JSQC 一般社団法人日本品質管理学会
HOMEENGLISH 入会案内 お知らせ 記録・報告 定期刊行物 論文・記事募集 関連情報 リンク コミュニケーション・メーリングリスト
平成28年熊本地震お見舞い
緊急メッセージ
東日本大震災支援情報
理事会から
事務局から
行事案内
イブニング・アカデミー
JSQC規格
品質技術者認定
研究会活動
他団体のお勧め情報
Copyright (c); 2001 JSQC

事務局から | トピックス

メニュー →トピックス新入会員紹介連絡先の変更事業計画
※( )内は掲載年月日
第46年度研究助成募集要項(2016/12/02)
大久保尚武・元本学会会長 今年度デミング賞本賞を受賞(2016/11/14)
千葉工業大学 社会システム科学部 経営情報科学科 教員公募(教授・准教授・助教)(2016/08/24)
秋田県立大学 経営システム工学科 経営管理講座 教員公募(教授・准教授)(2016/08/22)
秋田県立大学 経営システム工学科 経営管理講座 教員公募(助教)(2016/08/22)
秋田県立大学 経営システム工学科 経営数理講座 教員公募(助教)(2016/08/22)
狩野紀昭氏がEOQ George Borel Award 2016 を受賞(2016/08/05)
「QMS有効活用及び審査研究部会 WG5 第4期継続 研究報告書」頒布のお知らせ(2016/06/13)
文部科学省 平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰受賞候補者の推薦について(2016/06/03)
第45年度 品質管理推進功労賞 推薦のお願い(2016/03/14)
第45年度研究助成募集要項(2015/12/17)
統計数理研究所 特任助教、および、特任研究員の公募(2015/09/15)
岡山大学 大学院自然科学研究科 教員公募(2015/09/15)
千葉工業大学 社会システム科学部 プロジェクトマネジメント学科 教員公募(2015/08/20)
秋田県立大学 経営システム工学科 教員公募(教授・准教授)(2015/07/02)
秋田県立大学 経営システム工学科 教員公募(助教)(2015/07/02)
第30〜31年度会長・狩野紀昭氏がASQの名誉会員に、元理事・長田洋氏がShainin Medalを受賞(2015/06/15)
電気通信大学 大学院情報システム学研究科 教員公募(TT助教)(2015/05/08)
慶應義塾大学理工学部管理工学科/大学院理工学研究科開放環境科学専攻(オープンシステムマネジメント分野) 教員公募(2015/04/21)
職業能力開発総合大学校 教員公募(助教・助手)(2015/04/08)
第44年度 品質管理推進功労賞 推薦のお願い(2015/03/13)
「QMS有効活用及び審査研究部会 WG5 第4期研究報告書」頒布のお知らせ(2015/03/13)
千葉工業大学 社会システム科学部 経営情報科学科 教員公募(教授・准教授・助教)(2015/03/11)
青山学院大学理工学部経営システム工学科 教員公募(教授・准教授)(2015/02/13)
青山学院大学理工学部経営システム工学科 教員公募(助教)(2015/02/13)
第44年度研究助成募集要項(2014/12/12)
鈴木和幸・元本学会会長 今年度デミング賞本賞を受賞(2014/11/17)
「QMS有効活用及び審査研究部会 WG6 第4期研究報告書」頒布のお知らせ(2014/10/03)
会費再請求書送付に関する手数料について(2014/09/12)
秋田県立大学 経営システム工学科 教員公募(2014/07/30)
立命館アジア太平洋大学 国際経営学部 教員公募(2014/07/18)
第43年度 品質管理推進功労賞 推薦のお願い(2014/03/28)
「ARE-QP」推薦依頼を掲載しました(2014/03/27)
「QMS有効活用及び審査研究部会 WG7 第4期研究報告書」頒布のお知らせ(2014/03/10)
2013年度デミング賞本賞を岩崎日出男氏が受賞(2014/02/17)
圓川隆夫氏が紫綬褒章を受章(2014/01/07)
新規研究会を受け付けます(2014/01/07)
第43年度研究助成募集要項(2013/12/26)
青山学院大学理工学部経営システム工学科 教員公募(2013/07/19)
東京理科大学理工学部経営工学科 教員公募(2013/07/09)
神奈川大学 国際経営学科 専任教員公募(2013/06/20)
慶應義塾大学理工学部数理科学科 教員公募(2013/05/30)
青山学院大学理工学部経営システム工学科 教員公募(2013/05/9)
第42年度 品質管理推進功労賞 推薦のお願い(2013/04/12)
2012年度デミング賞本賞を中尾 眞氏が受賞(2012/12/26)
新規研究会を受け付けます(2012/12/26)
第42年度研究助成募集要項(2012/12/19)
文教大学情報学部情報社会学科(設置構想中) 教員公募(2012/9/28)
電気通信大学 大学院情報システム学研究科 教員公募(TT助教)(2012/8/29)
池澤辰夫氏が瑞宝中綬章を受章(2012/8/23)
電気通信大学 大学院情報システム学研究科 教員公募(2012/8/23)
東京理科大学理工学部経営工学科 教員公募(准教授・講師)(2012/8/7)
東京理科大学理工学部経営工学科 教員公募(嘱託助教)(2012/8/7)
千葉工業大学 社会システム科学部 専任教員募集(2012/8/2)
本学会名誉会員の司馬正次氏がインド政府からPadma Shri(パドマ・シュリ)勲章を受章(2012/6/8)
青山学院大学理工学部経営システム工学科 教員公募(2012/6/8)
青山学院大学理工学部経営システム工学科 教員公募(2012/6/8)
新規研究会メンバー募集 先進的生産方式に対する工程管理研究会(2012/4/20)
第41年度 品質管理推進功労賞 推薦のお願い(2012/4/11)
青山学院大学理工学部経営システム工学科 教員公募(2012/3/14)
青山学院大学理工学部経営システム工学科 教員公募(2012/1/25)
新規研究会を受け付けます(2012/1/10)
豊田幹司郎氏が旭日重光賞を受章(2012/1/10)
「日本の品質を論ずるための品質管理用語の定義と解説(PartU)」頒布のお知らせ(2011/12/22)
中央大学 理工学部 経営システム工学科 教員公募(2011/12/16)
第41年度研究助成募集要項(2011/11/25)
桜井正光・元本学会会長 今年度デミング賞本賞を受賞(2011/11/25)
司馬正次氏が瑞宝中綬賞を受章(2011/9/5)
飯塚悦功 元会長が、ASQからThe Freund-Marquardt Medalを受賞(2011/7/14)
「QMS有効活用及び審査研究部会 第3期研究報告書」頒布のお知らせ(2011/7/14)
千葉工業大学 社会システム科学部 プロジェクトマネジメント学科 専任教員募集(2011/6/2)
第40年度 品質管理推進功労賞 推薦のお願い(2011/3/25)
青山学院大学理工学部経営システム工学科 教員公募(2011/3/4)
赤尾洋二先生が第1回 Ishikawa-Kano Awardを受賞(2011/3/2)
新規研究会を受け付けます(2011/1/7)
CPDに関する実績証明書の発行
■ <さらに過去のトピックス一覧へ


第46年度研究助成募集要項
1. 趣   旨  
 21世紀を担う若手研究者や海外からの留学生に対し、その研究活動をサポートすることを目的とします。個人の研究への助成はもちろん、同じようなテーマを抱えた少数の若手研究者の研究集会への助成、海外の若手研究者の招聘への助成なども含みます。
2.助成金額 1件5万円 4件以内
3.期   間 1年間(第46年度:平成28年10月から平成29年9月)
4. 募集の対象
選考時に申請者が日本品質管理学会の正会員もしくは準会員であり、次のいずれかの条件を満たす者とします。なお、本研究助成を過去2回採択されたことがある場合は対象から除外します。また、(2)の条件を満たす者については選考時に考慮をいたします。
(1) 申請時に35歳以下であり、大学、研究所、研究機関、教育機関等において研究活動に従事する者。
  (2) 申請時に日本の大学院に在籍する外国籍の留学生(年齢制約はありません)。
  (3) 申請時に35歳以下であり、海外の大学、研究所、研究機関、教育機関等において品質管理についての研究活動に従事する者で日本品質管理学会の主催する諸行事、または品質管理に関連する研究集会に参加しようとする者。ただし、申請は招聘者が行うこととします。
5. 助成対象  
 品質管理に関連した研究を対象とします。
6. その他の申請条件
(1) 報告書は所定の様式で提出してください。
  (2) 研究成果を当学会誌へ投稿、あるいは研究発表会などで発表することを奨励します。
  (3) 学生が申請をする場合、申請時に指導教官・指導教員の所見を必要とします。
7. 申請の方法
  以下をメールに添付してください。
「一般社団法人日本品質管理学会 研究助成交付申請書」(MS-Word文書)→
8. 募集期間 平成28年12月〜平成29年4月25日
9. 選考方法  
日本品質管理学会研究助成委員会が審査選考を行います。
10. 決定通知
平成29年5月末に採択者宛に通知します。
11.申請書提出先
日本品質管理学会 本部事務局
E-mail:office@jsqc.org

■大 久 保 尚 武・元本学会会長
今年度デミング賞本賞を受賞

 第44年度本学会会長の大久保尚武氏が本年度のデミング賞本賞を受賞されました。同氏は、積水化学工業(株)の代表取締役社長、会長を経て、現在は相談役に就かれています。
顧客満足(CS)と人材育成を経営の軸としたCS品質経営の推進・発展に大きく貢献され、早くから環境経営を実践されてきました。エコロジーとエコノミーを両立させ、継続的な成長を図るとともに社会的責任(CSR)を果たすための環境貢献製品の開発・普及は環境経営の軸であり、産業界に大きな影響を与えました。
当学会の会長在任時には、「新中長期計画2020」を策定し、今後の品質管理界のビジョンを提示されました。さらに、品質活動による日本の再活性化のために、日本全体の品質活動を推進する組織・団体の統合を目指したアンブレラ組織の創設を起案され、椿広計現会長のもとで、具体的な実現に向けた取組みを推進しています。
当学会としても、同氏の功績が認められデミング賞本賞を受賞されたことは大変名誉なことです。誠におめでとうございました。


千葉工業大学 社会システム科学部 経営情報科学科
教員公募(教授・准教授・助教)
1. 募集人員 教授、准教授、または助教 1名
2. 所  属 社会システム科学部 経営情報科学科
3. 専門分野 社会システム工学分野
4. 担当科目 社会システム科学分野の教育研究を行う。また当学部の上には、社会システム科学研究科マネジメント工学専攻の博士前期課程、博士後期課程があり、大学院での講義も担当することが求められている。
学部の主な担当科目は以下のとおりです。
「原価管理および演習」、「コストマネジメント」、「経営管理論」等
5. 応募資格 下記の(1)〜(4)を満たす方
(1) 社会システム科学部での教育研究に熱意のある方
  (2) 日本語で講義が可能な方
  (3) 博士の学位を有する方
  (4) 大学院での指導資格を有する、もしくは指導可能な方
6. 着任時期 2017年4月1日
7. 提出書類 以下の書類をA4用紙で提出してください。書式は自由。
(1) 履歴書(高校卒以降の学歴、学位・称号、職歴、工業所有権、教育業績、社会活動業績(学会等)、賞罰、住所、電話、電子メールアドレス等を記載のこと)
  (2) 研究業績リスト(年号西暦、最新のものから年月順に記載のこと)
(a)著書(共著であれば執筆担当の章、ページ等を記載のこと)
(b)研究論文および国際会議proceedings(査読の有無を明記のこと)
(c)一般講演論文
(d)その他工業所有権等
  (3) これまでの研究活動とその内容の要約(2,000字程度)
  (4) 教育に対する抱負(1,000字程度)
  (5) 推薦書(所属学会会員からの推薦書が1通あることが好ましい、複数可)
8. 応募締切 2016年11月25日(金)(当日消印有効)
9. 選考方法 書類による1次選考を行い、選ばれた候補の中から面接(2次選考)の上、決定します。面接は10月22日頃を予定しています。
10. 採否の決定 2016年12月末予定
11. 採用条件と給与
採用後3年間は年度毎の雇用契約更新制とし、その間の教育・研究業績、素行等に問題があると判断された場合は、中途で雇用を打ち切ることがあります。最終雇用契約期間満了時点で特に問題無と判断された場合には、65歳定年制の専任教員に身分変更されます。なお、雇用契約期間中は、雇用契約期間が定められていること以外、処遇等は65歳定年制の専任教員と同一です。
12. 書類送付先および連絡先
〒275-0016 千葉県習志野市津田沼2-17-1
千葉工業大学 社会システム科学部 経営情報科学科
学科長 岩下 基
E-mail iwashita.motoi@it-chiba.ac.jp
13. 備考
書類提出は書留郵便または宅配便など、授受の確認ができる方法にて、封筒に「社会システム科学部教員応募書類在中」と朱書きして上記住所の岩下基宛に送付してください。ご質問や問合せは、原則としてEメールにてお願いします。件名は「社会システム科学部教員応募」と記載してください。なお、ご提出いただいた書類に記載された個人情報は、採用選考および採用可否のみに使用いたします。また、ご提出いただいた書類は原則として返却せず、本学で責任を持って破棄しますのでご了解ください。
14. 参考URL http://www.it-chiba.ac.jp/media/keiei.201608.pdf

■ 秋田県立大学 経営システム工学科 経営管理講座 教員公募(教授・准教授)

1. 募集人員 教授または准教授 1名
2. 専門分野 これからの日本のものづくりの変革に関して深い見識を持ち、産業における品質保証、製品開発マネジメント関連のいずれかの専門分野で従来とは異なる展開が可能な方。
当学科の理念「鳥瞰的視野と数理的かつ工学的な経営で地域発のイノベーションを実現」のための研究や教育、地域貢献に意欲を持って取り組める方を求めます。
3. 採用予定日 平成29年4月1日
4. 応募締切 平成28年11月30日(水)必着
5. 書類送付先
〒015-0055 秋田県由利本荘市土谷字海老ノ口84-4
秋田県立大学システム科学技術学部 本荘キャンパス 教員選考委員長 松本真一
6. 問合せ先
秋田県立大学システム科学技術学部 経営システム工学科長  朴 元熙
TEL:0184-27-2173 E-mail:w-park@akita-pu.ac.jp
詳細は、以下のHPをご覧ください。
http://www.akita-pu.ac.jp/gaiyo/saiyo.htm

■ 秋田県立大学 経営システム工学科 経営管理講座 教員公募(助教)

1. 募集人員 助教 1名
2. 専門分野 管理会計、品質保証、製品開発マネジメント関連のいずれかの分野で研究実績のある方。当学科の理念「鳥瞰的視野と数理的かつ工学的な経営で地域発のイノベーションを実現」のための研究や教育、地域貢献に意欲を持って取り組める方を求めます。
3. 採用予定日 平成29年4月1日
4. 応募締切 平成28年11月30日(水)必着
5. 書類送付先
〒015-0055 秋田県由利本荘市土谷字海老ノ口84-4
秋田県立大学システム科学技術学部 本荘キャンパス 教員選考委員長 松本真一
6. 問合せ先
秋田県立大学システム科学技術学部 経営システム工学科長  朴 元熙
TEL:0184-27-2173 E-mail:w-park@akita-pu.ac.jp
詳細は、以下のHPをご覧ください。
http://www.akita-pu.ac.jp/gaiyo/saiyo.htm

■ 秋田県立大学 経営システム工学科 経営数理講座 教員公募(助教)

