参加のお奨め

第16回アジア品質シンポジウム

-- 持続可能な成長−21世紀のアジアの品質 --

2002年11月15〜16日
日本科学技術連盟,東京都杉並区

第16回アジア品質管理シンポジウム参加へのお誘い

(社)日本品質管理学会
会長    狩野紀昭

第16回アジア・クォリティ・シンポジウム(AQS)への参加を歓迎します。

韓国がサッカーのワールドカップで上位4ヶ国に進出しました。中国と台湾がWTOに加盟しました。東アジアの国々は、西欧とイコール・パートナシップを達成し、世界でのリーダシップに向けた挑戦を始めています。また、東南アジアの国々は、1997年に襲った通貨危機から回復し、新たなる発展に向けた成長のための諸々の実験を始めています。南アジアの国々は、経済の自由化がもたらす初期の困難を克服後の持続的成長を成し遂げ、グローバリゼーションへ向けた挑戦を始めています。

今、アジアは急速に動いています。

品質の世界でも、このような動きに対応して、アジアの品質組織を設立し、アジアにおける急速な経済成長とそれに伴う生活の質の改善に役立つような知識と経験を互いに学びあうことが出来るようにしたいという気運が品質専門家の間に高まってきました。このための非公式な準備会が、本年7月27日に東京で開催され、アジアの異なる地域から7つの品質組織が参加しました。この会議では、アジア・クォリティ・シンポジウム(AQS)を拡大し、アジア・クォリティ・ネットワーク(Asian Network for Quality:ANQ)をアジアの品質組織として設立することが決議されました。この結論に向けて、Tokyo Appeal 2002が採択されました。 http://www.ANforQ.net/

次に示すのは、同アピールの書き出し部分です。
 "アジアは質革新に直面している:
- アジアで生産されている製品・サービスの質は、飛躍的に革新し、いまや世界市場の品質標準をこえた。それ故に、アジアは「世界の工場」と呼ばれる。
- また、質の焦点はmanual work の質から、knowledge work の質へ革新し、アジアのイメジは、「単純・低賃金労働」の提供から 「妥当なコストでのknowledge work」 の提供へと変わりつつある。
- さらに、アジアでは、個別的な二ヶ国間貿易から、世界市場をにらんだ戦略的な経営の質向上へ向けた革新がおころうとしている。

いうまでもなく、経済発展・福祉増進の背後に質管理、質マネジメントの発展がある。いまアジアで生じている質革新は今後のアジアならびにアジアの人々の大発展の予兆といえる。"
また、同アピールの最後は、次の一文で結ばれています。
 "ANQ は、2002年11月15-16日に開催されるAQSの際にその設立準備会を開催する。"

AQSは、1986年以来、毎年、韓国、台湾、日本の一つの都市で開催されてきた品質の会議であり(日本の参加は、1991年から。それまでは、韓国と台湾の都市で開催)、「品質」を通してアジアの健全な発展のための知識と経験を推進することをねらいとしています。2001年に韓国太田市で開催されたAQS ステアリング委員会は、アジアにおける多くの品質関連組織から品質専門家を招いて16th AQS - Tokyoを開催することを決議しました。日本品質管理学会 (JSQC) は、"持続する成長を -21世紀におけるアジアの品質"というテーマのもとに16th AQSを開催します。

AQSプログラム委員会からの報告によれば、論文審査委員会でアクセプトされた論文は、10ヶ国・地域からの66件にのぼり、狙い通りの多彩な大会になると確信しています。また、今回のAQSには、投稿論文、招待論文、特別講演、SIG (special interest group)、企業訪問, チュートリアル、情報交換等の種々のプログラムが用意されており、魅力的で興味深い機会となり、参加者同士の価値観を分かち合うことに役立つことを確信しています。専門家、研究者、実務家、コンサルタント、学生の品質関係者全てが、16th AQSに参加されることを強くお奨めします。

