究
30 GLQM事例研究会 1995〜1997 赤尾洋二 GLQMの発展、貿易上の問題、国際規格への対応、情報技術・ネットワークの国際化への対応などの問題について研究
31 感性工学研究会 1997〜1999 長沢伸也 参加メンバーからの感性・感性工学に関するアプローチや書籍による調査を実施
32 TQMの医療への展開研究会 1997〜1999 上原鳴夫 病院におけるQCサークル活動やその改善活動の経験、欧米における医療の質への適用の現状と高価、企業が蓄積している日本的品質管理のノウハウの三者の知識経験の統合
33 TQMにおけるビジョン経営事例研究会 1998〜2000 赤尾洋二 「経営ビジョンの確立とその展開」についての方法論の研究
34 複合技術領域における人間行動研究会 2000〜2002 中條武志 人的エラーや標準不遵守の組織要因分析、トラブル事例を活用した人間行動の予測手法、事故やインシデントの報告システム、未然防止から見た人間の特性など人間行動に関する研究
35 ナレッジマネジメントとQFD研究会 2000〜2001 永井一志 ナレッジマネジメントとQFDの関連性についての研究
36 医療経営の総合的「質」研究会 2000〜2002
2003〜2004
2005〜2007
2008〜
飯田修平
田村誠
池田俊也
永井庸次
医療における組織管理に関わる事項の研究
37 ISO9000シリーズ審査研究会 2000〜2002 福丸典芳 ISO9000シリーズの審査に関わる事項の研究
38 知識創造実践研究会 2001〜2003 長澤重夫 知識創造の仕組みの解明とその実践方法構築についての研究
39 3PS研究会 2002〜2004 大藤正 真のCSを実現するために必須と考えられるプロジェクトの満足、プロフェッショナルの満足、パートナーの満足を研究
40 次世代型小集団活動実践研究会 2003〜2004 永井一志 知識社会適応のため企業の組織力を高める次世代型小集団活動のあり方についての研究
41 デジタルエンジニアリングと品質保証研究会 2003〜2005 金子龍三 様々な業界での商品における現実の問題を把握・分析・構造解明し,業界別・学会共通課題を明らかにし,品質保証技術について研究する
42 リフレクター研究会 2003〜2004 布施輝雄 “ヒラメキや気づき”という“知の種子の発生メカニズム”と”その種子が組織的に有用化されるプロセス”を解明し,知識創造の実用的リフレクターを形式値化しようとする研究
43 価格対応品質実践研究会 2005〜2006 大藤正 元朝日大学の持本志行氏が提唱しているQDm(Quality Design for market price)を実践・実証することを目的とし、市場価格に対応した品質を研究
44 環境マネジメントシステム研究会 2003〜2006 岡本眞一 環境マネジメントシステムの有効性とは何かという問題を中心に多方面の環境問題について研究
45 中部医療の質管理研究会 2005〜2007 國澤英雄 企業で使われている様々な管理手法を医療に適用するための研究
46 信頼性・安全性計画研究会 2006〜2009
2010〜2012
2013〜2015
2015〜
鈴木和幸
伊藤誠
田中健次
岡部康平
トラブル発生の背後にある技術的要因、マネジメント要因、組織的要因に的を絞り、信頼性・安全性のつくりこみに関する技術的方法、組織・管理運営方法、および組織風土を対象とし、これらのあるべき姿を検討する
47 管理図実践研究会 2006〜2008 安藤之裕 現場力向上に寄与するための管理図の実践的な活用方法について研究
48 管理・間接職場における小集団改善活動研究会 2006〜2008 中條武志 管理・間接職場における小集団活動の推進事例を収集し、これらを深く分析することで、広く活用できる、管理・間接職場における小集団活動のモデルおよび推進のためのガイドラインを作成
49 サービス産業における顧客価値創造研究会 2007〜2009
2010〜2015
神田範明
石川朋雄
サービス産業での価値創造の方法論で有効なシステムを提案します。関係文献研究と実態調査による分析とモデル化を実施。実証事例を収集し、実践できる「Qの創造」モデルの公表を目指す
50 統計・データの質マネジメント研究会 2010〜2013 椿広計 情報・データ・公的統計、それに基づく意思決定などのプロダクト・その収集・加工・分析プロセス、調査実験計画の質について、その現状と必要な考え方、品質保証の方法論を検討する
51 先進的生産方式に対する工程管理研究会 2012〜2014 安井清一 高度化・複雑化した生産プロセスに対して統計的工程管理を行っていくにあたり、従来の方法では難しい場面の明確化、新たな管理方法の開発などを事例中心に研究
52 グローバル品質管理教育研究会 2012〜2014
2014〜2015
大滝厚
立林和夫
経営がグローバル化する中で、顧客重視のモノづくりの方針を理解し、品質管理手法と問題解決力を身につけ、再発防止と未然防止の高い能力を有する人財を開発するためのプログラムを開発

研究成果物の購入方法

研究テーマとその実施期間

「研究会とは」トップへ


--------The Japanese Society for Quality Control--