JSQC 社団法人日本品質管理学会
HOMEENGLISH 入会案内 お知らせ 記録・報告 定期刊行物 論文・記事募集 関連情報 リンク コミュニケーション・メーリングリスト
授賞の記録
名誉会員一覧
ルポ・会員による活動報告
Copyright (c); 2001 JSQC

第1回品質管理推進功労賞受賞 藤川 篤信 氏

 

藤川 篤信 (ふじかわ あつのぶ) Fujikawa Atsunobu
1962年 同志社大学 機械学科修士課程修了
1962年 トヨタ自動車工業(株)に入社
1965年 デミング賞受賞活動
1973年〜 QCサークル活動支援・推進(〜1997年)
1993年〜 QCサークル東海支部幹事長・副世話人
1994年〜 QCサークル本部指導員
1997年 トヨタ自動車(株)定年退社
1997年〜 (財)日本品質保証機構入社 IS09000品質システム審査員
1998年〜 QCサークル東海支部世話人 IS09000品質システム主任審査員
1999年〜 QCサークル本部幹事

私の品質管理の三つ思想を育んだもの
私と品質管理との出会いは,1962年に品質管理という理屈だけを持って,当時のトヨタ自動車工業(株)に入社したその年であった。

現在のランドクルーザーの屋根の剛性アップが最初の仕事であった。

それは,設計基準を大きく上回る値であったと記憶している。
定かな記憶ではないが,たしか中近東あたりに出荷する車で,屋根に多くの人が乗ることがあるためだと当時の先輩から聞かされた。品質の基準は顧客が決めることを学んだ。

当時,何年間かで一本発生するブレーキライニングの剥がれ対策のための材料開発の仕事をお手伝いした。原因は加熱工程の工程飛びであったが加熱によって色が変わる接着剤を仕入先の方々と開発し対策に成功した。後工程に送る製品の不良率は「ゼロ」であるべきことを学んだ。

この二つの学習は新入社員にとって強烈なインパクトであり,それ以降の私の品質管理活動の思想におおいなる,良い影響を及ぼすに十分であった。しばらくの期間技術部で材料開発の仕事に専念した後で,現場に出て「ものづくり」を経験する機会を得た。これが品質管理の三つ目の思想を学ぶ機会であった。

人−機械系の製造ラインでは,いかに優秀な設備を導入しても人の要因を1OO%なくすることは出来ない。とくに自動車産業においてはこの要因の寄与率は大きい。人の活力を十二分に高め,自主的な,自立的な活動を促すことはとりもなおさず品質を高めることになり,品質管理の点で好結果,即ち,後工程に「不良ゼロ」の品質の製品を送ることを可能にする事を学んだ.

また,近年ISO9000の審査活動を通じて,これら三つの思想の大切さを再認識し,置かれている状況に対して漠然とはしているもののある種の不安を感じている.価値ある品質経営のために更なる努力を継続したいと念じて止まない。

以上


このページの最上部へ第1回品質管理推進功労賞受賞者一覧に戻る

--------The Japanese Society for Quality Control--