17th Asia Quality Symposium

-- Quality- the guarantee of the sustainable development of Asian Economy --

■ 参加のお誘い

2003年9月23日,24日中国北京にて,第17回アジア品質シンポジウム(17th AQS)が開催されます.従来Chinese Society for Quality (Chinese Taipei), Korean Society for Quality Management(Seoul)とJSQCと3つの組織がこのシンポジウムを開催してきました.今回より,アジア品質ネットワーク(Asian Network for Quality: ANQ)に加盟する品質に関する10組織が開催するシンポジウムに拡大され,グローバル社会におけるアジア品質の更なる向上を目指して議論を行います.今回のホスト組織は,China Association for Quality (Beijing)です.

有意義なシンポジウムにするために JSQCでは,
  (1)SPCとジョイントの上海企業訪問
  (2)若手研究者の旅費支援
  (3)論文賞創設
  (4)論文作成アドバイス
  (5)北京企業訪問(企画中)
をあわせて実施することにしました.有意義なシンポジウムになると確信しています.どうぞ奮ってご参加ください.

詳細 Call for papers →  Click(MS-Word文書)

■ 日時と場所

17th AQS:
2003年 9月22日   Registration & Welcome reception
23, 24日 Concurrent session
25日 Company visit (詳細は検討中)
場所: Beijing Jiuhua Country Villa, Beijing, China

なお同時期にSPCとのジョイントで,上海企業の訪問も予定しています.下記を参考に,ぜひご参加ください.

■ 公式言語

英語

■ 参加費

Symposium 参加費   150 US$
(発表者などに参加費の優遇措置あり)
Company visit参加費   20US$

■ Call for Papers(JSQCメンバー向け)& 発表までの流れ

2003年 5月14日までに,JSQCあてに下記を提出.
  1. 論文題目
  2. 著者と所属
  3. 要旨 (A4 1-2 ページ,シングルスペース)
  4. 連絡先
5月27日ごろ著者は要旨改訂アドバイス,論文作成アドバイスを受取る.
6月13日までにコメントをベースに改訂した要旨を再提出.
6月15日にJSQCが提出された要旨をまとめてCAQへ提出.
7月15日までに採択通知をCAQが著者に通達.
8月15日までに,発表が採択された著者はfull paperをCAQに提出.

なお,6月15日までにCAQ secretariat (cqca@public.bta.net.cn)に,「1. 論文題目」,「2. 著者と所属」,「3. 要旨 (A4 1-2 ページ,シングルスペース)」,「4.連絡先」を直接申し込んでも良いのですが,その場合にはJSQCで企画している下記(1)から(5)の対象外となることをご了解ください.旅費支援,論文賞の兼ね合いもあるので,5月15日までの提出を強くお勧めします.


||||||||||||||||||||||||||||||||||||| 17th AQSのおすすめ |||||||||||||||||||||||||||||||||||||

(1)SPCとジョイントの上海企業訪問

(財)日本科学技術連盟は1980年にソフトウェア生産管理研究委員会(SPC)を設立し,ソフトウェアの質を向上するためのさまざまな活動を続けています.国際交流活動にも重点を置き,1989年以来ほぼ毎年,ヨーロッパやアメリカに視察団を派遣して積極的な技術交流を深めるとともに,2000年からは上海でのワークショップを毎年開催しています.

継続的な活動が実を結び,上海市人民政府の科学技術委員会や信息化弁室(情報化推進センター),上海市軟件行業協会(ソフトウェア産業協会)などと太いパイプが出来上がりました.

今年も上海ワークショップを開催します.太い人脈と信頼感をベースに,政府機関や業界団体,先進的な現地企業などと,いくつかのテーマに関するワークショップや討論会,現地視察などを行います.不景気にあえぐ日本を尻目に,急速に発展している都市,上海.若き起業家たちが,その才能と努力で「上海ドリーム」を実現している都市,上海.通り一遍の視察ではなく,深い議論を通じて,他では得られない信頼感に根ざした人脈を築き上げることができます.

今年の上海ワークショップはAQS北京の前の週,9月16日に日本を出発する予定で計画が進んでいます.上海ワークショップとAQSの両方に参加する方のためのツアープランも計画中です.AQSに参加される方の,上海ワークショップへの参加を歓迎し,お勧めします.SPCの開催日程が
  9月17日〜19日(水〜金) 現地企業などとのワークショップなど
であることから,例えば,
  9月16日(火)成田発上海着
  9月20日(土)自由
  9月21日(日)帰国・または北京へ
とすることで,SPCとAQSを同時に参加することもできます.

日程的には長くなりますが,その分,価値のある訪問になります.なぜなら世界の激動の中心:中国で,特にその中心である上海と北京を同時期に訪問できるのは,大変意義深いことだからです.スケジュールの詳細,旅程の一例は別途webページなどにて紹介します.

(2)若手研究者の旅費支援

JSQCでは,大学院生を対象に一つの発表に対して1名のみ3万円の旅費支援を行います.該当者が多数の場合には,提出された要旨の評価が高い順に,十数名を選びます.なおこの選考は,JSQCを通して要旨を提出した方を対象とします.

(3)論文賞の創設

大学院生などの若手研究者を対象とした,「最優秀論文賞」を創設します.これは,優秀な論文(full paper)を対象に,若干名を表彰するものです.主たる著者が大学院生などの若手研究者で,JSQCをとおして要旨が提出してあればこの賞の選考対象となります.特別な手続きは必要ありません.

(4)論文作成アドバイス

JSQCをとおしてアブストラクトを提出された場合には,full paperを書く際にどのような点を強調したら論文の質が高まるか等,良い論文を作成するためのアドバイスを行います.

(5)北京企業訪問(企画中)

AQS参加者を対象に,北京にある企業の訪問,ワークショップ,議論の機会を企画しています.対象の企業としては,日本企業と取引がある企業,北京における最先端工業を考えています.また訪問だけでなく,ワークショップの開催,討論会などを考えています.詳細は電子メール,webでお知らせします.


行事案内のページに戻る   事務局からのお知らせページに戻る