1. 募集人員 助教 1名
2. 専門分野 経営数理(統計科学・最適化・解析学・応用数学)、あるいは経営学のいずれかの分野で研究実績のある方。当学科の理念である「鳥瞰的視野と数理的かつ工学的な経営で地域発のイノベーションを実現」のための研究や教育、地域貢献に意欲を持って取り組める方を求めます。
3. 採用予定日 平成29年4月1日
4. 応募締切 平成28年11月30日(水)必着
5. 書類送付先
〒015-0055 秋田県由利本荘市土谷字海老ノ口84-4
秋田県立大学システム科学技術学部 本荘キャンパス 教員選考委員長 松本真一
6. 問合せ先
秋田県立大学システム科学技術学部 経営システム工学科長  朴 元熙
TEL:0184-27-2173 E-mail:w-park@akita-pu.ac.jp
詳細は、以下のHPをご覧ください。
http://www.akita-pu.ac.jp/gaiyo/saiyo.htm

■狩野紀昭氏がEOQ George Borel Award 2016 を受賞

 本学会名誉会員・元会長で東京理科大学名誉教授の狩野紀昭氏がEOQ(ヨーロッパ品質機構)60周年記念大会で、EOQ George Borel Award 2016を受賞されました。受賞理由は1ページのトピックスをご覧ください。
狩野氏は、日本での個人に与えられる品質管理の分野での最高の栄誉であるデミング賞本賞を受賞し(1997)、米国品質協会(ASQ)からは最高の栄誉である名誉会員に指名されています(2014)ので、今回のBorel Award受賞により、日、米、欧での三冠栄誉を達成されたことになります。誠におめでとうございます。


■「QMS有効活用及び審査研究部会 WG5 第4期継続 研究報告書
−供給者との互恵関係向上のための外部委託管理の指針研究−」頒布のお知らせ

この度、標記の成果が本学会の研究成果としてまとめられましたので、ご希望の会員の方に実費で頒布いたします。
申込方法 E-mailまたはFAXにて資料名、部数、会員番号、氏名、所属、送付先住所、電話番号をご連絡の上お申し込みください。
申 込 先 E-mail sec@jsqc.org FAX 03-5378-1507
資 料 代(税別) 1冊(A4判70頁)会員1,019円、非会員1,482円、 QMS部会員は、1冊目に限り648円。
送   料 (冊子小包)1冊215円、(DM便)1冊170円、(レターパックライト)360円、他多数の場合、事務局までご連絡ください。申し込みと同時に下記宛お振込ください。
振 込 先 一般社団法人 日本品質管理学会
フリガナ:シャ)ニホンヒンシツカンリガッカイ
三菱UFJ銀行 渋谷支店 普通預金 4313820

資料は入金を確認の上、郵送いたします。 申込書


■ 文部科学省 平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰受賞候補者の推薦について

 文部科学省研究振興局より、平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰「科学技術賞」及び「若手科学者賞受賞」候補者の推薦依頼がありましたのでお知らせいたします。


推  薦  期  限: 2016年7月27日(水)
※当学会への書類提出は7月20日(水)までにお願いします。
詳        細: http://www.mext.go.jp/b_menu/boshu/detail/1370892.htm

■ 第45年度 品質管理推進功労賞:学会員の皆様 候補者の推薦をお願いいたします!

 日本品質管理学会品質管理推進功労賞は、品質管理推進に尽力されている多くの方々に活力を与え、品質管理の発展がより加速され、ひいては産業界の発展に寄与できることを願って創設されました。本年度は第16回となり、次の要領で実施いたしますので、奮ってご推薦の程お願いします。但し、推薦にあたっては次の点にご配慮ください。

1) 本賞選考の推薦は全てEメールにてお願いします。
2) 推薦に際しては、予め被推薦者の了解を得て、被推薦者本人の確認を受けた書類を送付してください。
本賞の授賞資格(品質管理推進功労賞内規):
以下のいずれかの条件を満たす会員とする。
1) 企業・各種団体(以下、組織という。)に所属し、所属組織の品質管理の実践と推進に多大な貢献をした、もしくは、していると認められる者。
2) 組織に所属し、本会に対する多大な貢献があった、もしくはある者。
3) 組織に所属し、品質管理に対する造詣が深い者。
4) 本会の役員2名以上の推薦があった者。

本年度選考方針:
a. 本年度は、既に本来の所属企業を退職している方も対象として含めるものとし、表彰対象者数は、6名以内とする。
b. 地域・社会への貢献を重視する。
c. 本賞対象者の推薦に際しては、55〜65歳位を目安とし、70歳以上ならびに50歳以下は避ける。
d. 本来の所属企業で取締役になった人は避ける(理事、執行役員は対象とする)。但し、子会社等へ出向し役員になった方は候補者に含めて差し支えないものとする。
e. 女性に対する配慮を積極的に行う。
f. 45年度のJSQC理事は、今年度の推薦対象者から外す。

評価項目:
本賞の候補者に対して、主に次の観点から評価を行う。
【A】所属組織への貢献
a1   TQC/TQM/標準化/QCサークル活動等の推進
a2   品質管理に関する表彰・認証等の受審支援
a3   品質保証体制の確立
a4   その他特筆すべき活動
【B】地域・社会への貢献
b1 日本品質管理学会の発展
b2   デミング賞委員会/品質月間/関連学会等の活動を通じた品質管理の普及・発展
b3   標準化推進を通じた品質管理の普及・発展
b4   QCサークル活動の普及・発展
b5  

日科技連/規格協会等の関係諸団体への協力を通じた品質管理の普及・発展

b6   品質管理に関する国際協力
b7   品質管理への深い造詣に基づく著作等の活動を通じた品質管理の普及・発展
b8   その他特筆すべき活動

推薦必要書類: 推薦書(様式219-1)、業績リスト(様式219-2)、上司等の推薦書(様式219-3、ここで上司等とは、元・上司、現・関連部門長を含むものとする。)
様式については、下記Web頁よりダウンロードしてください。
URL:http://www.jsqc.org/ja/kiroku_houkoku/jushou.html
業績リスト(様式219-2)の業績については、上記の評価項目に対応した記述にしてください。
推  薦  締  切: 2016年6月30日(木)
メール送付先 : 2016kourou@jsqc.org
選        考: 日本品質管理学会 品質管理推進功労賞選考委員会が行う
発        表: 9月に開催される本学会理事会での承認後、本人ならびに推薦者に通知
表        彰: 2016年11月26日(土)
本学会 年次大会 授賞式
連     絡     先: 日本品質管理学会事務局
参        考: http://www.jsqc.org/ja/kiroku_houkoku/jushou/kouroushou.html

第45年度研究助成募集要項

1. 趣   旨  
 21世紀を担う若手研究者や海外からの留学生に対し、その研究活動をサポートすることを目的とします。個人の研究への助成はもちろん、同じようなテーマを抱えた少数の若手研究者の研究集会への助成、海外の若手研究者の招聘への助成なども含みます。
2.助成金額 1件5万円 4件以内
3.期   間 1年間(第45年度:平成27年10月から平成28年9月)
4. 募集の対象
 選考時に申請者が日本品質管理学会の正会員もしくは準会員であり、次のいずれかの条件を満たす者とします。なお、本研究助成を過去2回採択されたことがある場合は対象から除外します。また、(2)の条件を満たす者については選考時に考慮をいたします。
(1) 申請時に35歳以下であり、大学、研究所、研究機関、教育機関等において研究活動に従事する者。
  (2) 申請時に日本の大学院に在籍する外国籍の留学生(年齢制約はありません)。
  (3) 申請時に35歳以下であり、海外の大学、研究所、研究機関、教育機関等において品質管理についての研究活動に従事する者で日本品質管理学会の主催する諸行事、または品質管理に関連する研究集会に参加しようとする者。ただし、申請は招聘者が行うこととします。
5. 助成対象  
 品質管理に関連した研究を対象とします。
6. その他の申請条件
(1) 報告書は所定の様式で提出してください。
  (2) 研究成果を当学会誌へ投稿、あるいは研究発表会などで発表することを奨励します。
  (3) 学生が申請をする場合、申請時に指導教官・指導教員の所見を必要とします。
7. 申請の方法
  以下をメールに添付してください。
「一般社団法人日本品質管理学会 研究助成交付申請書」(MS-Word文書)→
8. 募集期間 平成27年12月〜平成28年3月末日
9. 選考方法  
日本品質管理学会研究助成委員会が審査選考を行います。
10. 決定通知
平成28年4月末に採択者宛に通知します。
11.申請書提出先
日本品質管理学会 本部事務局
E-mail:office@jsqc.org

統計数理研究所 特任助教、および、特任研究員の公募

1. 公募人員 特任助教または特任研究員 若干名
2. 職務内容 リスク解析戦略研究センター 研究プロジェクト推進支援、および、研究について、弊所研究教職員とともに業務、および、研究に従事する。なお、配属する研究プロジェクトについては、応募者の専門性等を考慮の上、センターにて決定し、内定時に通知する。
3. 採用予定日 2015年11月1日以降のできるだけ早い時期
4. 応募資格・提出書類等詳細については以下をご覧ください。
http://www.ism.ac.jp/jobs/index_j.html
http://www.ism.ac.jp/jobs/index_j/0916.pdf
5. 応募締切 2015年9月30日(水)17:00必着
6.書類提出先及び問い合わせ先
〒190-8562 東京都立川市緑町10−3
大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構
統計数理研究所リスク解析戦略研究センター事務局
(Tel:050-5533-8500(代) E-mail:rco@ism.ac.jp )
簡易書留郵便により郵送にて提出してください。
また、提出書類の封筒の表に朱書で「特任助教・研究員(リスク解析戦略研究センター)応募書類在中」と明記してください。

岡山大学 大学院自然科学研究科 教員公募

1. 公募人員 助教(任期5年,再任あり):1名
2. 所 大学院自然科学研究科産業創成工学専攻知能機械システム学講座
生産知能学教育研究分野(学部では工学部機械システム系学科)
3. 応募資格  
(1) 博士の学位を有すること(着任時までに取得見込みも可)
  (2) 下記4に示す研究分野のいずれかにおいて研究業績を有し,応募研究分野への適応が可能な方(現段階では、応募研究分野に該当していない方でも,将来的に適応いただける方は応募可)
4. 研  
  理論と実践を融合させて,以下の経営工学関連分野において,生産システム・組織等の最適化を目指す幅広い研究領域:
生産管理,品質管理
  応用統計学,オペレーションズ・リサーチ
  設備保全工学,信頼性工学
  計量経済学,経済性工学
  コンピュータサイエンス,人工知能,メタヒューリスティクス
  マルチエージェント,人工生命,カオス,フラクタル
  自動化生産システムへのメカトロニクス技術応用,生産システムの知能化,生産システムの標準化技術
  ヒューマン−コンピュータ・インタラクション,人間−機械系システム
  サプライチェーンマネジメント,eコマース
  システム・マネジメント,組織マネジメント,産業心理学・組織心理学
  安全・環境・リスクマネジメント
  現段階では,上記応募分野に該当しない方でも,将来的にこれらの分野に適応いただける方は応募可能です.
5. 教  
(1) システム工学総合などのシステム工学関連の実験・演習・講義を担当できること
  (2) 卒業研究や大学院(博士前期課程・博士後期課程)の研究指導補助ができること
6. 採用時期 平成28年4月1日以降のできるだけ早い時期
7. 応募書類  
  1) 履歴書(様式1)
  2) 学会及び社会における活動(様式2)
  3) 教育に関する経歴書(様式3)
  4) 研究業績概要(様式4)
  5) 研究業績目録(様式5)
  6) 著書,論文等別刷り(主要なもの5編以内)とその概要説明(様式自由)
  7) これまでの研究概要(500字程度,様式自由)
  8) 応募分野の研究内容に則した着任後の研究計画(500字程度,様式自由)
  9) 応募分野の教育内容に則した教育への抱負(500字程度,様式自由)
8. 応募締切 平成27年11月30日(月)必着
9. 問い合わせ・様式請求先・応募書類送付先
〒700-8530 岡山市津島中3-1-1
岡山大学大学院自然科学研究科産業創成工学専攻知能機械システム学講座
(工学部機械システム系学科)
生産知能学教育研究分野 助教選考委員会 委員長 有薗 育生
TEL:086-251-8223 FAX:086-251-8224
E-mail:arizono@okayama-u.ac.jp
詳細は、以下のHPをご覧ください。
また様式1〜5もこちらのホームページからダウンロードしてください。
http://www.gnst.okayama-u.ac.jp/other/koubo_index.html
  (注1) 応募書類の送付は書留郵便とし,表に「生産知能学教員(助教)応募書類在中」と朱書きしてください.
  (注2) 面接を行なうことがありますが,費用は本人負担です.
  (注3) 応募書類は,返却しません.

千葉工業大学 社会システム科学部 プロジェクトマネジメント学科 教員公募

1. 募集人員 教授、准教授、または助教 1名
2. 所 社会システム科学部 プロジェクトマネジメント学科
3. 専門分野 プロジェクトマネジメント(ビジネス創成、製品・サービスマネジメント等)
4. 担当科目 「プロジェクトと企業行動」「プロジェクト運営と意思決定」「マネジメント意思決定特論」等のビジネス創成、製品・サービスマネジメント分野に関連した科目の教育ならびに大学院の講義担当も予定しています。
5. 応募資格  
(1) 博士の学位を有する方
  (2) 学部および大学院の教育・研究に対して熱意と意欲があり、大学運営や産学連携および地域貢献に対して充分な理解を持っている方
  (3) 日本語で講義が可能な方
6. 着任時期 2016年4月1日
7. 提出書類 以下の書類をA4用紙で提出してください。書式は自由。
(1) 履歴書(大学卒以降の学歴、学位、職歴・職位、工業所有権、教育業績、社会活動、業績(学会等)、賞罰、住所、電話、電子メールアドレス等を記載のこと)
  (2)

研究業績リスト(年号西暦、最新のものから年月順に記載のこと)
(a)著書(共著であれば執筆担当の章、ページ等を記載のこと)
(b)研究論文および国際会議proceedings(査読の有無を明記のこと)
(c)一般講演論文
(d)競争的資金の取得状況
(e)その他

  (3) これまでの研究活動とその内容の要約(2,000字程度)
  (4) 教育に対する抱負(1,000字程度)
他に推薦書(複数可)もしくは応募者について照会可能な方(複数可)の所属・氏名と連絡先があることが望ましい。
8. 応募締切 2015年9月30日(水)(当日消印有効)
9. 選考方法 書類による1次選考を行い、選ばれた候補の中から面接(2次選考)の上、決定します。面接は10月中旬を予定しています。
10. 採否の決定 2016年1月予定
11. 採用条件と給与
 採用後3年間は年度毎の雇用契約更新制とし、その間の教育・研究業績、素行等に問題があると判断された場合は、契約を更新しないことがあります。
最終雇用契約期間満了時点で特に問題無と判断された場合には、雇用期間の定めのない専任教員に身分変更されます。なお、雇用契約期間中は、雇用契約期間が定められていること以外、処遇等は雇用期間の定めのない専任教員と同一です。

12. 書類送付先および連絡先

〒275-0016 千葉県習志野市津田沼2-17-1
千葉工業大学 社会システム科学部 プロジェクトマネジメント学科 
学科長 谷本 茂明
E-mail shigeaki.tanimoto@it-chiba.ac.jp
電話  047-478-0464(谷本研究室直通)
13. 備考  
 書類提出は書留郵便または宅配便など、授受の確認ができる方法にて、封筒に「プロジェクトマネジメント学科教員応募書類在中」と朱書きして上記住所の谷本茂明宛に送付してください。ご質問や問合せは、原則としてEメールにてお願いします。件名は「プロジェクトマネジメント学科教員応募」と記載してください。なお、ご提出いただいた書類に記載された個人情報は、採用選考および採用可否のみに使用いたします。また、ご提出いただいた書類は原則として返却せず、本学で責任を持って破棄しますのでご了解ください。

