JSQC 社団法人日本品質管理学会
HOMEENGLISH 入会案内 お知らせ 記録・報告 定期刊行物 論文・記事募集 関連情報 リンク コミュニケーション・メーリングリスト
授賞の記録
名誉会員一覧
ルポ・会員による活動報告
Copyright (c); 2001 JSQC

2004年品質管理推進功労賞受賞 中野 至 氏

 


氏 名 中野 至 NAKANO ITARU
学歴、職歴、社会活動、著作等
1948年 北海道 生
1972年 中央大学 理工学部精密機械工学科 卒業
1972年 鰹ャ松製作所(コマツ)入社 小山工場工作部 技術スタッフ
1980年 小山工場 工場管理室 TQC推進担当
1985年 本社 品質保証部 全社TQC推進担当(コマツ品質管理賞担当)
1991年 QCサークル関東支部 事務局
1993年 技術本部 全社TQC推進 主査
1993年 QCサークル本部指導員 QCサークル誌編集委員
1995年 QCサークル京浜地区 改革委員長(以後・表彰、企画委員長)
1997年 QCサークル誌編集 副委員長
1998年 生産本部 品質保証部 全社TQM推進 主任技師
2002年 コマツ 退職
2002年 品質管理学会 研究開発委員会 WG委員
2003年 マネジメントT&K 設立 現在に至る

◎主な著書
日科技連出版社:「アイデア発想法」 共著
品質管理月間テキスト「21世紀に対応!! QCサークル活動のQ&A」編著
品質管理月間テキスト「源太郎事務局e−QCC推進対作戦」共著
クオリティマネジメント誌、QCサークル誌で多数執筆

私と品質管理
私は、鰹ャ松製作所(コマツ)で8年間工場の生産技術を、5年間工場の品質管理活動(TQC)の統括を、17年間本社部門で全社の品質管理活動(TQC・TQM)の統括を勤め、2002年に退職しました。本社勤務の17年間で、コマツグループの品質管理活動を推進し、特に関係会社5社、協力企業12社、販売店22社の品質管理活動(TQC)の導入の支援をしてきました。また、社外では、QCサークル本部、支部、地区活動を通じ、小集団活動の支援を実践してきました。

この30年間の経験から、仕事を進める時、論理的に物事を考える(シンクロジカル)、知識に磨きを掛け活用する(ナレッジワーク)、全体最適になるよう行動する(トータルアクション)、常に最善を目指す(カイゼンスピリッツ)、以上のことが大切であると体得しました。この考え方が、品質管理活動の真髄であると感じています。そこで、退職後は私の経験をわずかでも社会へお返し出来ればと思い、この考え方をもとに、「マネジメントT&K」を設立しました。

また、社内外の方々とのおつき合いから、スキー、カヌー、ヨット、キャンプ、薫製作り、家具作りのノウハウを会得しました。趣味を通じてちょっと違う人生の過ごし方のノウハウについても、何らかの形でお伝え出来ればと思っています。


このページの最上部へ2004年品質管理推進功労賞受賞に戻る

--------The Japanese Society for Quality Control--