JSQC 社団法人日本品質管理学会
HOMEENGLISH 入会案内 お知らせ 記録・報告 定期刊行物 論文・記事募集 関連情報 リンク コミュニケーション・メーリングリスト
授賞の記録
名誉会員一覧
ルポ・会員による活動報告
Copyright (c); 2001 JSQC

2002年品質管理推進功労賞受賞 勝田 守勇 氏

 


氏 名 勝田 守勇 KATSUTA MORIO
学歴、職歴、社会活動、著作等
1958年 島根大学 文理学部 理科 物理学科 卒業
1967年 新日本電気(株)入社
研究部、半導体事業部、TQC推進本部に従事
1996年 関西日本電気(株)定年退社
1996年以降 (財)日本規格協会 嘱託として、セミナー講師、品質マネジメントシステム審査員業務に参加

◎主な業績
1988年 関西日本電気(株)PM優秀事業場賞受賞時に事務局として従事
1991年 関西日本電気(株)デミング賞実施賞受賞時に事務局として従事
1992年 関西日本電気(株)PM優秀事業場特別賞受賞時に事務局として従事
1993年 (社)日本品質管理学会 関西支部幹事
1994年 (社)日本品質管理学会 評議員(〜1996年)

◎主な著書
1993年 品質月間テキストNo.239「TQCで体質改善」

私と品質管理
電子部品製造会社で、開発研究、製品技術、品質保証部門をそれぞれ約10年、その後TQC全社推進事務局を経験した関係で、退職後ISO9000審査員として嘗ての経験を生かしお手伝いさせて貰っている。

MITのDon Clausing教授が、"TQC"から"TQD(Total Quality Development)"へと提唱されていたのは、1992年4月MITでの第1回TQMシンポジウムでのことで、すでに10年経った。当時は、"ジャパン アズ No.1"の余韻に浸り、そのプロセスと成果を世界に向けて発信していた時代でもあったが、その後一転してバブルの崩壊と共に自信喪失し、未だその出口が見いだせないでいるこの頃である。

日本が得意としていた、大量生産製品の製造は、他国へ方法論と共に移行し、嘗ての活気のある現場は、海外での製造現場でしか見られなくなっている。

最近の新聞記事(日経新聞:平成15年1月10日)によると、国際機関による若者の意識調査で"人生における最も大切な目標"は、日本は「人生を楽しく生きる」が6割強で、アメリカは4%、一方アメリカの若者の4割が「高い社会的地位や名誉を得る」で日本は1%とかで、日本の将来を担う若者の仕事への意気込みや挑戦心が弱まっていることが、継続的な努力と忍耐心を要する製造業への従事を遠ざけていることは否めないとあった。

資源がなく、ものつくりを軸とした貿易立国として生きるしかない日本で、"HOW"から"WHAT"へと未知の世界に向けての知恵の創出に、嘗ての踏ん張りを期待したい。

この願いを込めて、ISO9001を踏まえて品質マネジメントシステムをステップアップしていくことを、審査を通してはたらきかけていきたい。


このページの最上部へ2002年品質管理推進功労賞受賞に戻る

--------The Japanese Society for Quality Control--