14. 参考URL

http://www.it-chiba.ac.jp/institute/adoption/index.html
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D115070613&ln_jor=0

■秋田県立大学 経営システム工学科 教員公募

1. 募集人員 教授または准教授 1名
2. 専門分野 生産管理分野
経営管理グループの生産管理分野では、生産管理についての研究を進めています。そのため、生産管理に関する研究経歴を有し、生産管理に関する研究や教育および経営工学関連分野との学際的な研究、地域貢献に意欲を持って取り組む方を求めます。
3. 採用予定日 平成28年4月1日
4. 応募締切 平成27年9月30日(水)必着
5. 書類送付先
〒015-0055 秋田県由利本荘市土谷字海老ノ口84-4
秋田県立大学システム科学技術学部 本荘キャンパス 教員選考委員長 松本真一
6. 問合せ先
秋田県立大学システム科学技術学部 経営システム工学科長  朴 元熙
TEL:0184-27-2173 E-mail:w-park@akita-pu.ac.jp
詳細は、以下のHPをご覧ください。
http://www.akita-pu.ac.jp/gaiyo/saiyo.htm

■秋田県立大学 経営システム工学科 教員公募

1. 募集人員 助教 1名
2. 専門分野 管理会計・原価計算分野、あるいはそれらの関連分野
経営管理グループの管理会計分野では、管理会計についての研究を進めています。そのため、管理会計に関する研究経歴を有し、管理会計に関する研究や教育および経営工学関連分野との学際的な研究、地域貢献に意欲を持って取り組む方を求めます。
3. 採用予定日 平成28年4月1日
4. 応募締切 平成27年9月30日(水)必着
5. 書類送付先
〒015-0055 秋田県由利本荘市土谷字海老ノ口84-4
秋田県立大学システム科学技術学部 本荘キャンパス 教員選考委員長 松本真一
6. 問合せ先
秋田県立大学システム科学技術学部 経営システム工学科長  朴 元熙
TEL:0184-27-2173 E-mail:w-park@akita-pu.ac.jp
詳細は、以下のHPをご覧ください。
http://www.akita-pu.ac.jp/gaiyo/saiyo.htm

■第30〜31年度会長・狩野紀昭氏がASQの名誉会員に、
元理事・長田洋氏がShainin Medalを受賞

 去る5月3日に、アメリカのテネシー州・ナッシュビル市で開催されたASQ(アメリカ品質協会)の年次大会で、本学会名誉会員・元会長の狩野紀昭氏が、同協会のHonorary Member(名誉会員)に推薦、就任されました。この名誉会員就任は、同氏の長年に亘るASQへの貢献と顕著な品質管理活動の功績が認められたもので、1946年同協会創立以来昨年までわずか25名ということを考えますと、素晴らしい快挙といえます。過去、日本からは、石川馨(1986年)、田口玄一(1997年)、近藤良夫(2004年)、赤尾洋二(2010年)の4氏が就任されています。
また、この度、元理事で文教大学教授(東京工業大学名誉教授)の長田洋氏が、同協会のShainin Medalを受賞されました。同賞は、製品やサービスの品質上の問題解決における独創的なアプローチの開発・応用に対して授与される賞です。革新的な、品質管理技術(戦略的方針管理:Strategic Management by Policy)を開発し、戦略経営への応用、更には、組織の成長に向けての構造的なアプローチにより、従来の方針管理を戦略レベルまで発展させたことが同氏の受賞理由です。
お二人のご就任、受賞誠におめでとうございます。


■電気通信大学 大学院情報システム学研究科 教員公募(TT助教)

1. 職名・募集人数 テニュアトラック助教1名
2. 担当学部・研究科等 大学院情報システム学研究科社会知能情報学専攻
3. 専門分野 リスクマネジメント、リスク工学、安全・安心、リスク認知
安全・安心社会の構築を目指し、様々な分野で,情報技術や自動化技術を活用したリスク回避システムや、安全な運転・操作技術向上につながる警告表示、受容性の高い運転支援装置の開発が重要視されています。ドライビングシミュレータ等の体験型装置、または様々なシミュレーション実験を活用した実験・評価に取り組み、実効性のあるリスク回避手法や安全支援手法を積極的に開発・提案する人材を求めます。信頼感やトラストに注目した研究分野も歓迎します。
4. 採用予定日 平成27年10月1日(以降のできるだけ早い時期)
5. 応募資格・提出書類等詳細については以下をご覧ください。
http://www.uec.ac.jp/about/advertisement/
6. 応募締切 平成27年6月10日(水)必着

7. 問い合わせ先

電気通信大学 大学院情報システム学研究科 社会知能情報学専攻 田中健次
E-mail:tanaka@is.uec.ac.jp

8. 書類送付先

〒182-8585  東京都調布市調布ケ丘1−5−1
電気通信大学 大学院情報システム学研究科 事務室宛

■慶應義塾大学理工学部管理工学科/大学院理工学研究科開放環境科学専攻
(オープンシステムマネジメント分野) 教員公募

募集人員 教授、准教授、専任講師、または専任講師(有期) 1名
専門分野 統計学を研究分野とし、国際的な視野で、社会・経営課題を解決するための視点を持ちながら、統計学の理論(応用統計学、計算機統計学、統計的機械学習、統計モデリングなど)、高度かつ実践的なデータ解析に関する研究・教育ができる人材を求めます。
担当授業 学部では統計解析、多変量解析分野の講義科目、演習・実験科目を担当していただきます。また、教授または准教授には、大学院において専門分野の講義科目や演習科目も担当していただきます。(大学院担当科目については、英語で授業ができることが望ましい。)
応募資格 博士の学位またはPh.D.を有し、上記の研究・教育に従事する十分な能力を有すること。学部および大学院の研究・教育に対して熱意があること。
着任時期 2016年4月1日
応募期限 2015年7月10日(金)必着

書類送付先および問合せ先

〒223-8522 横浜市港北区日吉3-14-1
慶應義塾大学理工学部管理工学科主任 栗田 治
shunin@ae.keio.ac.jp

http://www.st.keio.ac.jp/corporations/recruit/09.html

■職業能力開発総合大学校 教員公募(助教・助手)

1. 募集人員 助教または助手 1名
2. 所 能力開発院
3. 専門分野 経営工学を基盤として,納期・コストの視点から企業経営のあり方を検討する分野.企業のシステム分析を実践的に展開する分野
4. 応募資格および提出書類
独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構HPの募集要項をご覧ください
http://www.jeed.or.jp/jeed/recruit/h27_uitec.html
5. 採用形態 常勤
6. 着任時期 平成27年10月1日(予定)
7. 応募締切 平成27年6月12日(当日消印有効)

8. 書類送付および連絡先

独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構 総務部人事課 正木,盛田
〒261-8558 千葉県千葉市美浜区若葉3−1−2
Tel.043(213)6124,6126
E-mail saiyou@jeed.or.jp

9. その他

第2次選考で模擬講義を実施していただきます.詳しくは募集要項をご覧ください

■ 第44年度 品質管理推進功労賞:学会員の皆様 候補者の推薦をお願いいたします!

 日本品質管理学会品質管理推進功労賞は、品質管理推進に尽力されている多くの方々に活力を与え、品質管理の発展がより加速され、ひいては産業界の発展に寄与できることを願って創設されました。本年度は第15回となり、次の要領で実施いたしますので、奮ってご推薦の程お願いします。但し、推薦にあたっては次の点にご配慮ください。

1) 本賞選考の推薦は全てEメールにてお願いします。
2) 推薦に際しては、予め被推薦者の了解を得て、被推薦者本人の確認を受けた書類を送付してください。
本賞の授賞資格(品質管理推進功労賞内規):
以下のいずれかの条件を満たす会員とする。
1) 企業・各種団体(以下、組織という。)に所属し、所属組織の品質管理の実践と推進に多大な貢献をした、もしくは、していると認められる者。
2) 組織に所属し、本会に対する多大な貢献があった、もしくはある者。
3) 組織に所属し、品質管理に対する造詣が深い者。
4) 本会の役員2名以上の推薦があった者。

本年度選考方針:
a. 本年度は、既に本来の所属企業を退職している方も対象として含めるものとし、表彰対象者数は、6名以内とする。
b. 地域・社会への貢献を重視する。
c. 本賞対象者の推薦に際しては、55〜65歳位を目安とし、70歳以上ならびに50歳以下は避ける。
d. 本来の所属企業で取締役になった人は避ける(理事、執行役員は対象とする)。但し、子会社等へ出向し役員になった方は候補者に含めて差し支えないものとする。
e. 女性に対する配慮を積極的に行う。
f. 44年度のJSQC理事は、今年度の推薦対象者から外す。

評価項目:
本賞の候補者に対して、主に次の観点から評価を行う。
【A】所属組織への貢献
a1   TQC/TQM/標準化/QCサークル活動等の推進
a2   品質管理に関する表彰・認証等の受審支援
a3   品質保証体制の確立
a4   その他特筆すべき活動
【B】地域・社会への貢献
b1 日本品質管理学会の発展
b2   デミング賞委員会/品質月間/関連学会等の活動を通じた品質管理の普及・発展
b3   標準化推進を通じた品質管理の普及・発展
b4   QCサークル活動の普及・発展
b5  

日科技連/規格協会等の関係諸団体への協力を通じた品質管理の普及・発展

b6   品質管理に関する国際協力
b7   品質管理への深い造詣に基づく著作等の活動を通じた品質管理の普及・発展
b8   その他特筆すべき活動

推薦必要書類: 推薦書(様式219-1)、業績リスト(様式219-2)、上司等の推薦書(様式219-3、ここで上司等とは、元・上司、現・関連部門長を含むものとする。)
様式については、下記Web頁よりダウンロードしてください。
URL:http://www.jsqc.org/ja/kiroku_houkoku/jushou.html
業績リスト(様式219-2)の業績については、上記の評価項目に対応した記述にしてください。
推  薦  締  切: 2015年6月30日(火)
メール送付先 : 2015kourou@jsqc.org
選        考: 日本品質管理学会 品質管理推進功労賞選考委員会が行う
発        表: 9月に開催される本学会理事会での承認後、本人ならびに推薦者に通知
表        彰: 2015年11月14日(土)
本学会 年次大会 授賞式
連     絡     先: 日本品質管理学会事務局
参        考: http://www.jsqc.org/ja/kiroku_houkoku/jushou/kouroushou.html

■「QMS有効活用及び審査研究部会 WG5 第4期研究報告書
―供給者との互恵関係向上のための第二者監査ガイドライン研究―」頒布のお知らせ

この度、標記の成果が本学会の研究成果としてまとめられましたので、ご希望の会員の方に実費で頒布いたします。
申込方法 E-mailまたはFAXにて資料名、部数、会員番号、氏名、所属、送付先住所、電話番号をご連絡の上お申し込みください。
申 込 先 E-mail sec@jsqc.org FAX 03-5378-1507
資 料 代(税別) 1冊(A4判52頁)会員926円、非会員1,389円、 QMS部会員は、1冊目に限り463円。
送   料 (冊子小包)1冊215円、(DM便)1冊170円、(レターパックライト)360円、他多数の場合、事務局までご連絡ください。申し込みと同時に下記宛お振込ください。
振 込 先 一般社団法人 日本品質管理学会
フリガナ:シャ)ニホンヒンシツカンリガッカイ
三菱UFJ銀行 渋谷支店 普通預金 4313820

資料は入金を確認の上、郵送いたします。 申込書


千葉工業大学 社会システム科学部 経営情報科学科 教員公募(教授・准教授・助教)

1. 募集人員 教授、准教授、または助教 1名
2. 所 社会システム科学部 経営情報科学科
3. 専門分野 経営学・社会システム工学分野
4. 担当科目 社会システム科学分野の教育研究を行う。また当学部の上には、社会システム科学研究科マネジメント工学専攻の博士前期課程、博士後期課程があり、大学院での講義も担当することが求められている。
学部の主な担当科目は以下のとおりです。
「データ解析入門」、「オペレーションズリサーチ入門」、「情報数学」等
5. 応募資格 下記の(1)〜(4)を満たす方
(1) 社会システム科学部での教育研究に熱意のある方
  (2) 日本語で講義が可能な方
  (3) 博士の学位を有する方
  (4) 大学院での指導資格を有する、もしくは指導可能な方
6. 着任時期 2016年4月1日
7. 提出書類 以下の書類をA4用紙で提出してください。書式は自由。
(1) 履歴書(高校卒以降の学歴、学位・称号、職歴、工業所有権、教育業績、社会活動業績(学会等)、賞罰、住所、電話、電子メールアドレス等を記載のこと)
  (2) 研究業績リスト(年号西暦、最新のものから年月順に記載のこと)
(a)著書(共著であれば執筆担当の章、ページ等を記載のこと)
(b)研究論文および国際会議proceedings(査読の有無を明記のこと)
(c)一般講演論文
(d)その他工業所有権等
  (3) これまでの研究活動とその内容の要約(2,000字程度)
  (4) 教育に対する抱負(1,000字程度)
  (5) 推薦書(所属学会会員からの推薦書が1通あることが好ましい、複数可)
8. 応募締切 2015年7月31日(金)(当日消印有効)
9. 選考方法 書類による1次選考を行い、選ばれた候補の中から面接(2次選考)の上、決定します。面接は8月頃を予定しています。
10. 採否の決定 2015年11月予定
11. 採用条件と給与
 採用後3年間は年度毎の雇用契約更新制とし、その間の教育・研究業績、素行等に問題があると判断された場合は、中途で雇用を打ち切ることがあります。最終雇用契約期間満了時点で特に問題無と判断された場合には、65歳定年制の専任教員に身分変更されます。なお、雇用契約期間中は、雇用契約期間が定められていること以外、処遇等は65歳定年制の専任教員と同一です。

12. 書類送付先および連絡先

〒275-0016 千葉県習志野市津田沼2-17-1
千葉工業大学 社会システム科学部 経営情報科学科 学科長 岩下 基
E-mail iwashita.motoi@it-chiba.ac.jp
13. 備考  
 書類提出は書留郵便または宅配便など、授受の確認ができる方法にて、封筒に「社会システム科学部教員応募書類在中」と朱書きして上記住所の岩下基宛に送付してください。ご質問や問合せは、原則としてEメールにてお願いします。件名は「社会システム科学部教員応募」と記載してください。なお、ご提出いただいた書類に記載された個人情報は、採用選考および採用可否のみに使用いたします。また、ご提出いただいた書類は原則として返却せず、本学で責任を持って破棄しますのでご了解ください。

14. 詳細

http://www.it-chiba.ac.jp/institute/adoption/index.html

■青山学院大学理工学部経営システム工学科 教員公募(教授・准教授)

