JSQC 社団法人日本品質管理学会
HOMEENGLISH 入会案内 お知らせ 記録・報告 定期刊行物 論文・記事募集 関連情報 リンク コミュニケーション・メーリングリスト
授賞の記録
名誉会員一覧
ルポ・会員による活動報告
Copyright (c); 2001 JSQC

第1回品質管理推進功労賞受賞 西山 富人 氏

 

氏  名   西山 富人 [Nishiyama Tomito]
学  歴   1963年   名城大学理工学部機械工学科卒
職  歴   1963年   荒川車体工業(現アラコ)株式会社へ入社
1982年   TQC推進部 次長
1986年   寿製造部 部長
1990年   品質保証部 部長
1994年   TQM推進部 部長
2000年   中部品質管理協会へ出向
理事 事務局長
社会活動 1983年   QCサークル愛知地区幹事
1993年   QCサークル愛知地区幹事長
1994年   QCサークル本部指導員,QCサークル誌編集委員,東海支部副世話人,愛知地区副世話人
1999年   QC学会中部支部幹事長

関連事項

  • アラコ(株)のTQC導入時代から推進役を務め,各賞受賞に貢献
  • 現場実践を通して,地域のQC活動の普及・発展に貢献
アラコと歩む品質管理の道のり
中部品質管理協会   にしやま とみと
(アラコ(株)出向社員) 西山 富人


創立30周年おめでとうございます。記念すべき節目の年に産業人が対象となった新設賞を賜り,本音で嬉しい気持ちです。

この度自分のテーマを"アラコと歩む品質管理の道のりで行こう!"と決め,真先に思い出されたことは,親会社トヨタ殿の先輩達の熱心で厳しい顔でした。

振り返って見ますと,60年代のトヨタ殿はデミング賞受審に向けて社内QC教育が計画的で,しかも活発に開催されていました。

新入社員の私は定時以降の定期計画であったQC入門コース,アドバンスコースへ通い,「QCの基本」を先輩達に教えて頂きました。その後のQC研究会メンバーとして,方針管理やQCサークル活動など基礎となるシステムづくりを学び,アラコへの導入・発展,さらに推進へ連ぎ得ることが出来ました。

そして70年代では,使えるアラコ流のQA規則づくりを進め,別名を"AR(アラコ)憲法"と呼ぶことにし,次の80年代のトヨタ品質管理賞受審へ全社活動を展開し,足元固めの体制づくりに活しました。

この時期のエピソードですが,当時の社長の考え方・進め方への部分的な面で意見が対立し,オレの言うことがまだわかっていない!と書類(ファイル)を投げられたこと,意見が合えば夕食を共にしたことも懐かしい思い出です。

90年代になって,アラコは創立50周年(97年7月)を迎えるため,記念となる物を残したいという社長の思いもあって,TPM賞への挑戦を提言し,旗派りを務め,4工場を同時に,しかも他社より短期間で実現しました。

最後に,地域活動ですがQCサークル・QC学会を中心に約20年間,常にアラコで培った実践活動をベースに支部長の補佐役として幹事長又は,地域役員でバックアップすることが出来たと思っていて今も継続しています。

現在,中部品質管理協会の仕事をしています。今回の賞を励みに中部地域を中心として,今迄の経験を活かし,環境変化に十分対応した品質管理の普及・発展へ寄与したい。


このページの最上部へ第1回品質管理推進功労賞受賞者一覧に戻る

--------The Japanese Society for Quality Control--