JSQC 社団法人日本品質管理学会
HOMEENGLISH 入会案内 お知らせ 記録・報告 定期刊行物 論文・記事募集 関連情報 リンク コミュニケーション・メーリングリスト
授賞の記録
名誉会員一覧
ルポ・会員による活動報告
Copyright (c); 2001 JSQC

2004年品質管理推進功労賞受賞 加古 昭一 氏

 


氏 名 加古 昭一 AKIKAZU KAKO
学歴、職歴、社会活動、著作等
◎学歴
大阪府立大学工学部工業経営学科卒業

◎職歴
1959年、日本ペイント株式会社。
大阪支店品質管理課、大阪工場生産技術課、本社企画調査室係長、大阪工場品質管理課長、人事部、能力開発センター所長。
JSA審査登録事業部QMS主任審査員。
神戸大学工学部、大阪府立大学工学部、京都産業大学経営学部各非常勤講師。
JUSE-BC、DE、JSA-QS、IQC、ISO、AOTS-QC各セミナー講師。 新QC七つ道具シンポジュウム組織委員。

◎主な著書
「管理者・スタッフのための新QC七つ道具(共著)」
「研究開発とTQC(共著)」
「おはなしモチベーション(共著)」
「管理図法」
「問題解決の手法が面白いほどわかる本」
「組織管理能力を身につける」
「親和図法(VTR)」など。

品質管理と私
品質管理の導入期に採用され、作業標準づくりからスタートしました。モデルがなく試行錯誤の末、多種少量生産形態にマッチした作業管理表形式で定着しました。JUSE-BCで、SQCを学び、管理図、QC七つ道具、DE手法の導入を進めました。わからないことが多く、JSA品質管理研究会で異業種の方々から多くの実践的教示を得たことを思い出します。大阪工場は工業標準化優良工場として通商産業大臣賞を受賞しました。JUSE統計的方法部会で安藤貞一先生にSQCとDEを教えて頂きました。NPCでは、直交配列法、分割法、乱塊法、感覚量の解析法などを重視しました。TQCは、“TQC by Objectives”として推進し、間接部門まで参画を得ました。

納谷嘉信先生には、JUSEにおける新QC七つ道具の開発、普及活動とJSAにおける研究開発管理技術研究会の幹事として御指導を得ました。学者であり、経営管理者であり、産学のオーガナイザーである先生から多くの教示を得ました。

近藤良夫先生の御指導の下にJSAモチベーション研究会において、西堀栄三郎博士のパイオニア精神を柱とする「モチベーション研修」を開発しました。ロジックを中心とするSQC、TQC教育の中へノンロジックの教育を導入する画期的な試みです。

ISO-QMS審査を通じて、未開拓のQMSの広い裾野に接した時は、新たな感慨がありました。

この間、お世話になりましたJUSEの相馬義人氏、JSAの北川清一氏に深く感謝します。

シャーロック・ホームズは「緋色の研究」において、推論と分析の学は、長く辛抱強い研究を積み重ねることによってのみ修得出来る、と言っています。推論と分析の学であり術であるSQCとTQMも最高の域に到達するためにライフワークとするにふさわしいものだと思います。


このページの最上部へ2004年品質管理推進功労賞受賞に戻る

--------The Japanese Society for Quality Control--