JSQC 社団法人日本品質管理学会
HOMEENGLISH 入会案内 お知らせ 記録・報告 定期刊行物 論文・記事募集 関連情報 リンク コミュニケーション・メーリングリスト
授賞の記録
名誉会員一覧
ルポ・会員による活動報告
Copyright (c); 2001 JSQC

2008年品質管理推進功労賞受賞 北廣 和雄 氏

 


北廣 和雄 氏
氏 名 北廣 和雄 Kitahiro Kazuo
学歴・職歴・社会活動・著作等
1974年 徳島大学大学院 薬学研究科修了
1974年 積水化学工業株式会社 入社
1992年 尼崎工場メディカル製造部長
1999年 メディカル事業本部 技術部長
2000年 本社技術部 品質管理室長
2004年 CS品質経営部 品質グループ 部長
2006年 R&Dセンター モノづくり革新センター 部長
その間、品質管理学会代議員、同関西支部幹事、QCサークル近畿支部幹事長、同本部指導員、QCサークル誌編集委員、JIS品質管理責任者専修科講師他を担当。技術士(経営工学・総合技術監理)。




私と品質管理

 私の品質管理との出会いは、積水化学工業鰍ノ入社し尼崎工場に配属されてすぐでした。全社でデミング賞に挑戦(1979年受賞)することとなり、実務担当者としての活動がスタートです。体系的に勉強したくなり、3年後品質管理ベーシックコースを希望し学びました。現在まで技術開発・製造管理・品質管理・教育などをライン・スタッフとして担当しましたが、この時期に学んだ品質管理の考え方がバックボーンとなってくれています。
 積水化学では住宅、給排水・建築材料、電気電子材料、化学品、医薬・メディカル製品など多岐にわたる製品を生産しています。それらの性格が異なる製品や市場に、品質管理という一貫した視点を持ちかかわってきたことは、私にとって貴重な体験と思っています。
 また、学会やQCサークルなどを通じて多くの先生方・協会・各社の専門家の皆様と出会うことができました。企業内では得られない貴重な教示を得ることができたのも、品質管理という共通の世界の一員として活動させていただいたからだと感謝しています。
 私は社会人になってすぐTQCの熱気にふれました。今振り返ると、全体が枠を超えて協力し、日本の品質・産業の力を作り上げる熱気だったように思います。そして今また厳しい品質要求・グローバル競争の中で、全体としての力が重要になっているように感じます。微力ですがわずかでも貢献することができるよう努力して参りたいと思います。


このページの最上部へ2008年品質管理推進功労賞受賞に戻る

--------The Japanese Society for Quality Control--