JSQC 社団法人日本品質管理学会
HOMEENGLISH 入会案内 お知らせ 記録・報告 定期刊行物 論文・記事募集 関連情報 リンク コミュニケーション・メーリングリスト
授賞の記録
名誉会員一覧
ルポ・会員による活動報告
Copyright (c); 2001 JSQC

2013年品質管理推進功労賞受賞 国分 正義 氏

 
氏 名 国分 正義 Masayoshi Kokubun 国分 正義 氏
学歴:職歴:社会活動:著作等
 
1970年 日本大学 工学部 工業化学科 卒業
1970年   ぺんてる株式会社 中央研究所入社
1976年   デミング賞実施賞挑戦に向けての茨城工場業務スタッフ部門総括責任者
1986年〜   本社TQC推進室全社品質管理教育推進 全社QCサークル推進事務局長
1996年〜   社長室、経営戦略室(経営戦略立案・方針管理・TQM教育・人材育成)
2000年   退社 つくば品質総合研究所設立 所長就任
 
 
 
 
   
日本科学技術連盟嘱託 研修講師、日本規格協会研修講師、茨城県立自治研修所講師、PHP研究所嘱託 ゼミナール講師
日本経団連国際協力センター:中国、東南アジア、中東・東欧コース、経営講師
国際協力機構(JICA):バングラディシュ国 国家公務員研修能力強化プロジェクト講師
日本経営協会:行政の品質管理普及活動
日本品質奨励賞審査委員会委員、医療の質奨励賞審査委員会委員・審査員養成研修講師
QCサークル関東支部京浜地区・副世話人・顧問・アドバイザー、 *本部認定指導員
中国質量協会品質経営講師、上海質量協会品質経営講師、  *中国企業社外技術顧問
日本品質管理学会編集委員会委員    *日科技連:第53回、第55回洋上研修講師
課題達成型QCストーリー(共著)、課題達成型QCストーリー活用事例集(共著)、課題達成型QCストーリーに役立つ手法(共著)、マネジメントのための課題達成型QCストーリー(共著)、業務改善ナビゲーションツール「スタット!NAVI」(共同開発)

品質管理の道への分水嶺
 思いだします。あれは、1978年、デミング博士がぺんてる(株)茨城工場に来訪されるとのニュースが飛び込んできた時の事です。前々年デミング賞実施賞を受賞し、その感激が未だ冷めやらない時期だけに「もう、びっくり」でした。「すわー、どうする?」が第一声で、右往左往するばかり。当時私は茨城工場の業務課に所属し担当責任者であったので、責任の重さにつぶされるような感覚を持ったことを今でも覚えています。それまでは、舗装されていない工場内メイン道路がこの機に舗装され、「デミング道路」と呼ばれました。このように工場は大改造につぐ大改造の中、一番の心配はデミング博士にお出しする昼食でした。思案の末に、水戸の京成百貨店の料理長に相談に行きました。するとどうでしょう、その料理長はデミング博士の事を知っておられたのです。デミング賞挑戦のプロセスを経験していてもそれまでは、品質管理は狭い世界の特殊技術であるとの認識しか持っていなかった私は、ショックでした。料理長の言葉、品質を大切に扱うのは、料理の世界も同じです……よ。お客様がご満足して戴けることに最大の魅力を感じているのです。勿論、直ぐにその料理長に茨城工場に来て戴き、食堂の厨房施設で何回も試作を重ねました。
 工場見学を無事終わられ、デミング博士が食事のテーブルに着きました。「GOOD!」の言葉を聞いたときは、もう、我天にも昇る気持ちでした。この日から「品質管理」を真剣に勉強しようと思いました。これが私の「長い品質管理の道程」の始めの一歩となりました。まさに品質管理の道への分水嶺でした。茨城工場のデミング道路沿いに、今でもデミング博士が植樹された月桂樹の木が青々と茂っています。

このページの最上部へ2013年品質管理推進功労賞受賞に戻る

--------The Japanese Society for Quality Control--