JSQC 社団法人日本品質管理学会
HOMEENGLISH 入会案内 お知らせ 記録・報告 定期刊行物 論文・記事募集 関連情報 リンク コミュニケーション・メーリングリスト
授賞の記録
名誉会員一覧
ルポ・会員による活動報告
Copyright (c); 2001 JSQC

2007年品質管理推進功労賞受賞 葛谷 和義 氏

 


氏 名 葛谷 和義 Kuzuya Kazuyoshi
学歴、職歴
1944年   愛知県生まれ
1963年   愛知県立愛知工業高校機械科卒業
1973年   日本電装梶i現 潟fンソー)入社
電装品の生産技術業務を担当
2004年   潟fンソー 退職
現在   フリー講師(Office SQC)

 

◎主著・受賞
2002年   多変量解析シンポジウム「優秀事例賞」受章
2002年   日本SASユーザー会研究発表会「優秀論文賞」受賞
2004年   共著『実験計画法-活用編-』(日科技連出版社)
2005年   共著「おはなし統計的方法-早わかりと理解が深まる18話-」(日本規格協会)

 

「品質を作り込む」その証しは?

 1998年、某工場から「管理図を使いたいがどうすれば良いか?」と相談がありました。「品質第一」をスローガンにしている工場が「今さら、QC七つ道具も使えないか!」と思いつつも現場へ行って話しを聞きました。現場が作成していた管理図は、管理限界外が多発し「統計的管理状態」ではない。しかし、生産技術面での工程管理は確かに「管理状態」であり工程能力も十分満足していました。現場は「この状態を維持管理するために管理図を使いたいが、この管理図は“狼少年”で使えない 」と言うことでした。
  そこで、JIS Z 9021:1998「シューハート管理図」の(管理図を有効に機能させるために内在する工程変動と矛盾しないことが望ましい)標準値を与えた管理図を作成したところ、現場は「『品質を作り込む』その証し」として喜んで使ってくれました。管理図は「異常を検出する」だけの道具ではないことを実感した瞬間でした。
  私は幸いにも、現在も学会中部支部「若手研究会」のメンバーです。引き続き研究会にて主に統計的工程管理の実践研究に取り組む所存です。


このページの最上部へ2007年品質管理推進功労賞受賞に戻る

--------The Japanese Society for Quality Control--