1. 募集人員 教授または准教授 1名
2. 所 理工学部経営システム工学科
3. 専門分野 経営工学(データ分析)
応用統計,数理統計,統計解析,機械学習,データサイエンス,データ解析システムなど経営工学に関する統計的アプローチ
4. 担当科目 下記の専門科目とその他の基礎科目から数科目
専門科目:多変量解析、応用統計解析,大学院科目
その他の基礎科目:情報処理実習、分析技術入門など
・英語で授業ができる事が望ましい
5. 応募資格
(1) 博士の学位を有し、学部および大学院の教育・研究に熱意のある方
  (2) 専門分野について優れた業績を有する方
  (3) グローバル化に熱意のある方
  (4) キリスト教に理解のある方
  (5) 相模原と青山の両キャンパスに出講できる方
6. 着任時期 2016年4月1日
7. 提出書類
(1) 自筆履歴書(市販用紙に写真添付)
  (2) 研究業績リスト(著書、学術雑誌論文(査読付)、国際会議論文(査読付)、特許、外部資金獲得状況、総説および解説、学術講演・研究発表等に分類)
  (3) 代表的な学術論文5編を添付(別刷またはコピー)
  (4) 現在までの研究概要ならびに今後の研究計画(1500字以内)
  (5) 教育経験ならびに教育に関する抱負(1500字以内)
  (6) 応募者について所見が述べられる2名の氏名と連絡先・連絡方法
  (7) 確実かつ支障なく連絡のできる連絡先・連絡方法
8. 応募締切 2015年7月10日(金)必着
9.書類送付先および連絡先
〒252-5258 神奈川県相模原市中央区淵野辺5-10-1
青山学院大学理工学部経営システム工学科 学科主任
電話TEL: 042-759-6305(直通)、e-mail: saiyo@ise.aoyama.ac.jp
  封筒に「教員採用関係書類在中」と朱書きし、書留郵便で郵送してください。
なお、応募書類は原則として返却しません。
10.その他 学科ホームページhttp://www.agnes.aoyama.ac.jp/ise/index.html 参照

■青山学院大学理工学部経営システム工学科 教員公募(助教)

1. 募集人員 助教1名
2. 所 理工学部経営システム工学科
3. 専門分野 経営システム工学(最適化技術領域)
数理的手法を重視した広い意味でのオペレーションズ・リサーチ.
組合せ最適化,ゲーム理論,グラフとネットワーク,スケジューリング,不確実性理論,計算理論など.
4. 教育担当 当該領域の卒業研究・修士研究の指導補佐,および経営システム工学関連の学部生向け実験・演習科目,最適化技術関連科目,計算機関連科目など
5. 応募資格
(1) 上記の科目が担当可能であり,学部および大学院の教育・研究に熱意があること
  (2) 博士の学位を有するか取得見込みであり,相模原と青山の両キャンパスに出講できること
  (3) グローバル化に熱意のある方
  (4) キリスト教に理解がある方
6. 着任時期 2015年9月1日
7. 任 5年まで(1年更新)
8. 勤 相模原キャンパス(相模原市中央区淵野辺5-10-1)
9. 待 青山学院就業規則・給与規則による.
10. 提出書類
(1) 自筆履歴書(市販用紙で可,写真添付)
  (2) 研究業績リスト(学術雑誌論文(査読付),国際会議論文(査読付),著書,総説および解説,学術講演・研究発表,特許,外部資金獲得状況などに分類)
  (3) 代表的な学術雑誌論文3編までを添付(別刷またはコピー)
  (4) 現在までの研究概要および教育・研究に関する抱負(1500字以内)
  (5) 応募者について所見が述べられる2名の氏名と連絡先・連絡方法
  (6) 確実かつ支障なく連絡のできる連絡先・連絡方法
11. 応募締切 2015年4月17日(金)必着
12.書類送付先および連絡先
〒252-5258 神奈川県相模原市中央区淵野辺5-10-1
青山学院大学理工学部経営システム工学科 学科主任
Tel: 042-759-6305(直通),Email: saiyo@ise.aoyama.ac.jp
  封筒に「助教採用関係書類在中」と朱書きし,書留郵便で郵送してください.
  応募書類は原則として返却しません.

第44年度研究助成募集要項

1. 趣   旨  
 21世紀を担う若手研究者や海外からの留学生に対し、その研究活動をサポートすることを目的とします。個人の研究への助成はもちろん、同じようなテーマを抱えた少数の若手研究者の研究集会への助成、海外の若手研究者の招聘への助成なども含みます。
2.助成金額 1件5万円 4件以内
3.期   間 1年間(第44年度:平成26年10月から平成27年9月)
4. 募集の対象
 選考時に申請者が日本品質管理学会の正会員もしくは準会員であり、次のいずれかの条件を満たす者とします。なお、本研究助成を過去2回採択されたことがある場合は対象から除外します。また、(2)の条件を満たす者については選考時に考慮をいたします。
(1) 申請時に35歳以下であり、大学、研究所、研究機関、教育機関等において研究活動に従事する者。
  (2) 申請時に日本の大学院に在籍する外国籍の留学生(年齢制約はありません)。
  (3) 申請時に35歳以下であり、海外の大学、研究所、研究機関、教育機関等において品質管理についての研究活動に従事する者で日本品質管理学会の主催する諸行事、または品質管理に関連する研究集会に参加しようとする者。ただし、申請は招聘者が行うこととします。
5. 助成対象  
 品質管理に関連した研究を対象とします。
6. その他の申請条件
(1) 報告書は所定の様式で提出してください。
  (2) 研究成果を当学会誌へ投稿、あるいは研究発表会などで発表することを奨励します。
  (3) 学生が申請をする場合、申請時に指導教官・指導教員の所見を必要とします。
7. 申請の方法
  以下をメールに添付してください。
「一般社団法人日本品質管理学会 研究助成交付申請書」(MS-Word文書)→
8. 募集期間 平成26年12月〜平成27年3月末日
9. 選考方法  
日本品質管理学会研究助成委員会が審査選考を行います。
10. 決定通知
平成27年4月末に採択者宛に通知します。
11.申請書提出先
日本品質管理学会 本部事務局
E-mail:office@jsqc.org

■鈴 木 和 幸・元本学会会長
今年度デミング賞本賞を受賞

 電気通信大学教授で、本学会第39、40年度会長の鈴木和幸氏が本年度のデミング賞本賞を受賞されました。信頼性工学、TQMに関する研究・教育、普及・啓発活動に携わり、とりわけ信頼性工学の分野ではWarranty data 解析の分野を切り拓くなど、世界的レベルで学界をリードされてきました。論文審査委員長も務められました。会長在任時には、信頼性工学及びTQMの理論・方法論の社会での実践適用を目指し、産業界への普及・啓発活動、国の政策やその対象である安全・安心社会構築への貢献、さらには国際貢献に尽力されました。
また、次代を担う人材を育成するため、初等・中等教育での問題解決のための教育の啓蒙・普及にも重点をおいた活動をされました。後継者育成にも熱心に取り組まれ、これまでに11名の博士を送り出しています。33組織、延べ80名の研究者による共同研究を推進し、研究の組織化にも貢献しています。同氏が栄えあるデミング賞本賞を受賞されたことは本学会としても光栄なことであります。誠におめでとうございます。


■「QMS有効活用及び審査研究部会 WG6 第4期研究報告書
―中小企業の経営者が使いたくなるISO 9001推進の研究
『QMS運営の管理のためのガイドライン』―」頒布のお知らせ

この度、標記の成果が本学会の研究成果としてまとめられましたので、ご希望の方に実費で頒布いたします。
申込方法 E-mailまたはFAXにて資料名、部数、会員番号、氏名、所属、送付先住所、電話番号をご連絡の上お申し込みください。
申 込 先 E-mail sec@jsqc.org FAX 03-5378-1507
資 料 代(税別) 1冊(A4判72頁)会員1,019円、非会員1,482円、QMS部会員は、1冊目に限り648円。
送   料 (冊子小包)1冊215円、(DM便)1冊170円、(レターパックライト)360円、他多数の場合、事務局までご連絡ください。申し込みと同時に下記宛お振込ください。
振 込 先 一般社団法人 日本品質管理学会 フリガナ:シャ)ニホンヒンシツカンリガッカイ
三菱UFJ銀行 渋谷支店 普通預金 4313820

資料は入金を確認の上、郵送いたします。 申込書


■会費再請求書送付に関する手数料について

 かねてより学会経理健全化のため支出項目見直しなどを進めてまいりましたが、次年度より会費請求書の再発行に際し、手数料をいただくこととなりました。
本学会では毎年9月に会費請求書を発送していますが、期限までに入金が確認できない場合12月頃に再請求書を送付しています。今後、再請求書の印刷・郵送に関する費用として、再請求書送付1回毎に200円(税込)の手数料を加算してご請求いたします。会員各位にご理解いただくとともに期限内入金をお願いいたします。


■秋田県立大学 経営システム工学科 教員公募

1. 募集人員 教授または准教授 1名
2. 専門分野 経営工学及び関連分野
3. 採用予定日 平成27年1月1日以降のできるだけ早い時期
4. 応募締切 平成26年9月30日(火)必着
5. 書類送付先
〒015-0055 秋田県由利本荘市土谷字海老ノ口84-4
秋田県立大学システム科学技術学部 本荘キャンパス 教員選考委員長 松本真一
6. 問合せ先
秋田県立大学システム科学技術学部 経営システム工学科長 谷内宏行
TEL:0184-27-2148 E-mail:taniuchi@akita-pu.ac.jp
詳細は、以下のHPをご覧ください。
http://www.akita-pu.ac.jp/gaiyo/saiyo.htm

■立命館アジア太平洋大学 国際経営学部 教員公募

1. 募集人員 若干名(教授または准教授)
2. 専門分野 生産管理論(日本語・英語開講科目担当)
3. 着任時期 2015年4月1日または2015年10月1日
4. 応募期限 2014年9月26日(郵送、本学必着)
5. 書類送付先
〒874-8577 大分県別府市十文字原1-1
立命館アジア太平洋大学 アカデミック・オフィス気付
国際経営学部長 宛
6. 問合せ先
立命館アジア太平洋大学 アカデミック・オフィス 担当:中村  
E-mail:frecruit@apu.ac.jp
詳細は,以下の立命館アジア太平洋大学HPをご覧ください.
http://www.apu.ac.jp/home/contents/jobs.html

■ 第43年度 品質管理推進功労賞:学会員の皆様 候補者の推薦をお願いいたします!

 日本品質管理学会品質管理推進功労賞は、品質管理推進に尽力されている多くの方々に活力を与え、品質管理の発展がより加速され、ひいては産業界の発展に寄与できることを願って創設されました。本年度は第14回となり、次の要領で実施いたしますので、奮ってご推薦の程お願いします。但し、推薦にあたっては次の点にご配慮ください。

1) 本賞選考の推薦は全てEメールにてお願いします。
2) 推薦に際しては、予め被推薦者の了解を得て、被推薦者本人の確認を受けた書類を送付してください。
本賞の授賞資格(品質管理推進功労賞内規):
以下のいずれかの条件を満たす会員とする。
1) 企業・各種団体(以下、組織という。)に所属し、所属組織の品質管理の実践と推進に多大な貢献をした、もしくは、していると認められる者。
2) 組織に所属し、本会に対する多大な貢献があった、もしくはある者。
3) 組織に所属し、品質管理に対する造詣が深い者。
4) 本会の役員2名以上の推薦があった者。

本年度選考方針:
a. 本年度は、既に本来の所属企業を退職している方も対象として含めるものとし、表彰対象者数は、6名以内とする。
b. 地域・社会への貢献を重視する。
c. 本賞対象者の推薦に際しては、55〜65歳位を目安とし、70歳以上ならびに50歳以下は避ける。
d. 本来の所属企業で取締役になった人は避ける(理事、執行役員は対象とする)。但し、子会社等へ出向し役員になった方は候補者に含めて差し支えないものとする。
e. 女性に対する配慮を積極的に行う。
f. 43年度のJSQC理事は、今年度の推薦対象者から外す。

評価項目:
本賞の候補者に対して、主に次の観点から評価を行う。
【A】所属組織への貢献
a1   TQC/TQM/標準化/QCサークル活動等の推進
a2   品質管理に関する表彰・認証等の受審支援
a3   品質保証体制の確立
a4   その他特筆すべき活動
【B】地域・社会への貢献
b1 日本品質管理学会の発展
b2   デミング賞委員会/品質月間/関連学会等の活動を通じた品質管理の普及・発展
b3   標準化推進を通じた品質管理の普及・発展
b4   QCサークル活動の普及・発展
b5  

日科技連/規格協会等の関係諸団体への協力を通じた品質管理の普及・発展

b6   品質管理に関する国際協力
b7   品質管理への深い造詣に基づく著作等の活動を通じた品質管理の普及・発展
b8   その他特筆すべき活動

推薦必要書類: 推薦書(様式219-1)、業績リスト(様式219-2)、上司等の推薦書(様式219-3、ここで上司等とは、元・上司、現・関連部門長を含むものとする。)
様式については、下記Web頁よりダウンロードしてください。
URL:http://www.jsqc.org/ja/kiroku_houkoku/jushou.html
業績リスト(様式219-2)の業績については、上記の評価項目に対応した記述にしてください。
推  薦  締  切: 2014年6月30日(月)
メール送付先 : 2014kourou@jsqc.org
選        考: 日本品質管理学会 品質管理推進功労賞選考委員会が行う
発        表: 9月に開催される本学会理事会での承認後、本人ならびに推薦者に通知
表        彰: 2014年11月29日(土)
本学会 年次大会 授賞式
連     絡     先: 日本品質管理学会事務局
参        考: http://www.jsqc.org/ja/kiroku_houkoku/jushou/kouroushou.html

■「QMS有効活用及び審査研究部会 WG7 第4期研究報告書
―有効性の高いマネジメントシステムに向上させる審査のための
『審査技術基本ガイドブック』―」頒布のお知らせ

この度、標記の成果が本学会の研究成果としてまとめられましたので、ご希望の方に実費で頒布いたします。
申込方法 E-mailまたはFAXにて資料名、部数、会員番号、氏名、所属、送付先住所、電話番号をご連絡の上お申し込みください。
申 込 先 E-mail sec@jsqc.org FAX 03-5378-1507
資 料 代(税別) 1冊(A4判116頁)会員1,574円、非会員2,315円、QMS部会員は、1冊目に限り926円。
送   料 (冊子小包)1冊300円、(DM便)1冊170円、(レターパックライト)360円、他多数の場合、事務局までご連絡ください。申し込みと同時に下記宛お振込ください。
振 込 先 一般社団法人 日本品質管理学会 フリガナ:シャ)ニホンヒンシツカンリガッカイ
三菱UFJ銀行 渋谷支店 普通預金 4313820
資料は入金を確認の上、郵送いたします。 申込書

■2013年度デミング賞本賞を岩崎日出男氏が受賞

 本学会で理事や関西支部幹事長を歴任して来られた近畿大学名誉教授の岩崎日出男氏が2013年度デミング賞本賞を受賞されました。
氏は、近畿大学理工学部教授として研究と教育に従事するかたわら、デミング賞審査委員、海外技術者研修協会(現HIDA)理事、日科技連品質管理シンポジウム組織委員、クオリティフォーラム企画委員長、品質管理ベーシックコース運営委員長などの要職を通じて長年にわたりTQMの発展・普及に貢献してこられました。品質経営を目指す企業の指導、海外における日本的品質管理の普及にも尽力され、国内外を通じて産業界、品質管理界を指導してこられました。
今回、その功績が認められ受賞に至りました。おめでとうございます。

■圓川隆夫氏が紫綬褒章を受章

 本学会元会長で東京工業大学教授の圓川隆夫氏が平成25年秋の叙勲において紫綬褒章を受章されました。
圓川氏は、実務に近い管理技術を対象とした品質管理、生産管理、SCMを中心とする幅広い領域において顕著な研究業績を上げ、同分野の進化・発展に貢献されてきました。産官学の距離を縮めるとともに、日本や世界の品質向上、効率化に寄与する多大なる功績を上げてこられ、平成22年にはデミング賞本賞も受賞されています。
圓川氏の益々のご活躍を祈念するとともに、心よりお祝い申し上げます。

