JSQC 社団法人日本品質管理学会
HOMEENGLISH 入会案内 お知らせ 記録・報告 定期刊行物 論文・記事募集 関連情報 リンク コミュニケーション・メーリングリスト
授賞の記録
名誉会員一覧
ルポ・会員による活動報告
Copyright (c); 2001 JSQC

第1回品質管理推進功労賞受賞 杉山 哲朗 氏

 

中部品質管理協会  専務理事 杉山 哲朗

社会の質を高める活動へ
1966年、日本電装梶i現 潟fンソー)へ入社以来、品質管理の推進に携わってきました。会社が、日本の製造業の成長の中心であった自動車産業であること、比較的早くデミング賞を受賞した(1961年)こともあって、日本がQCからTQCへ、そしてTQMへと発展してきた歴史の中で、さまざまな品質管理の勉強、体験をすることができました。そして、QCサークル活動の推進、海外(特に、欧米のカーメーカー)へのTQCの紹介活動などを通じて多くの人たちと交流の機会を持つことができました。この度の受賞は、その間、ご指導、ご支援をしていただいた皆様のお蔭と深く感謝申し上げます。

今まで体験してきた活動を振り返って思いますことは、質の対象が拡大してきたことです。ご承知のように、製品品質から、サービス・仕事の質へと拡大してきましたが、質の次元が増すほど品質管理の世界は、科学技術に加えて、社会科学の応用へと研究分野はひろがってきました。難しくなったことは、それだけ社会から期待されていることです。

これから私たちが取り組まなければならない質の対象は、さらに範囲が拡大していくことは間違いありません。循環型社会への移行により、環境の保護が重視され、子孫に地球という財産を残していくためには、その質を管理していかなければなりません。さらには、今、問題になっている医療の質、そして、行政、教育の質を改善して社会の質を高めていくことが次なる品質管理の課題であると思います。

文科系の人たちにも品質管理の研究に関わってもらい、理解者を増やしていく。そして、なによりも次世代を担う若い人たちにもっと勉強してもらい、品質管理が発展していくことを願っています。


このページの最上部へ第1回品質管理推進功労賞受賞者一覧に戻る

--------The Japanese Society for Quality Control--