JSQC 社団法人日本品質管理学会
HOMEENGLISH 入会案内 お知らせ 記録・報告 定期刊行物 論文・記事募集 関連情報 リンク コミュニケーション・メーリングリスト
授賞の記録
名誉会員一覧
ルポ・会員による活動報告
Copyright (c); 2001 JSQC

2004年品質管理推進功労賞受賞 村川賢司 氏

 


氏 名 村川賢司 MURAKAWA KENJI
学歴、職歴、社会活動、著作等
1976年 東京工業大学大学院を修了し,前田建設工業竃{店量産部に勤務。
1980年 TQC推進本部発足以来,1989年デミング賞/1995年日本品質管理賞の事務局など,主に黒子として四半世紀にわたりTQM推進に携わる。
1989年 TQC推進室長,1990年社長室OA推進担当室長,1993年社長室TQC推進兼品質保証担当室長,2000年総合企画部部長(TQM担当)を経て,2004年4月からは総合監査部部長。

 (財)日本科学技術連盟の品質管理普及事業,(財)日本規格協会のISO/JIS化作業,(社)日本品質管理学会における委員会などへの参画を通し,社会的視点を重んじた企業の品質管理実践への普及,また2004年度は信州大学客員教授として建設業における品質管理に関する啓発を進めた。

 環境マネジメント便覧(規格協会),クォリティマネジメント用語辞典(規格協会),プロジェクトにおけるマネジメントの指針(規格協会),超ISO企業(日科技連),ISO9000ファミリー用語辞典(日刊工業新聞社)などに共著者として執筆を手掛ける。

 (社)日本建築学会及び(社)日本品質管理学会の会員。

「黒子として自然体の品質管理を指向して」
品質管理との出逢いは,約四半世紀前,JV現場で他社のTQC活動に触れたときでした。改善活動の成果がノウハウとして蓄積されている様に,「このままでは競争に負ける」という漠然とした危機感がTQM活動の始まりでした。このときに抱いた問題意識を今も大切に,現場の改善がTQM推進の原点になっています。

デミング賞や日本品質管理賞への挑戦は,トップから第一線,そして建設に携わる協力会社を含めて,強い人づくりであったと思います。品質管理賞という節目を超える過程で,企業を構成する人は,科学的指向や問題解決力を高め,自己実現の資質を磨くことができました。そして,企業は,戦略とそれを実現するプロセスの大切さを学び,倫理観に裏打ちされた仕組みづくりにより品質競争力を手にしました。品質管理は「事実・データで経験を次の仕事に活かすこと」を知り,品質保証や安全管理などの様々な仕組みを形づくる過程で,経験の伝承への鳥羽口を見つけることができたことは大きな資産を企業にもたらしたと思います。また,企業の枠を超えた視点で,品質管理学会などの日本の品質管理を支える諸活動へ様々な立場から関与し汗をかくことが,将来の日本を創るために大切との認識も育まれました。

成果主義が強調される中で黒子の使命は担いにくさを感じますが,品質管理を自然体で実践していくには,黒子の役割は極めて大切と思います。

「和して同ぜず」と「人事を尽くして天命を待つ」は私の好きな言葉です。それは,既存の価値観に囚われることなく異質の協力のもとで意思決定し,新しい価値創造にチャレンジしていくことの大切さを訴えていると思われるからです。


このページの最上部へ2004年品質管理推進功労賞受賞に戻る

--------The Japanese Society for Quality Control--