今回のAQSは、多くのアジアの国・地域からの参加に加えて、ANQ設立準備会の開催により、アジアの品質の歴史に新しい一ページを加えるイベントとなるでしょう。




第16回アジア品質管理シンポジウム参加へのお奨め
16AQSプログラム委員長
鈴木和幸

11月15日・16日に東京にて第16回アジア品質管理シンポジウム(16AQS) が ANQ(Asian Network for Quality)への第一歩として開催されます。田口玄一先生の2時間半にわたる「田口メソッド」の チュートリアル講演、トヨタ自動車(株)による「人と技術を基盤とする自動化工場」の特別講演、そして研究発表としてInvited Session (9件)・ Oral Session (39件)・ Poster Session(18件) が予定されています。これらの研究発表は、数多くの発表申し込みがあった論文より厳選されたqualityの高い論文です。下記のセッション構成のように、アジアにおけるTQM活動の実践、最新の動き、手法と理論、そしてマネジメントの質の高さを実感できる内容です。また、SIG(Special Interest Group)としてアジアにおけるTQM専門家の各分野ごとのつながりをより緊密に図る企画を設けました。さらに、高層ビル建設現場への見学、橋 朗氏(デンソー会長)よりのKeynote Address、各組織からの代表者によるOpening Speechesが企画されています。一人でも多くの皆様が参加され、TQMを通してアジアの和が計られ、TQMが経済発展へ大きく寄与することを祈ってやみません。



■ 日時/会場

日程:2002年11月15日(金)〜16日(土)
会場:日本科学技術連盟
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南 1-2-1
E-mail: Inquiry16AQS@jsqc.org
URL: http://www.jsqc.org/en/(英語ページ)
Fax: +81-3:5378-1507
■ プログラム

11月14日
(木)
17:00-19:00 ウェルカム・カクテル
11月15日
(金)
9:30-12:30 企業訪問(建設現場)
13:00-15:30 チュートリアル(田口玄一氏)
15:30-16:00 休憩
16:00-18:00 開会式
基調講演: 2003年JSQC会長・橋朗氏
挨拶: 各参加組織代表
18:00-20:00 バンケット
挨拶:2001-2002年JSQC会長・狩野紀昭氏
挨拶: 各参加組織代表
SIG (Special Interest Groups; 4-6 テーマ)
11月16日
(土)
9:30-10:30 特別講演(内藤正氏・トヨタ自動車)
10:30-10:40 休憩
  会場1 会場2 会場3 会場4 会場5
10:40-12:00 セッション11
Excellence
セッション21
QFD
セッション31
Data + CRM
セッション41
DE
 
11:00-14:00
Poster Session A
 
12:00-13:00 昼食
13:00-14:20 セッション12
Data Mining
セッション22
Audit & Practice
セッション32
Health Care
セッション42
Taguchi Method
 
14:20-14:30 休憩 14:20-17:20
Poster Session B
 
14:30-15:50 セッション13
Award
セッション23
Service Quality
セッション33
Standard and ISO 9000
セッション43
Information Sharing
15:50-16:00 休憩
16:00-17:20 セッション14
Management
セッション24
Quality Design and Control
セッション34
Recent Topic
セッション44
Reliability

■ 企業訪問

品川近郊の高層住宅建設現場の見学を行います。海外からの参加者を優先いたします。定員に余裕があるときに限り日本からの参加も受け付けます。
 千駄ヶ谷駅前集合 9時(予定)
申込者には後日詳細をお知らせします。

■ 昼食

事前に申し込んでいただいた参加者には昼食(弁当)を提供します。会場内に、昼食を摂るための部屋をご用意いたします。

■ チュートリアル

■ 開会式

Keynote address: Akira Takahashi, 2003 President, JSQC
Opening speeches: Delegations from participating organizations

基調講演: 2003年JSQC会長・橋朗氏
挨拶: 各参加組織代表
CAQ、CSQ (Chinese Taipei)、HKSQ、ISQ、KSQM、SQAT、STAMEQの代表による挨拶があります。

■ バンケット

Dress Code: Business Casual
Address from Dr. Noriaki Kano, 2001-2 President, JSQC

