JSQC 社団法人日本品質管理学会
HOMEENGLISH 入会案内 お知らせ 記録・報告 定期刊行物 論文・記事募集 関連情報 リンク コミュニケーション・メーリングリスト
授賞の記録
名誉会員一覧
ルポ・会員による活動報告
Copyright (c); 2001 JSQC

第1回品質管理推進功労賞受賞 杉浦 忠 氏

 

氏名 杉浦 忠 (Tadashi Sugiura)
職歴 1960年 都立北豊島工業高校卒・(株)北辰電機製作所入社 技術部勤務
1978年 監督者会役員 HAIサ−クル活動(小集団活動)担当
1980年 TQC推進室 係長・製造部門のTQC担当(デミング賞対応)HAIサ−クル全社推進事務局
1981年 QCサ−クル京浜地区幹事
1984年 QCサ−クル本部世話人
1989年 QCサークル京浜地区 副世話人
1993年 横河電機グループQCC推進委員会(QCBUC会議)副議長
1995年 QCサークル京浜地区幹事長 ICQCC95-Yokohama企画委員 QCサークル綱領改訂委員
1998年 QCサークル活動をLETS活動に改組 横河グループLETS活動推進統括
2000年 「品質管理」誌編集委員 QCサークル上級指導士 日本品質管理学会事業委員
QCサークルの基本−改訂版QCサークル綱領共著 QCサークル本部
QCサークルのためのQCストーリー入門共著 日科技連出版社
QCサークルのためのカット集−第1集・第3集日科技連出版社
QCサ−クル運営の技('89品質月間テキスト)品質月間委員会
QCサ−クル活性化へ新たな展開('96品質月間テキスト)品質月間委員会
The QC Storyline, A guide to Solving Problems and Communicating the Results共著 APO
続QCサークルのためのQCストーリー入門「STEPSとサイバー活動のすすめ」共著 日科技連出版社
e-ビジネス時代に自分を活かす 魅力的プレゼンのスキル('00品質月間テキスト)品質月間委員会

「私とQCサークル活動」
私と品質管理のお付き合いのルーツは、1972年に開発技術から営業技術に異動になり、そこで広告宣伝・営業ドキュメントやパブリシティを担当したときに出会ったQCサークル活動にあるといえます。もちろん、それまでも技術屋の端くれに籍を置いていた自分は、技術屋の必須技術として上司の命令で「しぶしぶ」品質管理の勉強はやっていましたが、その結果、見事といえるほどの「アンチQC」の姿を作ってしまいました。

ところが、技術屋を廃業して資料屋になり、その「被害者意識の塊」の職場で、異動のミッションの遂行が上手くいかず、悶々としていたときにQCサークル活動と出会い、みんなで小遣い稼ぎをやろうよと動機不純で活動をやったのがその切っ掛けになったのです。

「金儲けの手段」としての活動が、実は瓢箪から駒になって、活動すればどんどん成果が出る。成果が出ると上司や経営トップから誉められる。誉められたらみんなの意識がどんどん変わり生き生きと仕事をする。生き生きと仕事をすると、良いものができて後工程からは「テクニカルライター」集団として信頼される…と、今までの「悪魔のサイクル」が「エンジェルのサイクル」に切り替えられ、順風に乗る事ができたのです。

この一件を当時のTQC推進室長が聞きつけて、「営業で品質管理をやっている特異なやつ」という折り紙付きで異動になり、以来20年、TQM・品質管理・QCサークル活動の推進という仕事を続ける事ができ、アンチQCだったものが今では「QCが天職」といえる仕事を得る事ができました。これもQCサークル京浜地区をはじめとする諸先輩の薫陶の賜物と本当に感謝しています。

少しでもの恩返しと学会の事業委員や品質管理誌の編集委員を担当させてもらっていますが、その中で「QCサークル・QCサークル」と今でもわめきつづけています。これも動機不純で参画した「技無しのQC屋」がサークル信奉者になった「業」とおもってお許し願いたいと思います。この賞を戴いたのですから、低迷するQCサークル活動の再活性化をライフワークと位置付けて、活動をしていきたいと思います。これからもご支援のほど重ねてお願いします。


このページの最上部へ第1回品質管理推進功労賞受賞者一覧に戻る

--------The Japanese Society for Quality Control--