JSQC 一般社団法人日本品質管理学会
HOMEENGLISH 入会案内 お知らせ 記録・報告 定期刊行物 論文・記事募集 関連情報 リンク コミュニケーション・メーリングリスト
授賞の記録
名誉会員一覧
ルポ・会員による活動報告
Copyright (c); 2001 JSQC

2016年品質管理推進功労賞受賞 石山 一雄 氏

 
氏 名

石山 一雄 Kazuo Ishiyama

石山 一雄 氏
学歴・経歴、委員会活動、表彰
  1970年 中央大学理工学部電気工学科卒業、株式会社東芝入社−青梅工場品質保証部
  1991年 株式会社東芝 青梅工場 品質保証部長
  1994年 株式会社東芝 品質保証センター長
  1994年〜1995年 日本品質管理学会 評議員、「品質」誌編集委員
  1995年 日科技連QCサークル京浜地区地区長会社幹事
  1998年 株式会社東芝 パーソナル情報機器事業本部 技術管理部長兼品質統括責任者
  1999年 株式会社東芝 経営変革推進本部 経営変革上席エキスパート、マスターブラックベルト、経営変革運動中国地区責任者
  2002年 東芝シグマコンサルティング株式会社 取締役経営変革MI事業推進部部長、マスターブラックベルト
  2004年〜 中国質量協会シックスシグマ管理推進工作委員会専門家委員
  2009年 東芝シグマコンサルティング株式会社 退職
  2009年〜 ISO TC69統計的方法の応用/SC7シックスシグマ 日本代表委員
  2012年4月 中国質量協会栄誉表彰 シックスシグマ管理推進十周年突出貢献者
  2014年8月〜 ISO TC69/SC7・SC8国内合同委員会 副査

私と品質管理そしてシックスシグマ

 1977年に当時の上司の勧めで、軽い気持ちで日本品質管理学会に入会し、以来今日に至っています。入会当初届いた「品質」誌は、Vol.7, No.4, 1977から最新のVol.46, No.4, 2016までを(15年のあゆみ、〜20年、〜25年、〜30年のあゆみも)欠けることなく書棚に保管し、辞典のように時々見ています。自分が投稿したのはVol.33, No.2, 2003のシックスシグマ特集号のみというのが残念な点です。振り返ると、入社以来品質畑を歩んできた私にとって「品質」というキーワードをぶれることなく持ち続けたことが、会社での仕事に対する姿勢、自分自身にとって良かったと考えています。
 今回の受賞の一因であるシックスシグマは、東芝が1998年後半から全社導入を決定し推進部門を設置した時からの付き合いで、今まで実践してきた品質活動とのギャップに戸惑い、しかし、「品質」という軸でそれを乗り越え理解してきました。2003年に北京で開催された第1回ANQでの講演がきっかけとなり中国質量協会のシックスシグマ活動のお手伝いを始め今日に至っています。
 シックスシグマは、1980年代半ばに日本のTQC、QCサークル活動、現場改善活動を参考にして米国で開発され、その後、経営課題を解決する体系的手法となり、世界の共通語になり、2008年ISO TC69統計的方法の応用技術委員会の中にSC7シックスシグマ小委員会が出来、国際規格が発行されるに至っています。今回の受賞を機に、日本的品質管理とシックスシグマを共に実践してきた経験を活かし、日本におけるシックスシグマの認知度向上、理解促進と普及に努めたいと考えます。


このページの最上部へ2016年品質管理推進功労賞受賞に戻る

--------The Japanese Society for Quality Control--