挨拶:2001-2002年JSQC会長・狩野紀昭氏
(ネクタイなしでご参加ください)

■ SIG (Special Interest Group)

バンケットにおいて、いくつかのテーマで議論する場を提供するため、SIGを開設します。詳細は後日Web上で発表します。

■ 特別講演

■ Oral Session
Excellence(第1会場:10:40〜12:00)
1. Quality−Sustainable Way to Business Excellence
Yoshio Kondo ( Kyoto University, JSQC )
2. Key Quality Indicators (KQI) for Competitive Advantages
Supote Suwanpimolkul ( S.K. Polymer Co., Ltd, SQAT )
3. A Structured Approach for Integrating Technology and Business Strategies
Park Young Hyun ( Kangnam University, KSQM )
Data Mining(第1会場:13:00〜14:20)
1. An Overview on Industrial Applications of Data Mining and Knowledge Discovery
Masato Koda (University of Tsukuba, JSQC)
2. A Method to Extract Customer Behavior Patterns from POS Data including customer ID
Yoichi Seki (Gunma University, JSQC)
3. Text Mining to Discover User Needs in Product Planning
Akihiro Kimura and Atsushi Ootaki (Meiji University, JSQC)
Award(第1会場:14:30〜15:50)
1. Towards World Class Quality through TQM
V. R. Janardhanam (Sundram Brake Linings Ltd., ISQ)
2. Practice and Experience of Bao Steel Applying for National Quality Management Award
Wang Guoquing (Bao Steel Co.Ltd, CAQ )
3. Achieving Business Performance Excellence through a Comprehensive Quality Approach
A.K. Maheshwari and Rituraj Shah (Thai Acrylic Fibre Co. Ltd., SQAT)
Management (第1会場:16:00〜17:20)
1. Sustaining Employee Involvement and Total Quality Management Implementation: An Empirical Study
Kit Fai Pun ( The University of the West Indies, HKSQ ), Kwai Sang CHIN ( City University of Hong Kong, HKSQ )
2. Development of A Management Quality Information System
Wan Seon Shin and Man Hee Park ( Sung Kyun Kwan University, KSQM )
3. Research on the PDCA-based Integration of Management Systems
You Jinaxin and Du Xuemei ( Tongji University, Shanghai, CAQ )
QFD(第2会場:10:40〜12:00)
1. QFD Improvement by Application of Taguchi Quality Concept
Sangbok Ree ( Seokyeong University, KSQM )
2. An Improved QFD-based Approach to determine the Engineering Characteristics
Tsai Y.C.Joyce and Kwai Sang Chin ( City University of Hong Kong, HKSQ )
3. Research of Quality Function Deployment for Service Quality of Extension Education - A Case Study of Extension Education
Jhy-Ping Jhang and Chi-Tai Lien ( Center in Huafan University, CSQ (Chinese Taipei) )
Audit & Practice(第2会場:13:00〜14:20)
1. The Scope of An Integrated Management System Audit---on "Integrated Audit"
Zhenfei Deng ( Quality Assurance Center of China Association for Quality, CAQ )
2. Task Achieving QC story: "Changing small site contractors behavior by using ready mixed concrete instead of hand-mixed concrete"
Teerayut Punmeechaow and Chaiwat Thepjun ( The CPAC ready mixed concrete (South) Co.,Ltd, SQAT )
3. Poka-Yoke: How to Apply in the Service
Aaron Tong and Joyce Leung ( TQM Consultants Co Ltd, HKSQ )
Service Quality (第2会場:14:30〜15:50)
1. A Study to Identify the Possible Measures of Service Quality for a Family Restaurant by Use of SSQ(Scope of Service Quality) Model
Youn Sung Kim (Inha University, KSQM)
2. CRM in the view of PCF
Sang Chan Park (Korea Advanced Institute of Science and Technology, KSQM)
3. Opportunity Finding for Customer Value Creation
Young-Taek Park (Sungkyunkwan University, KSQM)
Quality Design and Control(第2会場:16:00〜17:20)
1. x-Control Chart With Variable-Sampling-Interval for a Continuous-Flow Process
Fong-Jung Yu (Da-Yeh University, CSQ (Chinese Taipei)) and Yun-Shiow Chen (Yuan-Ze University, CSQ (Chinese Taipei))
2. An Intelligent Approach for Parameter Design with Dynamic Characteristics: A Case Study
