JSQC 社団法人日本品質管理学会
HOMEENGLISH 入会案内 お知らせ 記録・報告 定期刊行物 論文・記事募集 関連情報 リンク コミュニケーション・メーリングリスト
授賞の記録
名誉会員一覧
ルポ・会員による活動報告
Copyright (c); 2001 JSQC

2005年品質管理推進功労賞受賞 入倉 則夫 氏

 


氏 名 入倉 則夫 IRIKURA NORIO
学歴、職歴、社会活動、著作等
1949年 香川県高松市生まれ
1972年 名古屋工業大学工学部経営工学科 卒業
1972年 日本電装株式会社(現 株式会社デンソー)入社。自動車用電装品の生産技術職として、自動化ラインの工程設計、国内外の工場建設および新ラインの立上げなどに従事
2000年 同社 経営企画部TQM推進室主幹、現在に至る
2001〜2004年 日本ものづくり・人づくり質革新機構の活動に従事
2005年 東京工業大学大学院社会理工学研究科修了。工学博士

◎著書・・・いずれも共著

  • 1986年 奥野忠一・入倉則夫ほか:
    「工業における多変量データの解析」,日科技連出版社
  • 2004年 猪原正守・入倉則夫ほか:
    「ビジネスプロセス革新の最前線」,日本規格協会

◎受賞

  • 1986年 日経品質管理文献賞
  • 2004年 日本品質管理学会 品質技術賞

品質そして生産技術者として
2005年度品質管理推進功労賞をいただき大変ありがとうございます。

私が「品質」を意識しましたのは入社間もない頃です。駆け出しの生産技術屋として、設備の工程能力調査や電装品の寿命解析のデータ取りが初仕事であったと記憶しています。その後、専用加工機の導入や自動化ラインの工程設計を進める中で、最適加工条件の設定や品質問題の解析に実験計画法や多変量解析法を活用する機会が増えました。その結果、「品質は工程で作りこむ」の実践は生産技術の開発と共にSQCの駆使が貢献大と実感したわけです。

ものづくりの実践の過程で、品質に造詣の深い国内外の多くの先輩、知己を得ましたが、とりわけ、多変量データの解析については、故奥野忠一先生(第12年度学会長、元東京大学教授)に多大なご教示をいただき、共著「工業における多変量データの解析」を上梓できましたことは私の財産の一つです。

さらに、「日本ものづくり・人づくり質革新機構」の活動を通じて、ものづくりの広い視野から新商品開発の研究テーマを与えてくださった橋朗氏(第32年度学会長、前(株)デンソー会長)と圓川隆夫東京工業大学教授に感謝する次第です。

これからも品質管理に情熱を持ち続けたいと思います。そして、今回の私の受賞が契機となって、生産技術者や材料技術者が品質に関心を持ち続けることを祈念いたしております。


このページの最上部へ2005年品質管理推進功労賞受賞に戻る

--------The Japanese Society for Quality Control--