■ 新規研究会を受け付けます

 研究開発委員会では、本年度に設置する新規公募研究会の申請を受け付けます。奮って申請してください。特に、若手会員を主査とする研究会を歓迎いたします。
研究期間: 2014年4月〜2015年3月(1年間)
申請方法: 「新規研究会設置申請書」(様式204-1)をホームページよりダウンロードし、ご記入の上、郵送で本部事務局宛にお送りください。
http://www.jsqc.org/ja/oshirase/kenkyuukai_shinki.html
申込締切: 2014年2月14日(金)必着
研究会の申請と運営:
研究会の申請にあたり、申請者は共同研究者(学界・産業界)を5〜10人位事前に働きかけて集め、申請書に記入する。理事会承認後JSQCニューズでメンバーを公募する。
研究目的と年間の研究活動計画を作成する。
1研究会のメンバーは20人までとする。
会場は原則として日本科学技術連盟東高円寺ビル会議室を利用する。
時間は18時〜20時とし、食事を支給する。ただし、会場の都合がつけば午後でも可とする。
研究会運営費は一人1回当たり1,150円(内訳:通信費・資料代・食事代)。ただし、年間開催数は11回を限度とする。

第43年度研究助成募集要項

1. 趣   旨  
 21世紀を担う若手研究者や海外からの留学生に対し、その研究活動をサポートすることを目的とします。個人の研究への助成はもちろん、同じようなテーマを抱えた少数の若手研究者の研究集会への助成、海外の若手研究者の招聘への助成なども含みます。
2.助成金額 1件5万円 4件以内
3.期   間 1年間(第43年度:平成25年10月から平成26年9月)
4. 募集の対象
 選考時に申請者が日本品質管理学会の正会員もしくは準会員であり、次のいずれかの条件を満たす者とします。なお、本研究助成を過去2回採択されたことがある場合は対象から除外します。また、(2)の条件を満たす者については選考時に考慮をいたします。
(1) 申請時に35歳以下であり、大学、研究所、研究機関、教育機関等において研究活動に従事する者。
  (2) 申請時に日本の大学院に在籍する外国籍の留学生(年齢制約はありません)。
  (3) 申請時に35歳以下であり、海外の大学、研究所、研究機関、教育機関等において品質管理についての研究活動に従事する者で日本品質管理学会の主催する諸行事、または品質管理に関連する研究集会に参加しようとする者。ただし、申請は招聘者が行うこととします。
5. 助成対象  
 品質管理に関連した研究を対象とします。
6. その他の申請条件
(1) 報告書は所定の様式で提出してください。
  (2) 研究成果を当学会誌へ投稿、あるいは研究発表会などで発表することを奨励します。
  (3) 学生が申請をする場合、申請時に指導教官・指導教員の所見を必要とします。
7. 申請の方法
  以下をメールに添付してください。
「一般社団法人日本品質管理学会 研究助成交付申請書」(MS-Word文書)→
8. 募集期間 平成25年12月〜平成26年3月末日
9. 選考方法  
日本品質管理学会研究助成委員会が審査選考を行います。
10. 決定通知
平成26年4月末に採択者宛に通知します。
11.申請書提出先
日本品質管理学会 本部事務局
E-mail:office@jsqc.org

■青山学院大学理工学部経営システム工学科 教員公募

1. 募集人員 助教 1名
2. 所 理工学部経営システム工学科
3. 専門分野 経営システム工学(最適化技術領域公募その2)
(http://www.aoyama.ac.jp/recruit/detail52.htmlに掲載されている公募とは別の公募となります.
現在,経営システム工学科では,合計で2名の助教を公募しています)
オペレーションズ・リサーチ,数理モデル化と問題解決,シミュレーション,ビジュアリゼーション,アルゴリズム,数理工学などのキーワードに関連した研究分野が望ましい.
4. 教育担当 当該領域の卒業研究・修士研究の指導補佐,および経営システム工学関連の学部生向け実験・演習科目,最適化技術関連科目,計算機関連科目など
5. 応募資格
(1) 上記の科目が担当可能であり,学部および大学院の教育・研究に熱意があること
  (2) 博士の学位を有するか取得見込みであり,相模原と青山の両キャンパスに出講できること
  (3) グローバル化に熱意のある方
  (4) キリスト教に理解がある方
6. 着任時期 2014年4月1日
7. 任 5年まで(1年更新)
8. 勤 相模原キャンパス(相模原市中央区淵野辺5-10-1)
9. 待 青山学院就業規則・給与規則による
10. 提出書類
(1) 自筆履歴書 (市販用紙に写真添付)
  (2) 研究業績リスト(学術雑誌論文(査読付)、国際会議論文(査読付)、著書、総説および解説、学術講演・研究発表、特許、外部資金獲得状況などに分類)
  (3) 代表的な学術論文3編までを添付(別刷またはコピー)
  (4) 現在までの研究概要および教育・研究に関する抱負(1500字以内)
  (5) 応募者について所見が述べられる2名の氏名と連絡先・連絡方法
  (6) 確実かつ支障なく連絡のできる連絡先・連絡方法
11. 応募締切 2013年8月31日(土)消印有効
12.書類送付先および連絡先
〒252-5258 神奈川県相模原市中央区淵野辺5-10-1
青山学院大学理工学部経営システム工学科 学科主任 松本 俊之
電話TEL: 042-759-6305(直通)、e-mail: saiyo@ise.aoyama.ac.jp
  封筒に「教員採用関係書類在中(助教公募2)」と朱書きし、書留郵便で郵送してください。
応募書類は原則として返却しません。
  「男女共同参画社会基本法」の趣旨に則り,男女共同参画を推進しています.
13.その他 学科ホームページhttp://www.ise.aoyama.ac.jp 参照

■東京理科大学理工学部経営工学科 教員公募

(1)准教授または講師 1名
[応募締切日] 平成25年7月19日(金)必着
[所属] 東京理科大学理工学部経営工学科
[専門分野] 生産システム工学及び関連分野
[着任日] 平成26年4月1日
[応募資格] 博士の学位を有する方
[提出書類]
(1) 履歴書(写真貼付)
(2) 研究業績一覧表
(3) 主要論文の別刷り数編(コピー可,各1部)
(4) 研究業績の説明と着任後の研究と教育に対する抱負
(A4で各1枚程度)
(5) 推薦書を求めうる方2名の氏名と連絡先
(6) 学位記(博士)の写し
(7) 連絡先
[その他]  
応募書類は,封筒に「教員応募書類在中(准教授または講師)」と朱書きして簡易書留等で郵送してください.
応募の機密は厳守し,選考結果はご本人にお知らせします.
応募書類は返却しません.
 
(2)任期つき嘱託助教 1名
[応募締切日] 平成25年9月27日(金)必着
[所属] 東京理科大学理工学部経営工学科
[任期] 5年
[専門分野] 経営工学
[着任日] 平成26年4月1日
[応募資格] 博士の学位を有する方,着任日までに取得見込みの方.
[提出書類]
(1) 履歴書(写真貼付)
(2) 研究業績一覧表
(3) 主要論文の別刷り数編(コピー可,各1部)
(4) 研究業績の説明と着任後の研究と教育に対する抱負
(A4で各1枚程度)
(5) 推薦書を求めうる方2名の氏名と連絡先
(6) 学位記(博士)の写し(既取得者)
(7) 連絡先
[その他]  
応募書類は,封筒に「教員応募書類在中(嘱託助教)」と朱書きして簡易書留等で郵送してください.
応募の機密は厳守し,選考結果はご本人にお知らせします.
応募書類は返却しません.
 
[書類提出先・問い合わせ先]
書類送付先:〒278-8510 千葉県野田市山崎2641
東京理科大学理工学部経営工学科主任 鈴木知道
問い合わせ先:メール szk@rs.tus.ac.jp
電話04-7122-9791 または 04-7122-9554(学科事務室)

■神奈川大学 国際経営学科 専任教員公募

1. 募集人員 准教授または助教 1名
2. 学部学科 経営学部国際経営学科
3. 専攻分野 経営学
4. 採用予定 2014年4月1日
5. 応募資格・提出書類等詳細については以下をご覧ください。
http://www.kanagawa-u.ac.jp/employment/professor/fulltime/
6. 応募締切 2013年9月7日(土)必着
7. 問合せ先
神奈川大学 経営学部 学部長室
TEL:0463-59-4111(内線3110) E-mail:fs111755zo@kanagawa-u.ac.jp
8. 書類送付先
〒259-1293 神奈川県平塚市土屋2946
神奈川大学 湘南ひらつかキャンパス 経営学部長室気付
経営学部長 後藤 伸 宛

■ 慶應義塾大学理工学部数理科学科 教員公募

1.募集人員 1名(教授あるいは准教授)      
2.専門分野 統計科学
3.着任時期 2014年4月1日
4.応募期限 2013年6月17日(必着)
5.書類送付先および問合せ先
〒223-8522 横浜市港北区日吉3-14-1
慶應義塾大学理工学部 数理科学科主任 太田 克弘
chair@math.keio.ac.jp
詳細は,以下の慶應義塾大学理工学部HPをご覧ください.
http://www.st.keio.ac.jp/corporations/recruit/index.html

■青山学院大学理工学部経営システム工学科 教員公募

1. 募集人員 助教 1名
2. 所 理工学部経営システム工学科
3. 専門分野 経営システム工学(最適化技術領域)
集合知,集団意思決定,自律分散システム,マルチエージェントシステム,
ヒューマンコンピュータインタラクション,ヒューマンコンピュテーション,
クラウドソーシング,予測市場,ソーシャルメディアマイニング,CSCW,
Webインタラクションなどのキーワードに関連した研究分野が望ましい。
4. 教育担当 当該領域の卒業研究・修士研究の指導補佐,および経営システム工学関連の学部生向け実験・演習科目,最適化技術関連科目,計算機関連科目など
5. 応募資格
(1) 上記の科目が担当可能であり,学部および大学院の教育・研究に熱意があること
  (2) 博士の学位を有するか取得見込みであり,相模原と青山の両キャンパスに出講できること
  (3) グローバル化に熱意のある方
  (4) キリスト教に理解がある方
6. 着任時期 2014年4月1日
7. 任 5年まで(1年更新)
8. 勤 相模原キャンパス(相模原市中央区淵野辺5-10-1)
9. 待 青山学院就業規則・給与規則による
10. 提出書類
(1) 自筆履歴書 (市販用紙に写真添付)
  (2) 研究業績リスト(学術雑誌論文(査読付)、国際会議論文(査読付)、著書、総説および解説、学術講演・研究発表、特許、外部資金獲得状況などに分類)
  (3) 代表的な学術論文3編までを添付(別刷またはコピー)
  (4) 現在までの研究概要および教育・研究に関する抱負(1500字以内)
  (5)

応募者について所見が述べられる2名の氏名と連絡先・連絡方法

  (6) 確実かつ支障なく連絡のできる連絡先・連絡方法
11. 応募締切 2013年8月31日(土)消印有効
12.書類送付先および連絡先
〒252-5258 神奈川県相模原市中央区淵野辺5-10-1
青山学院大学理工学部経営システム工学科 学科主任 松本 俊之
電話TEL: 042-759-6305(直通)、e-mail: saiyo@ise.aoyama.ac.jp
  封筒に「教員採用関係書類在中」と朱書きし、書留郵便で郵送してください。
なお、応募書類は原則として返却しません。
13.その他 学科ホームページhttp://www.ise.aoyama.ac.jp 参照

■ 第42年度 品質管理推進功労賞:学会員の皆様 候補者の推薦をお願いいたします!

 日本品質管理学会品質管理推進功労賞は、品質管理推進に尽力されている多くの方々に活力を与え、品質管理の発展がより加速され、ひいては産業界の発展に寄与できることを願って創設されました。本年度は第13回となり、次の要領で実施いたしますので、奮ってご推薦の程お願いします。但し、推薦にあたっては次の点にご配慮ください。

1) 本賞選考の推薦は全てEメールにてお願いします。
2) 推薦に際しては、予め被推薦者の了解を得て、被推薦者本人の確認を受けた書類を送付してください。
本賞の授賞資格(品質管理推進功労賞内規):
以下のいずれかの条件を満たす会員とする。
1) 企業・各種団体(以下、組織という。)に所属し、所属組織の品質管理の実践と推進に多大な貢献をした、もしくは、していると認められる者。
2) 組織に所属し、本会に対する多大な貢献があった、もしくはある者。
3) 組織に所属し、品質管理に対する造詣が深い者。
4) 本会の役員2名以上の推薦があった者。

本年度選考方針:
a. 本年度は、既に本来の所属企業を退職している方も対象として含めるものとし、表彰対象者数は、6名以内とする。
b. 地域・社会への貢献を重視する。
c. 本賞対象者の推薦に際しては、55〜65歳位を目安とし、70歳以上ならびに50歳以下は避ける。
d. 本来の所属企業で取締役になった人は避ける(理事、執行役員は対象とする)。但し、子会社等へ出向し役員になった方は候補者に含めて差し支えないものとする。
e. 女性に対する配慮を積極的に行う。
f. 42年度のJSQC理事は、今年度の推薦対象者から外す。

評価項目:
本賞の候補者に対して、主に次の観点から評価を行う。
【A】所属組織への貢献
a1   TQC/TQM/標準化/QCサークル活動等の推進
a2   品質管理に関する表彰・認証等の受審支援
a3   品質保証体制の確立
a4   その他特筆すべき活動
【B】地域・社会への貢献
b1 日本品質管理学会の発展
b2   デミング賞委員会/品質月間/関連学会等の活動を通じた品質管理の普及・発展
b3   標準化推進を通じた品質管理の普及・発展
b4   QCサークル活動の普及・発展
b5  

日科技連/規格協会等の関係諸団体への協力を通じた品質管理の普及・発展

b6   品質管理に関する国際協力
b7   品質管理への深い造詣に基づく著作等の活動を通じた品質管理の普及・発展
b8   その他特筆すべき活動

推薦必要書類: 推薦書(様式219-1)、業績リスト(様式219-2)、上司等の推薦書(様式219-3、ここで上司等とは、元・上司、現・関連部門長を含むものとする。)
様式については、下記Web頁よりダウンロードしてください。
URL:http://www.jsqc.org/ja/kiroku_houkoku/jushou.html
業績リスト(様式219-2)の業績については、上記の評価項目に対応した記述にしてください。
推  薦  締  切: 2013年6月30日(日)
メール送付先 : 2013kourou@jsqc.org
選        考: 日本品質管理学会 品質管理推進功労賞選考委員会が行う
発        表: 9月に開催される本学会理事会での承認後、本人ならびに推薦者に通知
表        彰: 2013年11月16日(土)
本学会 年次大会 授賞式(大阪大学 吹田キャンパス)
連     絡     先: 日本品質管理学会事務局
参        考: http://www.jsqc.org/ja/kiroku_houkoku/jushou/kouroushou.html

■ 2012年度デミング賞本賞を中尾眞氏が受賞

 本学会正会員で(株)ジーシー代表取締役社長の中尾眞氏が本年度デミング賞本賞を受賞されました。氏は社長就任以来30年にわたって同社のTQM推進の役割を自ら努め、2000年にD賞実施賞、その後、日本品質管理賞を受賞し積極的な海外展開により同社をグローバル企業に育てられました。
またグループ各社も品質奨励賞2社、デミング賞実施賞2社、日本品質管理賞1社とTQMの輪を広げ、更には歯科産業界にもTQMを普及すべく歯科医師会、歯科医学会と連携しTQMを基本としたビジョン経営の考え方を導入して「歯科医療機器産業ビジョン」をとりまとめ、その具現化に努力されました。
今回その功績が認められ受賞にいたりました。受賞誠におめでとうございました。