Chao-Ton Su (National Chiao Tung University, CSQ (Chinese Taipei)) and Hsiao-Ling Chan (National Chiao Tung University, CSQ (Chinese Taipei))
3. A Study for the Determination of Threshold Value of Supportability in Association Rule - From Cost Viewpoint
Yun-Shiow Chen (Department of Industrial engineering and management, CSQ (Chinese Taipei)) and Min-Xun Guo( Yuan-Ze University, CSQ (Chinese Taipei))
Data + CRM(第3会場:10:40〜12:00)
1. Discussions of Customer Relationship Management
Hsin-Hung Wu ( Taichung Healthcare and Management University, CSQ (Chinese Taipei) ), Fong-Jung Yu ( Da Yeh University, CSQ (Chinese Taipei) ), and Ming-Jen Chiou ( St. John's and St. Mary's Institute of Technology, CSQ (Chinese Taipei) )
2. Application of Structural Equation Modeling to Marketing Research
Yasushi Yamarai and Masamori Ihara ( Osaka Electro-Communication University, JSQC )
3. A Case Study on Latent Problems of New Product Development Process
Norio Irikura ( DENSO CORPORATION, JSQC )
Health Care(第3会場:13:00〜14:20)
1. Usefulness of The Failure Mode and Effect Analysis (FMEA) in Health Care----Our Experiences
Tatsuo Yanagawa, Shuhei Iida, MQI members ( Nerima General Hospital, JSQC )
2. Clinical Pathway Adaptive to Patient State
Yoshie Hiraoka ( The University of Tokyo, JSQC ), Shizuo Ito ( Faculty of Medicine, Niigata University, JSQC ), and Yoshinori Iizuka ( The University of Tokyo, JSQC )
3. A Model for Creating Elderly Care Plans
Takayuki Imai and Shogo Kato ( The University of Tokyo, JSQC ), Tomomichi Suzuki ( Tokyo University of Science, JSQC ) and Yoshinori Iizuka ( The University of Tokyo, JSQC )
Standard and ISO 9000(第3会場:14:30〜15:50)
1. ASEAN Activities on Standards and Conformity Assessment
Nguyen Huu Thien ( Standards and Quality, STAMEQ )
2. A study on the Environmental Management Evaluation
Tsuyoshi Kametani ( Nagoya Institute of Technology, JSQC )
3. ISO 9000 Performance: Effects of Firm Size in Japanese Industries
Rita Arauz and Hideo Suzuki ( University of Tsukuba, JSQC )
Recent Topics(第3会場:16:00〜17:20)
1. Development of Assessment System for Supply Chain Management Performance
Jendy P F Leung and kwai Sang Chin ( City University of Hong Kong, HKSQ )
2. Strategic and sustainable CI capability: Findings from a Multiple Case Study on the use of Balanced Scorecard in Sweden
Mandar Dabhilkar and Lars Bengtsson ( University of Gavle, Sweden )
3. New Assessment Method for Research and Development
Setsuo Kodato ( Aniritsu Corparetion, JSQC ) and Hiroshi Osada ( Yamanashi University, JSQC )
DE(第4会場:10:40〜12:00)
1. Evaluation of multi-level supersaturated designs
IIDA Takahisa ( KEIO University, JSQC )
2. Evaluation of Methods for Estimating Error Variance of Saturated Fractional Factorial Experiments
Seiichi Yasui, Yoshikazu Ojima and Tomomichi Suzuki ( Tokyo University of Science, JSQC )
3. Improve TQFP Molding Process Using An Integrated Soft Computing Approach
Tai-Lin Chiang ( Ming Hsin Institute of Technology, CSQ (Chinese Taipei) ) and Chao-Ton Su ( National Chiao-Tung University, CSQ (Chinese Taipei) )
Taguchi Method(第4会場:13:00〜14:20)
1. Optimization in Supply Chain Systems Using Taguchi Methods
Liang-Tzung Lin and Huen-Ho Chiang ( Hsiuping Institute of Technology, CSQ (Chinese Taipei) )
2. Correction of Bias to the Customer Requirement value of the Characteristic value in the Parameter Design
Keishiro Suehiro and Takenori Takahashi ( Tokyo University of Science, JSQC )
3. The Integration of Fuzzy Q-Analysis and Taguchi Method for Welding Parameters Design with Multi-attribute Quality Characteristics
Sheng-Chai Chi and Wei-Jee Chen( Huafan University, CSQ (Chinese Taipei) )
Information Sharing(第4会場:14:30〜15:50)
