(社)日本品質管理学会 第13回ヤング・サマー・セミナーのご案内

テーマ主旨:
技術開発をはじめ、文字認識、病気診断、経営評価など多くの分野での適用事例が続々と報告されている品質工学。品質管理を学ぶ中でも、タグチメソッド、SN比、MTシステムという言葉に触れることはしばしばあり、品質工学について“品質管理と品質工学とは一体何がどう違うのか?”という疑問を持つ学生は多いようです。

13回ヤング・サマー・セミナーでは、品質管理を通して「品質」を学ぶ学生にとって共通のテーマをもつ品質工学の理解を深めることは大切であるという考えのもと、品質工学と品質管理のそれぞれの目的や有効性といった両者の関係を明確にしていくことを主題としました。品質工学の基本的な考え方やその手法、現場での報告事例の紹介といった品質工学サイドからの講演、そして、品質管理サイドから品質工学の理論面へのアプローチについて講演していただきます。これらを通して、「品質」という共通した大きなテーマについて一層の理解と新たな研究の取り組みへのきっかけとなることを期待しております。

正会員の皆様:
今年度もJSQCではヤング・サマー・セミナーを行います。今年で13回目を数える本セミナーは、毎年多くの大学の研究室から学生が集い若手会員の交流を深める一泊二日のイベントとなっております。正会員の皆様におかれましても多くの方々にご参加いただき、学生や正会員にかかわらず討論会では活発な意見交換を行い、親睦会では若手同志で親睦を深めたいと考えております。正会員の皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

戻る