JSQC 社団法人日本品質管理学会
HOMEENGLISH 入会案内 お知らせ 記録・報告 定期刊行物 論文・記事募集 関連情報 リンク コミュニケーション・メーリングリスト
授賞の記録
名誉会員一覧
ルポ・会員による活動報告
Copyright (c); 2001 JSQC

第1回品質管理推進功労賞受賞 北川 清一 氏

 

北 川 清 一 KITAGAWA SEIICHI
1966年 (財)日本規格協会関西支部に勤務
1969年 教育研修事務局を担当、現在に至る。
その間、関西を中心に、品質管理の推進と普及・啓蒙を業務とし、特に数多くの企業内研修の企画・実施・運営に携わり、地域企業への推進支援を行う。
また、産学連携・異業種交流を図る仲立ちとしての研究会(モチベーション研究会、研究開発管理技術研究会等)の設立や運営に尽力、その成果として「おはなしモチベーション」や「研究開発とTQC」「やさしいQC七つ道具」等の出版に関与。
1991年 (社)日本品質管理学会関西支部設立に積極的に関与し、学会の事務局全般の活動を補佐。

授賞の喜び
品質管理の、より一層の発展と普及・啓蒙をねらいに、企業の品質向上と改善活動および効率化等のマネジメントに役立つ研修や、それに伴う研究会の事務局を永年担当させていただいて思うことは、私自身は決して力持ちではありませんが、「縁の下の力持ち」という言葉があるように、品質管理のみならず様々な活動や運動を推進されている団体や企業、あるいはグループ等の事務局といった立場に携わる事は真に「縁の下の仕事」であるということです。またそのように自覚して徹する事が大切ではないでしょうか。

縁の下の生き物は縁の上の陽の当たるような明るい場所は不向きで決して居心地の良い場所ではないのと同じように、事務局が縁の上に出ることは必ずしも望ましい姿ではありません。はからずも今回、品質管理推進功労賞をいただき、初めて表舞台に立つこととなり、やはり心苦しくて、それこそ縁の下にもぐりたい心境でした。

今回の受賞を辞退させていただくことも考えましたが、「縁の下」といった言葉も、住宅等の変化とともに消えつつある昨今、そういった言葉も耳にしなくなる特に若い世代の、同じような業務に携わる仲間達に、地道な努力と活動を理解していただけるということと、夢と希望を与える機会になればと思い、受賞の栄に浴させていただきました。

これを励みに、日本品質管理学会をはじめ品質管理の更なる飛躍・発展のために、お役に立つべく尽力させていただきたいと思います。本当にありがとうございました。


このページの最上部へ第1回品質管理推進功労賞受賞者一覧に戻る

--------The Japanese Society for Quality Control--