1. A Study on An Expansion of An ISO 9001 to cover Product Liability
Joong-Sik Park, Kwan-Suk Lee and Hyung-Bong Ro(Hongik University, KSQM)
2. A Study on Describing the Failure Information
Masataka Tanaka, Michiyo Matsui, Masahiro Imai and Takenori Takahashi (Tokyo University of Science, JSQC )
3. Quality Management System for Realization of 0-defect in Manufacturing in 21 Century " Yoshikawa (Y) Method "
Hideo Yoshikawa ( Intellect Co., Ltd, JSQC ) and Kazuo Hoshino ( BOSCH Braking Systems Co., Ltd, JSQC )
Reliability(第4会場:16:00〜17:20)
1. Applying Systems Engineering for Successful Design and Development of a Performance Measurement System
Kongkiti Phusavat ( Kasetsart University, SQAT )
2. Not only process but testing for software quality
Yasuharu Nishi ( SQC Inc., JSQC )
3. Lifetime Estimation based on Field Failure Data and Discarding Information
Lianhua Wang, Kazuyuki Suzuki and Wataru Yamamoto ( University of Electro-communications, JSQC )
■ Poster Session
Poster Session A (11:00- 14:00)
1. A Study on a PL system for Automobile Parts Manufacturers with QS-9000 System
Myung-Hyun Cho, Kwan-Suk Lee and Il Han ( Hongik University, KSQM )
2. Quality Failure and its Prevention Activities in Design Process
Nam Doo Lee, Shin Wan Kang and Sang Jin Kim ( HSD Engine, KSQM )
3. Comparison between the Taiwanese and the British experience of ISO 9000 and TQC in the Textile Industry
Ching-Shaw Huang ( National Taipei university of Technology, CSQ (Chinese Taipei) )
4. Enhancement of Website User Satisfaction Using Structural Equation Model
Ingie Baek, Youngho Chun and Heesok Park ( Hongik University, KSQM )
5. Research on Customers' Visit and Purchase Behavior in an Internet Shopping Mall for Consumers
Masumi Akita, Hitoshi Ito and Noriaki Kano ( Tokyo University of Science, JSQC )
6. Partnering to Success in an Infrastructure Construction Project
Albert H.C. Tsang( The Hong Kong Polytechnic University, HKSQ )
7. A Study On The Cost Of Continuing Educational Quality
Jaw-Sin Su, Ching-San Chiang and Pei-Ling Wu( Chinese Culture University, CSQ (Chinese Taipei) )
8. Application of Generalized Linear Model to Multi-level Structural Data
Toshifumi Moriwaki and Masamori Ihara ( Osaka Electro-Communication University, JSQC )
Poster Session B (14:20- 17:20)
1. An Empirical Study on the Total Quality Management Performance based on the SCM
Gye-Soo Kim ( Semyung University, Korea, KSQM )
2. The Quality Improvement Model of Six Sigma Project
Chi Ming Kuan ( Secretary General of CSQ (Chinese Taipei), CSQ (Chinese Taipei) )
3. The Ticket Price System Design for Audiences Satisfactions - A case of The National Theater in Taipei
Mei-Ching Tseng, Yu-Ying Ou and Jaw-Sin Su ( Chinese Culture University, CSQ (Chinese Taipei) )
4. A Survey for Quality Science in China
Jichao Xu( Zhengzhou Institute of Aeronautics, CAQ )
5. An Approach to Preliminary Process Planning for Quality
Lian-Yu Zheng and Kwai-Sang Chin(Beijing University of Aeronautics and Astronautics City University of Hong Kong, HKSQ)
6. A Proposed hierarchical framework for Supplier Quality Management
I Ki Yeung and Kwai Sang Chin ( University of Hong Kong, HKSQ )
7. Application of Control Charts in High Quality Processes
Jae Won Paik and Chang Wook Kang ( Graduate School of Hanyang University, KSQM )
8. Statistical Quality Management Based on Two Types of Statistical Quality Control
Takenori Takahashi and Hiroo Sawada ( Tokyo University of Science, JSQC )
9. Costs and profits of ISO 9000 certification
Masahiro CHIBA, Shu YAMADA, and Takeshi FUKUDA ( Tokyo University of Science, JSQC )
■ 使用言語
シンポジウムの公式言語は英語です。通訳はありません。