■ 新規研究会を受け付けます

 研究開発委員会では、本年度に設置する新規公募研究会の申請を受け付けます。奮って申請してください。特に、若手会員を主査とする研究会を歓迎いたします。
研究期間: 2013年4月〜2014年3月(1年間)
申請方法: 「新規研究会設置申請書」(様式204-1)をホームページよりダウンロードし、ご記入の上、郵送で本部事務局宛にお送りください。
http://www.jsqc.org/ja/oshirase/kenkyuukai_shinki.html
申込締切: 2013年2月15日(金)必着
研究会の申請と運営:
研究会の申請にあたり、申請者は共同研究者(学界・産業界)を5〜10人位事前に働きかけて集め、申請書に記入する。理事会承認後JSQCニューズでメンバーを公募する。
研究目的と年間の研究活動計画を作成する。
1研究会のメンバーは20人までとする。
会場は原則として日本科学技術連盟東高円寺ビル会議室を利用する。
時間は18時〜20時とし、食事を支給する。ただし、会場の都合がつけば午後でも可とする。
研究会運営費は一人1回当たり1,150円(内訳:通信費・資料代・食事代)。ただし、年間開催数は11回を限度とする。

第42年度研究助成募集要項

1. 趣   旨  
 21世紀を担う若手研究者や海外からの留学生に対し、その研究活動をサポートすることを目的とします。個人の研究への助成はもちろん、同じようなテーマを抱えた少数の若手研究者の研究集会への助成、海外の若手研究者の招聘への助成なども含みます。
2.助成金額 1件5万円 4件以内
3.期   間 1年間(第42年度:平成24年10月から平成25年9月)
4. 募集の対象
 選考時に申請者が日本品質管理学会の正会員もしくは準会員であり、次のいずれかの条件を満たす者とします。なお、本研究助成を過去2回採択されたことがある場合は対象から除外します。また、(2)の条件を満たす者については選考時に考慮をいたします。
(1) 申請時に35歳以下であり、大学、研究所、研究機関、教育機関等において研究活動に従事する者。
  (2)

申請時に日本の大学院に在籍する外国籍の留学生(年齢制約はありません)。

  (3) 申請時に35歳以下であり、海外の大学、研究所、研究機関、教育機関等において品質管理についての研究活動に従事する者で日本品質管理学会の主催する諸行事、または品質管理に関連する研究集会に参加しようとする者。ただし、申請は招聘者が行うこととします。
5. 助成対象  
 品質管理に関連した研究を対象とします。
6. その他の申請条件
(1) 報告書は所定の様式で提出してください。
  (2) 研究成果を当学会誌へ投稿、あるいは研究発表会などで発表することを奨励します。
  (3) 学生が申請をする場合、申請時に指導教官・指導教員の所見を必要とします。
7. 申請の方法
  以下をメールに添付してください。
「一般社団法人日本品質管理学会 研究助成交付申請書」(MS-Word文書)→
8. 募集期間 平成24年12月〜平成25年3月末日
9. 選考方法  
日本品質管理学会研究助成委員会が審査選考を行います。
10. 決定通知
平成25年4月末に採択者宛に通知します。
11.申請書提出先
日本品質管理学会 本部事務局
E-mail:office@jsqc.org

■文教大学情報学部情報社会学科(設置構想中) 教員公募

1. 職名・募集人数 専任教員(教授・准教授・講師のいずれか)1名
2. 担当学部・研究科等 文教大学情報学部情報社会学科(設置構想中)
3. 募集分野 (1)「ソフトウエアの品質」関連
ソフトウエアや情報システムの構築に係わる,品質管理、開発計画、テスト技法などに関する講義と演習を担当。
(2)「問題解決法」関連
データ分析力と課題抽出力を得るためのロジカルな思考力を養成することを目的とする問題解決法の他,経営戦略論,ビジネスモデル論などに関する講義と演習を担当。
4. 採用予定日 平成26年4月1日
5. 応募資格・提出書類等詳細については以下をご覧ください。
  http://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=4&id=D112090847&ln_jor=0
http://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=4&id=D112090850&ln_jor=0

文教大学ホームページ(応募書類をダウンロードすることができます)
http://www.bunkyo.ac.jp/gakuen/saiyo.htm
6. 応募締切 平成24年10月31日(水)郵送必着
7. 問い合わせ先  
  【科目内容】 情報学部教授 関 哲朗
E-mail :seki@shonan.bunkyo.ac.jp
@を半角にして送信してください.
  【事務手続】 湘南校舎事務局総務課
Tel:0467-53-2111(代)
8. 書類送付先  
  〒253-8550 神奈川県茅ヶ崎市行谷1100番地
文教大学湘南校舎 総務課 教員公募係
※封筒に「ソフトウエアの品質教員応募書類」と朱書し、書留郵便にて送付して下さい。

電気通信大学 大学院情報システム学研究科 教員公募(TT助教)

1. 職名・募集人数 テニュアトラック助教1名
2. 担当学部・研究科等 大学院情報システム学研究科社会知能情報学専攻
3. 専門分野 リスクマネジメント分野
4. 採用予定日 平成25年4月1日
5. 応募資格・提出書類等詳細については以下をご覧ください。
  http://www.uec.ac.jp/about/advertisement/pdf/ad_20120822.pdf
6. 応募締切 平成24年10月31日(水)必着
7. 問い合わせ先  
  電気通信大学 大学院情報システム学研究科 社会知能情報学専攻長 田中健次
E-mail:tanaka@is.uec.ac.jp
8. 書類送付先  

  〒182-8585  東京都調布市調布ケ丘1−5−1
電気通信大学 大学院情報システム学研究科 事務室宛


■池澤辰夫氏が瑞宝中綬章を受章

 本学会名誉会員・元会長で早稲田大学名誉教授の池澤辰夫氏が平成24年度春の叙勲で瑞宝中綬章を受章されました。
池澤氏は、独自の「問題解決のためのQCストーリー」の提唱、また全社的品質管理の展開と共に、製造、技術部門のみならず製造業における事務、営業、サービス部門への普及、さらにサービス産業への導入、普及をされました。
永年にわたる品質管理の発展への多大な貢献による受章、誠におめでとうございました。

電気通信大学 大学院情報システム学研究科 教員公募

1. 職名・募集人数 教授2名 准教授1名
2. 担当学部・研究科等 大学院情報システム学研究科社会知能情報学専攻
3. 専門分野 社会知能情報学分野
4. 採用予定日 平成25年4月1日
5. 応募資格・提出書類等詳細については以下をご覧ください。
  http://www.uec.ac.jp/about/advertisement/pdf/ad_20120816-2.pdf
6. 応募締切 平成24年10月17日(水)必着
7. 問い合わせ先  
  電気通信大学 大学院情報システム学研究科 社会知能情報学専攻長 田中健次
E-mail:tanaka@is.uec.ac.jp
8. 書類送付先  

  〒182-8585  東京都調布市調布ケ丘1−5−1
電気通信大学 大学院情報システム学研究科 事務室宛 


■東京理科大学理工学部経営工学科 教員公募(准教授・講師)

[職名及び人数] 准教授または講師 1名
[所属] 東京理科大学理工学部経営工学科
[専門分野] IE,OR及び関連分野
[着任日] 平成25年4月1日
[応募資格] 博士の学位を有する方
[提出書類]
(1) 履歴書(写真貼付)
(2) 研究業績一覧表
(3) 主要論文の別刷り数編(コピー可,各1部)
(4) 研究業績の説明と着任後の研究と教育に対する抱負
(A4で各1枚程度)
(5) 推薦書を求めうる方2名の氏名と連絡先
(6) 学位記(博士)の写し
(7) 連絡先
[応募締切日] 平成24年9月28日(金)必着

[書類提出先・問い合わせ先]

  書類送付先:〒278-8510 千葉県野田市山崎2641
東京理科大学理工学部経営工学科主任 鈴木知道
問い合わせ先:メール szk@rs.tus.ac.jp
電話04-7122-9791 または 04-7122-9554(学科事務室)
[その他]  
・応募書類は,封筒に「教員応募書類在中」と朱書きして簡易書留等で郵送してください.
・応募の機密は厳守し,選考結果はご本人にお知らせします.
・応募書類は原則として返却しません.

■東京理科大学理工学部経営工学科 教員公募(嘱託助教)

[職名及び人数] 任期つき嘱託助教 2名
[所属] 東京理科大学理工学部経営工学科
[任期] 5年
[専門分野] 経営工学
[着任日]

平成25年4月1日

[応募資格] 博士の学位を有する方,着任日までに取得見込みの方.
[提出書類]
(1) 履歴書(写真貼付)
(2) 研究業績一覧表
(3) 主要論文の別刷り数編(コピー可,各1部)
(4) 研究業績の説明と着任後の研究と教育に対する抱負
(A4で各1枚程度)
(5) 推薦書を求めうる方2名の氏名と連絡先
(6) 学位記(博士)の写し(既取得者)
(7) 連絡先
[応募締切日] 平成24年9月28日(金)必着

[書類提出先・問い合わせ先]

  書類送付先:〒278-8510 千葉県野田市山崎2641
東京理科大学理工学部経営工学科主任 鈴木知道
問い合わせ先:メール szk@rs.tus.ac.jp
電話04-7122-9791 または 04-7122-9554(学科事務室)
[その他]  
・応募書類は,封筒に「教員応募書類在中」と朱書きして簡易書留等で郵送してください.
・応募の機密は厳守し,選考結果はご本人にお知らせします.
・応募書類は原則として返却しません.

千葉工業大学 社会システム科学部 専任教員募集

1. 募集人員 経営情報科学科1名、プロジェクトマネジメント学科1名、計2名
教授、准教授、または助教
2. 研究分野  
(1) 経営学・社会システム工学分野
  (2) プロジェクトマネジメント分野
3. 担当科目  
   学部の主な担当予定科目は以下の通りです。大学院での講義も担当することが求められます。
 

【経営情報科学科】

(1) 「経営管理論」、「組織学習」、「企業と経営」等
  【プロジェクトマネジメント学科】
  (2)

「プロジェクトエンジニアリング」、「経営システム工学」等

4. 応募資格 下記の(1)〜(4)を満たす方
(1) 社会システム科学部での教育研究に熱意のある方
  (2) 日本語で講義が可能な方
  (3) 博士の学位を有する方
  (4) 大学院での指導資格を有する方
5. 着任時期 2013年4月1日
6. 提出書類 以下の書類をA4用紙で提出してください。書式は自由。
(1) 履歴書(大学卒以降の学歴、学位・称号、職歴、工業所有権、教育業績、社会活動業績(学会等)、賞罰、住所、電話、電子メールアドレス等を記載のこと)
  (2) 研究業績リスト(年号西暦、最新のものから年月順に記載のこと)
(a)著書(共著であれば執筆担当の章、ページ等を記載のこと)
(b)研究論文および国際会議proceedings(査読の有無を明記のこと)
(c)一般講演論文
(d)その他工業所有権等
  (3) これまでの研究活動とその内容の要約(2,000字程度)
  (4) 教育に対する抱負(1,000字程度)
  (5) 推薦書(所属学会会員からの推薦書が1通あることが好ましい、複数可)
7. 応募期限 2012年10月8日(月)(当日消印有効)
8. 選考方法  
 書類による1次選考を行い、選ばれた候補者の中から面接(2次選考)の上、決定します。面接は10月27日、28日を予定しています。
9. 採否の決定 2013年1月予定
10. 採用条件と給与
 採用後3年間は年度毎の雇用契約更新制とし、その間の教育・研究業績、素行等に問題があると判断された場合は、中途で雇用を打ち切ることがあります。最終雇用契約期間満了時点で特に問題無と判断された場合には、65歳定年制の専任教員に身分変更されます。なお、雇用契約期間中は、雇用契約期間が定められていること以外、処遇等は65歳定年制の専任教員と同一です。
11. 書類送付先および連絡先
〒275-0016 千葉県習志野市津田沼2-17-1
千葉工業大学 社会システム科学部 経営情報科学科 教授 井上 明也
E-mail akiya.inoue@it-chiba.ac.jp TEL047-478-0349(井上研究室直通)

 書類提出は書留郵便または宅配便など、授受の確認ができる方法にて、封筒に「社会システム科学部教員応募書類在中」と朱書きして送付してください。ご質問や問い合わせは,原則としてEメールにてお願いします。件名は「社会システム科学部教員応募」と記載してください。
なお、ご提出いただいた書類に記載された個人情報は,採用選考および採用可否の連絡のみに使用いたします。また,ご提出いただいた書類は原則として返却せず,本学で責任を持って破棄しますのでご了解ください.


■本学会名誉会員の司馬正次氏がインド政府からPadma Shri(パドマ・シュリ)勲章を受章

司馬 正司氏より受章の喜びをご寄稿いただきましたので、以下にご紹介し、心からお祝い申し上げます。

 今回の受章は、私がチーフアドバイザーを務める日印の国家プロジェクト“インド製造業経営幹部育成支援(VLFM)プログラム”が、インド製造業に大きなインパクトを与えたことが評価されたためであります(日本側はJICAのプロジェクトとして実施)。
この勲章は、インドでもっとも権威のある勲章であり、大変光栄なことと思っています。授与式はインド大統領官邸で3月22日に行われ、大統領より直接頂きました。日本のモノづくりに携わるものとして、大変意義のあることと思っています。それは、日本のモノづくりに対するインド政府の強い信頼のメッセージだからです。
振り返れば、石川 馨先生が、1986年にCII(Confederation of Indian industry)の要請を受けてインドを訪問されてより、日本のQC界は、インドと長く、深い関係があります。それは多くのインド企業がデミング賞への挑戦を続けていることからも明らかです。
今回の受章は、日本とインドとのモノづくりを通しての深いつながりの上でのものであり、私の貢献というよりも、その様な長い歴史の流れの中のできごとであり、多くの先人のご努力に心から敬意を表す次第です。


■青山学院大学理工学部経営システム工学科 教員公募

1. 募集人員 教授または准教授 1名
2. 所 理工学部経営システム工学科
3. 専門分野 システム工学
4. 担当科目 下記の専門科目とその他の経営工学関連科目から数科目
・専門科目:システム工学、システムデザイン
・その他の基礎科目:情報処理実習、プログラミング基礎、計算機実習、経営システム工学体験演習、経営システム工学実験、社会と経営システム工学、一般経営工学など
・英語で授業もできる事が望ましい
5. 応募資格
(1) 博士の学位を有し、学部および大学院の教育・研究に熱意のある方
  (2) 専門分野について優れた業績を有する方
  (3) グローバル化に熱意のある方
  (4) キリスト教に理解のある方
  (5) 相模原と青山の両キャンパスに出講できる方
6. 着任時期 2013年4月1日
7. 提出書類
(1) 自筆履歴書 (市販用紙に写真添付)
  (2) 研究業績リスト(著書、学術雑誌論文(査読付)、国際会議論文(査読付)、特許、外部資金獲得状況、総説および解説、学術講演・研究発表等に分類)
  (3) 代表的な学術論文5編を添付(別刷またはコピー)
  (4) 現在までの研究概要ならびに今後の研究計画(1500字以内)
  (5) 教育経験ならびに教育に関する抱負(1500字以内)
  (6) 担当を希望するその他の基礎科目
  (7) 応募者について所見が述べられる2名の氏名と連絡先・連絡方法
  (8) 確実かつ支障なく連絡のできる連絡先・連絡方法
8. 応募締切 2012年7月20日(金)消印有効
9.書類送付先および連絡先
〒252-5258 神奈川県相模原市中央区淵野辺5-10-1
青山学院大学理工学部経営システム工学科 学科主任 石津 昌平
電話TEL: 042-759-6305(直通)、e-mail: saiyo@ise.aoyama.ac.jp
  封筒に「教員採用関係書類在中」と朱書きし、書留郵便で郵送してください。
なお、応募書類は原則として返却しません。
10.その他 学科ホームページhttp://www.ise.aoyama.ac.jp 参照

