JSQC 社団法人日本品質管理学会
HOMEENGLISH 入会案内 お知らせ 記録・報告 定期刊行物 論文・記事募集 関連情報 リンク コミュニケーション・メーリングリスト
授賞の記録
名誉会員一覧
ルポ・会員による活動報告
Copyright (c); 2001 JSQC

第1回品質管理推進功労賞受賞 下山田 薫 氏

 

下山田 薫、Shimoyamada Kaoru
学 歴: 1958年 福井大学工学部機械工学科卒
職 歴: 1958年 小松製作所に入社
1981年 小松製作所本社品質保証部長
1992年 コマツ・キャリア・クリエイト代表取締役副社長
1995年 コマツ・キャリア・クリエイト特別顧問
活動歴: 1982年 日本品質管理学会理事
1988年 日本品質管理学会誌「品質」編集委員
1990年 日本品質管理学会評議員
著 作: 1985年 TQC用語辞典(日本規格協会)共著
1990年 TQC推進における管理項目の実際(日本規格協会)共著

「私と品質保証」
「品質管理の真髄は品質保証にある。」ことを教えて下さったのは石川馨先生でした。 しかし、直接そういうお話をされる方ではありませんでした。 初めての指導会のとき、先生の最初のご質問は「お客様はこの会社の製品についてどの様に思っているのか?」というものでした。 当時の設計技術者はうまく答えられませんでした。 そのご質問が切っ掛けとなって市場調査が始まり、調査結果の分析、不具合原因解析、商品企画へのフイードバック、設計、製造、販売、サービスの全ての工程がお客様の立場から見直されていきました。 このような活動の結果、お客様が喜ばれる製品を世に送り出し、売り上げが伸びました。 その結果を見て、先生はこれが品質保証活動だと言われました。 私が品質管理について最初に教えられたことは「品質保証活動はマーケットから出発する。」ということでした。 その後、製造、検査、品質管理推進の仕事をして、多くの問題にぶつかりましたが、お客様の側に立って考えれば必ず良い解が見つかることを体得しました。 特に品質管理推進の仕事は人を動かしていかなくてはなりません。 お客様という共通の認識があれば必ず相手は納得して行動を起こしてくれます。 今日まで私の活動を支えてくれた源はお客様でした。
以上


このページの最上部へ第1回品質管理推進功労賞受賞者一覧に戻る

--------The Japanese Society for Quality Control--