■ 予稿集
シンポジウム論文予稿集はCD-ROMで配布します。プログラム、発表概要などの印刷物は当日配布します。各発表者による印刷物が配布されることもあります。

■ 参加費
参加費:15,000円(120米ドル)
参加費には2日間のシンポジウム全プログラム、論文予稿集、などが含まれます.

■ 参加申し込み
Webを通じてお申し込みください。URLは
  http://www.jsqc.org/en/inf/order/16aqs/index.html
です。

■ 当日のレジストレーション
14日 午後4時から午後7時まで
15日 午前9時30分から午後8時まで
16日 午前9時から午後5時まで
受付にて参加費をお支払いいただき、論文予稿集(CD-ROM)、プログラム、名札などをお受け取りください。14日にはウェルカム・ドリンクをご用意しておりますので、ご都合のつく方は14日にレジストレーションをお済ませください。

■ 連絡先
シンポジウムWebサイト:http://www.jsqc.org/
シンポジウム専用Email: Inquiry16AQS@jsqc.org
担当者:阿部祐子
Fax: +81-3:5378-1507

■ 会場の略図

営団丸の内線東高円寺駅から徒歩5分




16AQS 組織委員会((社)日本品質管理学会国際委員会)

  • 飯塚悦功 (Yoshinori Iizuka) , Chair
  • 天坂格郎 (Kakuro Amasaka)
  • 兼子毅  (Takeshi Kaneko)
  • 鈴木和幸 (Kazuyuki Suzuki)
  • 鈴木秀男 (Hideo Suzuki)
  • 永田靖  (Yasushi Nagata)
  • 藤原庸隆(Nobutaka Fujiwara)
  • 山田秀  (Shu Yamada)

16AQS プログラム委員会

  • 飯塚悦功 (Yoshinori Iizuka)
  • 飯田孝久 (Takahisa Iida)
  • 大藤正  (Tadashi Ohfuji)
  • 兼子毅  (Takeshi Kaneko)
  • 鈴木和幸 (Kazuyuki Suzuki) , Chair
  • 鈴木知道 (Tomomichi Suzuki)
  • 鈴木秀男 (Hideo Suzuki)
  • 田村泰彦 (Yasuhiko Tamura)
  • 永田靖  (Yasushi Nagata)
  • 仁科健  (Ken Nishina)
  • 山田秀  (Shu Yamada)
  • Aaron W K Tong(HKSQ)
  • Kwai-Sang Chin(HKSQ)
  • Hyung-Wook Kim(KSQM)
  • Young-Taek Park(KSQM)
  • Yung-Ho Suh(KSQM)
  • Sang Chan Park(KSQM)
  • Idaris D. Simorangkir(IQMA)