■青山学院大学理工学部経営システム工学科 教員公募

1. 募集人員 助手または助教1名
2. 所 理工学部経営システム工学科
3. 専門分野 システム工学
4. 教育担当 卒業研究・修士研究の指導補佐および学部生向け経営システム工学の実験・演習科目,システム工学関連科目,計算機関連科目の担当
5. 応募資格
(1) 上記の科目が担当可能であり,学部および大学院の教育・研究に熱意があること.
  (2) 助手の場合は博士または修士の学位を有するか取得見込みであること.
  (3) 助教の場合は博士の学位を有するか取得見込みであり,相模原と青山の両キャンパスに出講できること.
  (4) グローバル化に熱意のある方.
  (5) キリスト教に理解がある方.
6. 着任時期 2013年4月1日
7. 任 助手は3年まで(1年更新)、助教は5年まで(1年更新)
8. 提出書類
(1) 自筆履歴書(市販用紙に写真添付)
  (2) 研究業績リスト(著書,学術雑誌論文(査読付),国際会議論文(査読付),特許,外部資金獲得状況,総説および解説,学術講演・研究発表等に分類)
  (3) 代表的な学術雑誌論文3編までを添付(別刷またはコピー)
  (4) 応募する専門分野および現在までの研究概要ならびに教育・研究に関する抱負(1500字以内)
  (5)

確実かつ支障なく連絡のできる連絡先・連絡方法

9. 応募締切 2012年7月20日(金)消印有効
10.書類送付先および連絡先
〒252-5258 神奈川県相模原市中央区淵野辺5-10-1
青山学院大学理工学部経営システム工学科 学科主任 石津 昌平
電話TEL: 042-759-6305(直通),e-mail: saiyo@ise.aoyama.ac.jp
  封筒に「助手・助教教員採用関係書類在中」と朱書きし,書留郵便で郵送してください.
なお,応募書類は原則として返却しません.
11.その他 学科ホームページ http://www.ise.aoyama.ac.jp 参照

■ 新規研究会メンバー募集

先進的生産方式に対する工程管理研究会
多品種少量生産,変種変量生産を実現するために高度化し,複雑化した現在の製造現場では,品質データも多種多様,複雑になっているのではないでしょうか.本研究会では,キズや異物を検知するための画像データや計測が不完全で歯抜け状態のデータなど,従来の統計的工程管理手法ではうまく処理できないプロセスデータに対して,事例を通して実践的な解析法および管理法を研究します.このような事例をお持ちの方,新しいデータ解析法を実践して成果を挙げたい方,また,成果を挙げられた方にご参加いただければ幸いです.
安井清一(東京理科大学 理工学部 助教)
開 催 日 5月下旬に第1回開催予定
日科技連 東高円寺ビル
申込方法 本部事務局宛に会員番号・氏名・所属・連絡先を明記の上、FAXまたはE-Mail(office@jsqc.org)にてお申し込みください。
20名

■ 第41年度 品質管理推進功労賞:学会員の皆様 候補者の推薦をお願いいたします!

 日本品質管理学会品質管理推進功労賞は、品質管理推進に尽力されている多くの方々に活力を与え、品質管理の発展がより加速され、ひいては産業界の発展に寄与できることを願って創設されました。本年度は第12回となり、次の要領で実施いたしますので、奮ってご推薦の程お願いします。但し、推薦にあたっては次の点にご配慮ください。

1) 本賞選考の推薦は全てEメールにてお願いします。
2) 推薦に際しては、予め被推薦者の了解を得て、被推薦者本人の確認を受けた書類を送付してください。
本賞の授賞資格(品質管理推進功労賞内規):
以下のいずれかの条件を満たす会員とする。
1) 企業・各種団体(以下、組織という。)に所属し、所属組織の品質管理の実践と推進に多大な貢献をした、もしくは、していると認められる者。
2) 組織に所属し、本会に対する多大な貢献があった、もしくはある者。
3) 組織に所属し、品質管理に対する造詣が深い者。
4) 本会の役員2名以上の推薦があった者。

本年度選考方針:
a. 本年度は、既に本来の所属企業を退職している方も対象として含めるものとし、表彰対象者数は、6名以内とする。
b. 地域・社会への貢献を重視する。
c. 本賞対象者の推薦に際しては、55〜65歳位を目安とし、70歳以上ならびに50歳以下は避ける。
d. 本来の所属企業で取締役になった人は避ける(理事、執行役員は対象とする)。但し、子会社等へ出向し役員になった方は候補者に含めて差し支えないものとする。
e. 女性に対する配慮を積極的に行う。
f. 41年度のJSQC理事は、今年度の推薦対象者から外す。

評価項目:
本賞の候補者に対して、主に次の観点から評価を行う。
【A】所属組織への貢献
a1   TQC/TQM/標準化/QCサークル活動等の推進
a2   品質管理に関する表彰・認証等の受審支援
a3   品質保証体制の確立
a4   その他特筆すべき活動
【B】地域・社会への貢献
b1 日本品質管理学会の発展
b2   デミング賞委員会/品質月間/関連学会等の活動を通じた品質管理の普及・発展
b3   標準化推進を通じた品質管理の普及・発展
b4   QCサークル活動の普及・発展
b5   日科技連/規格協会等の関係諸団体への協力を通じた品質管理の普及・発展
b6   品質管理に関する国際協力
b7   品質管理への深い造詣に基づく著作等の活動を通じた品質管理の普及・発展
b8   その他特筆すべき活動

推薦必要書類: 推薦書(様式219-1)、業績リスト(様式219-2)、上司等の推薦書(様式219-3、ここで上司等とは、元・上司、現・関連部門長を含むものとする。)
様式については、下記Web頁よりダウンロードしてください。
URL:http://www.jsqc.org/ja/kiroku_houkoku/jushou.html
業績リスト(様式219-2)の業績については、上記の評価項目に対応した記述にしてください。
推  薦  締  切: 2012年6月30日(土)
メール送付先 : 2012kourou@jsqc.org
選        考: (社)日本品質管理学会 品質管理推進功労賞選考委員会が行う
発        表: 9月に開催される本学会理事会での承認後、本人ならびに推薦者に通知
表        彰: 2012年10月27日(土)
本学会 年次大会 授賞式
連     絡     先: (社)日本品質管理学会事務局
参        考: http://www.jsqc.org/ja/kiroku_houkoku/jushou/kouroushou.html

■青山学院大学理工学部経営システム工学科 教員公募

1. 募集人員 助手または助教1名
2. 所 理工学部経営システム工学科
3. 専門分野 経営工学(IEまたは生産工学)
4. 教育担当 学部生向け経営システム工学の実験・演習科目,IE関連科目,計算機関連科目,卒業研究・修士研究の指導補佐など
5. 応募資格
(1) 上記の科目が担当可能であり,学部および大学院の教育・研究に熱意があること.
  (2) 助手の場合は博士または修士の学位を有するか取得見込みであること.
  (3) 助教の場合は博士の学位を有するか取得見込みであり,相模原と青山の両キャンパスに出講できること.
  (4) キリスト教に理解があること.
6. 着任時期 2012年9月1日
7. 任 任期1年 但し助手は1年更新で2回まで,助教は1年更新で4回まで規定により更新可能
8. 提出書類
(1) 自筆履歴書(市販用紙に写真添付)
  (2) 研究業績リスト(著書,学術雑誌論文(査読付),国際会議論文(査読付),特許,外部資金獲得状況,総説および解説,学術講演・研究発表等に分類)
  (3) 代表的な学術雑誌論文3編までを添付(別刷またはコピー)
  (4) 応募する専門分野および現在までの研究概要ならびに教育・研究に関する抱負(1500字以内)
  (5)

確実かつ支障なく連絡のできる連絡先・連絡方法

9. 応募締切 2012年4月25日(水) 消印有効
10.書類送付先および連絡先
〒252-5258 神奈川県相模原市中央区淵野辺5-10-1
青山学院大学理工学部経営システム工学科 学科主任 石津 昌平
電話TEL: 042-759-6305(直通),e-mail: saiyo@ise.aoyama.ac.jp
  封筒に「教員採用関係書類在中(IE分野)」と朱書きし,書留郵便で郵送してください.なお,応募書類は原則として返却しません.
11.その他 学科ホームページhttp://www.ise.aoyama.ac.jp 参照

青山学院大学理工学部経営システム工学科 教員公募

1. 募集人員 助手または助教1名
2. 所 理工学部経営システム工学科
3. 専門分野 経営工学(統計的品質管理または生産工学)
4. 教育担当 学部生向け経営システム工学の実験・演習科目,品質管理関連科目,計算機関連科目,卒業研究・修士研究の指導補佐など
5. 応募資格
(1) 上記の科目が担当可能であり,学部および大学院の教育・研究に熱意があること.
  (2) 助手の場合は博士または修士の学位を有するか取得見込みであること.
  (3) 助教の場合は博士の学位を有するか取得見込みであり,相模原と青山の両キャンパスに出講できること.
  (4) キリスト教に理解があること.
6. 着任時期 2012年9月1日
7. 任 任期1年 但し助手は1年更新で2回まで、助教は1年更新で4回まで規定により更新可能
8. 提出書類
(1) 自筆履歴書(市販用紙に写真添付)
  (2) 研究業績リスト(著書,学術雑誌論文(査読付),国際会議論文(査読付),特許,外部資金獲得状況,総説および解説,学術講演・研究発表等に分類)
  (3) 代表的な学術雑誌論文3編までを添付(別刷またはコピー)
  (4) 応募する専門分野および現在までの研究概要ならびに教育・研究に関する抱負(1500字以内)
  (5) 確実かつ支障なく連絡のできる連絡先・連絡方法
9. 応募締切 2012年4月10日(火)消印有効
10.書類送付先および連絡先
〒252-5258 神奈川県相模原市中央区淵野辺5-10-1
青山学院大学理工学部経営システム工学科 学科主任 石津 昌平
電話TEL: 042-759-6305(直通),e-mail: saiyo@ise.aoyama.ac.jp
  封筒に「教員採用関係書類在中」と朱書きし,書留郵便で郵送してください.なお,応募書類は原則として返却しません.
11.その他 学科ホームページ http://www.ise.aoyama.ac.jp 参照

■ 新規研究会を受け付けます

 研究開発委員会では、本年度に設置する新規公募研究会の申請を受け付けます。奮って申請してください。特に、若手会員を主査とする研究会を歓迎いたします。
研究期間: 2012年4月〜2013年3月(1年間)
申請方法: 「新規研究会設置申請書」(様式204-1)をホームページよりダウンロードし、ご記入の上、郵送で本部事務局宛にお送りください。
http://www.jsqc.org/ja/oshirase/kenkyuukai_shinki.html
申込締切: 2012年2月17日(金)必着
研究会の申請と運営:
研究会の申請にあたり、申請者は共同研究者(学界・産業界)を5〜10人位事前に働きかけて集め、申請書に記入する。理事会承認後JSQCニューズでメンバーを公募する。
研究目的と年間の研究活動計画を作成する。
1研究会のメンバーは20人までとする。
会場は原則として日本科学技術連盟東高円寺ビル会議室を利用する。
時間は18時〜20時とし、食事を支給する。ただし、会場の都合がつけば午後でも可とする。
研究会運営費は一人1回当たり1,150円(内訳:通信費・資料代・食事代)。ただし、年間開催数は11回を限度とする。

■豊田幹司郎氏が旭日重光賞を受章

 本学会正会員でアイシン精機(株)取締役会長 豊田幹司郎氏が、平成23年度秋の叙勲で、標記の勲章を受章されました。
豊田氏は同社の経営理念である「品質至上」に固い信念と強い拘りを持ち、部品メーカーとしては比類なきテストコースを北海道に建設する等、信頼性評価の強化による品質の確保に多大な精力を注ぎ、常にお客様を意識した経営姿勢により、同社が今日まで発展する礎を築きました。
また、(株)日本自動車部品工業会や愛知県公安委員会など諸団体の役員としても業界および地域の発展に貢献されています。受章おめでとうございました。


■「日本の品質を論ずるための品質管理用語の定義と解説(PartU)」頒布のお知らせ

この度、標記の成果がまとめられましたので、ご希望の会員の方に実費で頒布いたします。

申 込 方 法 : E-mailまたはFAXにて資料名、部数、会員番号、氏名、所属、送付先住所、電話番号をご連絡の上お申し込みください。
申  込  先  : E-mail apply@jsqc.org FAX 03-5378-1507
資 料 代 (税別): 1冊(A4判168頁)会員2,130円、非会員2,870円
送      料 : (冊子小包)1冊300円、(DM便)1冊170円、他多数の場合、事務局までご連絡ください。申し込みと同時に下記宛お振込ください。
資料は入金を確認の上、郵送いたします。振込先はこちら

■ 中央大学 理工学部 経営システム工学科 教員公募

1. 学部学科等 理工学部 経営システム工学科
2.専門分野 経済性工学、経営システム分析(原価管理)、マーケティング
3.職  名 教授または准教授
4. 人  員 1名
5. 着任時期 2013年4月1日
6. 応募資格
(1) 博士の学位を有し、研究実績があり、熱意を持って教育できる人
(2) 大学院を担当できる方
7. 提出書類
(1) 履歴書(写真を添付し、連絡先(郵便送付先、電話番号、e-mailアドレス)を明記してください)
(2) 業績リスト(査読の有無を明示してください)
(3) 論文別刷(主要なもの5編、コピー可)
(4) これまでの研究やその他の活動の概要および今後の研究・教育などについての計画と抱負(1,500字程度)
(5) 推薦書1通あるいは照会可能な方2名の氏名、所属、連絡先
8. 応募締切 2012年3月30日(金)必着
9. 書類送付先 〒112-8551  東京都文京区春日1-13-27
  問合せ先 中央大学理工学部経営システム工学科 主任 鎌倉稔成
Tel 03-3817-1934
e-mail:kamakura@indsys.chuo-u.ac.jp
応募書類は、封筒に「教員応募書類(経営システム工学科)」と朱書きし、簡易書留でご送付下さい。原則として応募書類は返却いたしません。
書類選考を経て、必要に応じて4月中旬〜5月中旬に面接(プレゼンテーションを含む)をさせていただきます。

