JSQC 社団法人日本品質管理学会
HOMEENGLISH 入会案内 お知らせ 記録・報告 定期刊行物 論文・記事募集 関連情報 リンク コミュニケーション・メーリングリスト
授賞の記録
名誉会員一覧
ルポ・会員による活動報告
Copyright (c); 2001 JSQC

第1回品質管理推進功労賞受賞 横山 清 氏

 

横山 清 yokoyama kiyoshi
学歴: 1960年3月 法政大学 工学部 機械工学科卒業
職歴: 1960年 安川電機入社 生産技術部配属
1975年 人事開発室長  
1978年 VIQ推進室課長 安川電機及び関係会社へのQCサークルの導入推進
1981年 TQM推進部課長 安川電機へのTQMの導入推進
1984年   安川電機D賞挑戦と授賞推進
1985年 TQM推進部長 安川電機及び関係会社へのTQMの定着
1989年 信頼性センター長 信頼性技術の強化充実
1991年   CI導入とTQM活動の一体化
1992年 品質保証部長 ISO活動の導入とTQM活動の一体化
1995年 安川設備技研 代表取締役就任
    安川設備技研での経営に貢献するTQMの実践展開

私を育て、はぐくんだ品質管理
私が初めてQCと出会つたのは入社して間もないストの日の事でした。

工場長と2人きりの部屋で終日(物作りとバラツキの話)を聴かせてもらい,これがきつかけとなりSQCを学ぶ事になりました。

2度目の出会いは,石油ショツクの後です。受注量が半減し会社の存続すら危ぶまれていた時、社長より(変化に対応できる体質作り)が提唱され全社員一丸となりTQMに取り組む事になりました。

TQM推進事務局としてD賞受賞までの4年間,更に今日までの15年間、実践をとうして沢山の先生方から問題解決のノウハウを学ばせて頂きました。

今回,この様な立派な賞を頂き心より感謝すると共に,ぜひこの素晴らしい実践的な教育のしくみを日本の財産として残して行きたいとおもつています。

(継続こそ力)と申します。現在、私は毎日の生活の中で自然にQCを実践するよう心がけています。

TQMを推進しながら学んだ今一つの事は(常念必現)と言う事です。これは、いつも思い願つている事は必ず実現すると言う事です。閉塞感に満ちた日本の(現場)をTQM,QCサークル活動で明るく,楽しいものにして参りましょう。


このページの最上部へ第1回品質管理推進功労賞受賞者一覧に戻る

--------The Japanese Society for Quality Control--