■ 第41年度研究助成募集要項

1. 趣   旨  
 21世紀を担う若手研究者や海外からの留学生に対し、その研究活動をサポートすることを目的とします。個人の研究への助成はもちろん、同じようなテーマを抱えた少数の若手研究者の研究集会、海外の若手研究者の招聘、国際会議への渡航も含みます。
2.助成金額 1件5万円 4件以内
3.期   間 1年間(第41年度:平成23年10月から平成24年9月)
4. 募集の対象
 選考時に申請者が(社)日本品質管理学会の正会員もしくは準会員であり、次のいずれかの条件を満たす者とします。なお、本研究助成を過去2回採択されたことがある場合は対象から除外します。また、(2)の条件を満たす者については選考時に考慮をいたします。
(1) 申請時に35歳以下であり、大学、研究所、研究機関、教育機関等において研究活動に従事する者。
  (2) 申請時に日本の大学院に在籍する外国籍の留学生(年齢制約はありません)。
  (3) 申請時に35歳以下であり、海外の大学、研究所、研究機関、教育機関等において品質管理についての研究活動に従事する者で(社)日本品質管理学会の主催する諸行事、または品質管理に関連する研究集会に参加しようとする者。ただし、申請は招聘者が行うこととします。
5. 助成対象  
 品質管理に関連した研究を対象とします。
6. その他の申請条件
(1) 報告書は所定の様式で提出してください。
  (2) 研究成果を当学会誌へ投稿、あるいは原則として研究発表会などで発表することを奨励します。
  (3) 学生が申請をする場合、申請時に指導教官・指導教員の所見を必要とします。
7. 申請の方法
「(社)日本品質管理学会 研究助成交付申請書」(MS-Word文書)→
8. 募集期間 平成23年12月〜平成24年3月末日
9. 選考方法  
(社)日本品質管理学会研究助成委員会が審査選考を行います。
10. 決定通知
採択の場合、平成24年4月末に通知します。
11.申請書提出先
(社)日本品質管理学会 本部事務局 
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南1−2−1
TEL 03-5378-1506  FAX 03-5378-1507
E-mail:office@jsqc.org

桜井正光・元本学会会長 今年度デミング賞本賞を受賞

 第35年度本学会会長の桜井正光氏が本年度のデミング賞本賞を受賞されました。
同氏は、(株)リコーの社長の後に現在は会長職にあります。経済界におきましても日本を代表する経営者であり、経済同友会代表幹事ほか、多くの公職を歴任されてきています。
同氏は、日本の国際競争力の強化には「日本ブランドの再構築」が必須であるとの強い認識に立たれて経済活動を広く推し進めてこられました。
本学会会長就任時には、この実現にむけて、当学会の果たす役割は大きく、これに寄与するには連続性のある活動が必要との観点から、中期3カ年計画に基づく運営をスタートし現在につながっています。「Qの確保」「Qの展開」「Qの創造」「共通」の4本柱による諸活動によって「日本ブランドの再構築」に一層寄与することが期待されます。
当学会としても、同氏が栄えあるデミング賞本賞を受賞されたことは光栄なことであります。誠におめでとうございました。

■司馬正次氏が瑞宝中綬賞を受章

  本学会名誉会員で筑波大学名誉教授の司馬正次氏が,平成23年春の叙勲で学術交流功労により標記の勲章を受章されました。
司馬氏は,品質管理を社会科学の領域からもとらえられ,組織変革のメカニズムの考究,米国,ハンガリー,インドなどの諸外国において普遍的に有効なTQMの普及・発展などに多大な貢献をされました。
益々のご活躍を祈念すると共に,心よりお祝いを申し上げます。

■飯塚悦功 元会長が、ASQからThe Freund-Marquardt Medalを受賞

 本学会第33、34年度会長で東京大学大学院特任教授の飯塚悦功氏が、ASQ(アメリカ品質協会)から2010年のThe Freund-Marquardt Medalを受賞されました。授賞式は5月16日にアメリカのピッツバーグ市で開催されたASQの年次大会(WCQI)において執り行われました。
フロインドマルクワルトメダルは、2000年に創設され、品質原理をマネジメント・スタンダード(管理規格)の発展、実施、そして書籍に適用し、組織のマネジメントシステムに着目した規格類の発展に関し、責任ある立場を歴任した個人に授与されます。日本人では初めての受賞です。
飯塚氏の益々のご活躍を祈念するとともに、心からお祝い申し上げます。

■「QMS有効活用及び審査研究部会 第3期研究報告書」頒布のお知らせ

この度、標記の成果が本学会の研究成果としてまとめられましたので、ご希望の会員の方に実費で頒布いたします。

申 込 方 法 : E-mailまたはFAXにて資料名、部数、会員番号、氏名、所属、送付先住所、電話番号をご連絡の上お申し込みください。
申  込  先  : E-mail sec@jsqc.org FAX 03-5378-1507
資 料 代 (税別): 1冊(A4判258頁)会員2,778円、非会員3,704円、QMS部会員は、1冊目に限り1,389円。
送      料 : (冊子小包)1冊350円、(DM便)1冊170円、(レターパックライト)360円、他多数の場合、事務局までご連絡ください。申し込みと同時に下記宛お振込ください。
振  込  先  : 一般社団法人 日本品質管理学会 フリガナ:シャ)ニホンヒンシツカンリガッカイ
三菱UFJ銀行 渋谷支店 普通預金 4313820
資料は入金を確認の上、郵送いたします。 申込書

千葉工業大学 社会システム科学部 プロジェクトマネジメント学科 専任教員募集

1. 募集人員 准教授または教授 1名
2. 専門分野 プロジェクトマネジメント分野(ソフトウェア開発・情報システム開発)
3. 担当科目 「データ解析入門」、「コンピュータリテラシ」、「ソフトウェア開発管理」など
4. 応募資格 下記の(1)〜(4)を満たす方
(1) 社会システム科学部での教育研究に熱意のある方
  (2) 日本語で講義が可能な方
  (3) 博士の学位を有する方
  (4) 大学院での指導資格を有する方
5. 着任時期 2011年10月1日
6. 提出書類 以下の書類をA4用紙で提出してください。書式は自由。
(1) 履歴書(大学卒以降の学歴、学位・称号、職歴及び職位、工業所有権、教育業績、社会活動業績(学会等)、賞罰、住所、電話、電子メールアドレス等を記載のこと)
  (2) 研究業績リスト(年号西暦、最新のものから年月順に記載のこと)
(a)著書(単著、共著の区別を記すこと)
(b)研究論文および国際会議プロシーディング(査読の有無、共著者名を明記)
(c)一般講演論文
(d)その他
  (3) これまでの研究活動とその内容の要約(2,000字以内)
  (4) 教育に対する抱負(1,000字程度)
  (5) 推薦書(所属学会会員からの推薦書が1通あることが好ましい、複数可)
7. 応募期限 2011年7月31日
8. 選考方法  
 書類による1次選考を行い、選ばれた候補者の中からプレゼンテーション及び面接による2次選考を行い決定します。採否の決定は2011年9月中旬を予定。
9. 採用条件
 採用後3年間は年度毎の雇用契約更新制とし、その間の教育研究業績・素行等に問題があると判断された場合は、中途で雇用を打ち切ることがあります。最終雇用契約期間満了時点で、特に問題無しと判断された場合には雇用契約期間の定めのない専任教員に身分変更されます。なお、雇用契約期間中は、雇用契約期間が定められていること以外、処遇面等は雇用契約期間の定めのない専任教員と同一です。
10.書類送付先
〒275-0016 千葉県習志野市津田沼2-17-1
千葉工業大学 社会システム科学部 プロジェクトマネジメント学科 学科長 堀内俊幸
書類提出は書留郵便または宅配便など、授受の確認が出来る方法にて、封筒に「プロジェクトマネジメント学科教員応募書類在中」と朱書きして送付してください。応募書類は原則として返却いたしません。また本件の目的以外には使用いたしません。
11.問合せ先  
プロジェクトマネジメント学科長 堀内俊幸
E-mail horiuchi@sky.it-chiba.jp
件名は「プロジェクトマネジメント学科教員応募」と記載してください。

■ 第40年度 品質管理推進功労賞:学会員の皆様 候補者の推薦をお願いいたします!

 日本品質管理学会品質管理推進功労賞は、品質管理推進に尽力されている多くの方々に活力を与え、品質管理の発展がより加速され、ひいては産業界の発展に寄与できることを願って創設されました。本年度は第11回となり、次の要領で実施いたしますので、奮ってご推薦の程お願いします。但し、推薦にあたっては次の点にご配慮ください。

1) 本賞選考の推薦は全てEメールにてお願いします。
2) 推薦に際しては、予め被推薦者の了解を得て、被推薦者本人の確認を受けた書類を送付してください。
本賞の授賞資格(品質管理推進功労賞内規):
以下のいずれかの条件を満たす会員とする。
1) 企業・各種団体(以下、組織という。)に所属し、所属組織の品質管理の実践と推進に多大な貢献をした、もしくは、していると認められる者。
2) 組織に所属し、本会に対する多大な貢献があった、もしくはある者。
3) 組織に所属し、品質管理に対する造詣が深い者。
4) 本会の役員2名以上の推薦があった者。

本年度選考方針:
a. 本年度は、既に本来の所属企業を退職している方も対象として含めるものとし、表彰対象者数は、6名以内とする。
b. 地域・社会への貢献を重視する。
c. 本賞対象者の推薦に際しては、55〜65歳位を目安とし、70歳以上ならびに50歳以下は避ける。
d. 本来の所属企業で取締役になった人は避ける(理事、執行役員は対象とする)。但し、子会社等へ出向し役員になった方は候補者に含めて差し支えないものとする。
e. 女性に対する配慮を積極的に行う。
f. 40年度のJSQC理事は、今年度の推薦対象者から外す。

評価項目:
本賞の候補者に対して、主に次の観点から評価を行う。
【A】所属組織への貢献
a1   TQC/TQM/標準化/QCサークル活動等の推進
a2 品質管理に関する表彰・認証等の受審支援
a3   品質保証体制の確立
a4   その他特筆すべき活動
【B】地域・社会への貢献
b1 日本品質管理学会の発展
b2 デミング賞委員会/品質月間/関連学会等の活動を通じた品質管理の普及・発展
b3 標準化推進を通じた品質管理の普及・発展
b4 QCサークル活動の普及・発展
b5 日科技連/規格協会等の関係諸団体への協力を通じた品質管理の普及・発展
b6 品質管理に関する国際協力
b7 品質管理への深い造詣に基づく著作等の活動を通じた品質管理の普及・発展
b8   その他特筆すべき活動

推薦必要書類: 推薦書(様式219-1)、業績リスト(様式219-2)、上司等の推薦書(様式219-3、ここで上司等とは、元・上司、現・関連部門長を含むものとする。)
様式については、下記Web頁よりダウンロードしてください。
URL:http://www.jsqc.org/ja/kiroku_houkoku/jushou.html
業績リスト(様式219-2)の業績については、上記の評価項目に対応した記述にしてください。
推  薦  締  切: 2011年6月30日(木)
メール送付先: 2011kourou@jsqc.org
選        考: (社)日本品質管理学会 品質管理推進功労賞選考委員会が行う
発        表: 9月に開催される本学会理事会での承認後、本人ならびに推薦者に通知
表        彰: 2011年10月29日(土)
本学会 年次大会 授賞式
連     絡     先: (社)日本品質管理学会事務局
参        考: http://www.jsqc.org/ja/kiroku_houkoku/jushou/kouroushou.html

青山学院大学理工学部経営システム工学科 教員公募

1. 募集人員 助手または助教1名
2. 所   属 理工学部経営システム工学科
3. 専門分野 経営工学(品質管理またはシステム工学)
4. 教育担当 学部生向け経営システム工学の実験・演習科目,品質管理関連科目,計算機関連科目,卒業研究・修士研究の指導補佐など
5. 応募資格
(1)
上記の科目が担当可能であり,学部および大学院の教育・研究に熱意があること.
 
(2)
助手の場合は博士または修士の学位を有するか取得見込みであること.
 
(3)
助教の場合は博士の学位を有するか取得見込みであり,相模原と青山の両キャンパスに出講できること.
 
(4)
キリスト教に理解があること.
6. 着任時期 2011年9月1日
7. 任   期 毎年助手は2回を限度に,助教は4回を限度に更新できる.
8. 提出書類
(1)
自筆履歴書(市販用紙に写真添付)
 
(2)
研究業績リスト(著書,学術雑誌論文(査読付),国際会議論文(査読付),特許,外部資金獲得状況,総説および解説,学術講演・研究発表等に分類)
 
(3)
代表的な学術論文3編までを添付(別刷またはコピー)
 
(4)
応募する専門分野および現在までの研究概要ならびに教育・研究に関する抱負(1500字以内)
 
(5)
確実かつ支障なく連絡のできる連絡先・連絡方法
9. 応募締切 2011年4月12日(火) 消印有効
10.書類送付先および連絡先
〒252-5258 神奈川県相模原市中央区淵野辺5-10-1
青山学院大学理工学部経営システム工学科 学科主任 石津 昌平
電話TEL: 042-759-6305(直通),e-mail: saiyo@ise.aoyama.ac.jp
  封筒に「教員採用関係書類在中」と朱書きし,書留郵便で郵送してください.なお,応募書類は原則として返却しません.
11.その他 学科ホームページhttp://www.ise.aoyama.ac.jp 参照

赤尾洋二先生が第1回 Ishikawa-Kano Awardを受賞

 昨年のインドのニューデリーで行われたANQ大会にて、新たに創設されたIshikawa-Kano Awardの授賞式が行われ、JSQC元会長の赤尾洋二先生が、栄えある初代の受賞者として表彰されました。赤尾先生は選考委員会で、QFDをはじめとする品質管理手法を用いたアジアの品質管理への貢献が認められて満場一致で選出されました。
Ishikawa-Kano Awardは、2003年に発足したANQ(Asian Network for Quality、アジア品質ネットワーク)が発展するにつれて創設された新しい賞です。賞の名前は、日本のそしてアジアの品質管理の発展に貢献された石川馨先生と狩野紀昭先生を冠しており、アジアの品質管理に貢献した個人に贈られる賞として創設されました。賞の創設にあたっては、狩野先生のご尽力によるところが大きいです。ANQの中で最も誉れの高い賞であり、今後もアジアの品質向上とともに賞の認識と価値が高まっていくことが期待されます。
記念品のトロフィーは、船と帆を模しており、透明性・誇り・米などアジア各国のコンセプトが取り入れられており、専門家のデザインにより制作されたものでアジアを代表する賞に相応しい出来上がりとなっています。
第1回となる今回のIshikawa-Kano Award授賞式はANQ大会の開会式の目玉でした。今回の大会は会場が大学で、多くの関係者が宿泊しているホテルとは離れたところにあり、当日は、赤尾先生や狩野先生をはじめとした多くの関係者が乗るバスの到着が、交通事情の影響により心配されましたが、大会委員会の判断は悠然としていて、主賓の到着を待って、無事、華やかに授賞式が行われました。赤尾先生、受賞おめでとうございました。

■ 新規研究会メンバー募集
製造業のためのビッグデータの解析あり方研究会

 近年、製造業の品質管理分野でもビッグデータを利活用できる環境が整いつつあります。しかし、ビッグデータを、どのような場面で、どのような目的で、どのような解析方法で、有効に利活用できるのかという点は、まだ試行錯誤の段階であるように思えます。  このような状況を踏まえ、本研究会では、実務上の課題や事例・実データに基づいて、実務者と方法論の専門家とで議論を行い、ビッグデータを問題解決・課題達成で有効に利活用するための指針を示すことを目指します。特に、今まさにビッグデータに直面し、試行錯誤をされている方のご参加をお待ちしております。
主  査: 小野田 崇(青山学院大学 理工学部 教授)
開 催 日: 10月〜11月に第1回開催予定
場  所: 日科技連 東高円寺ビル
申込方法: 本部事務局宛に会員番号・氏名・所属・連絡先を明記の上、FAX(03-5378-1507)
またはE-Mail(office@jsqc.org)にてお申し込みください。
定  員: 20名


--------The Japanese Society for Quality Control--